マラソン2

なぜシドニーにいるの?

こんにちは、シドニーのしょうこです。 今回のテーマは「なぜシドニーいるのか」というデープなお話。   理由を一言で表すと、「英語環境でのオフィスワークの経験を得るため」です。     まず、シドニーまでの経緯を簡単に^^

opera house

TFNとRSAの取得☆

こんにちは、シドニーのしょうこです! こちらは季節の変わり目が過ぎて、少し肌寒くなりました。。   さて、今回は筆者がシドニーで働くにあたって取得した、下記2つのライセンスについて紹介したいと思います。^^ ・TFN (Tax File Number) ・RSA (Responsible Service of Alcohol)

1385404_516095715851_1579836441_n

台湾生活を経て、これから私がめざすこと

大家好〜!!ダージャーハオ~! Reikoです!   海外生活を経て日本に戻ったからこそ、海外で見たもの触れたものなど経験を通してできることって沢山あると思います。 私は台湾留学を経て現地就職、もっと台湾で生活したい!という気持ちも正直ありますが、          

IMG_1138

多国籍都市☆シドニーの課題

こんにちは! シドニーのしょうこです。   今回のテーマは「私が思うこの街の課題」。   私がここで生活して度々感じるのが、この街は本当に多国籍だな、ということです。   道ですれ違う人々、レストラン、カフェ、スーパーのお客さん、店員さん、職場や学校の友達。様々な人種の人がいて、普段生活している中で誰が純粋なオージー(オーストラリア人)なのか判断するのが難しいくらいです。

IMG_0848

海外に出る価値とは。バンクーバーで考えてみたこと

Hello:) カナダ バンクーバーからHitomiです。   今回は今後の目標についてお話ししたいと思います。海外に出る前と後とではやっぱり価値観も考え方も大きく変わりました。   まず今後やりたいことを漠然と言うならば、世界中を回ることですね。カナダに来る前は私の友達の99%が日本人でしたが、今では私の友達の約4割は日本人ではなく、他の国の人です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2つの顔を持つケニア。そこから見える課題とは!?

ハムジャンボ! (そろそろ定着してきたはず!)   こんにちは、ケニア担当の凡です。 さて第5回目の今回は著者が考えるケニアの課題をお届けします。   突然ですが、ここで1つ質問があります。 「ケニア」っと聞いた時、皆様はどんなイメージを思い描きますか?

IMG_1581

温かい家族との出会い。

Hello:) カナダ バンクーバーよりHitomiです。   今回は「なぜ私が留学を決意したか」そして「なぜカナダのバンクーバーを選んだのか」をお話ししたいと思います。   まず、なぜ留学を決意したか。  

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕がなぜケニアを目指したのか、その平凡すぎる理由とは。

ハムジャンボ! (スワヒリ語で「こんにちは」そろそろ覚えてくれるはず!)   こんにちは、ケニア担当の凡です。 第3回目の今回は著者がなぜケニアで暮らし始めたのかその経緯について書いていきます。   理由は本当に単純です。   ケニアに縁があったから!   以上です(笑) いや、本当にそれだけなんです。 ケニアに強い思い入れがあった訳ではありません。 けどその縁に巡り合うまでには、いくつかの物語がありました。

4-2

崇高な志なんかない!?ケニアと日本でやりたいと思った面白いこと。

ハムジャンボ! (きっと読者の皆様が心の中でジャンボ!っと返事してくれているはず!)   こんにちは、ケニア担当の凡です。 さて第4回目は、著者の今後のビジョンについてお話ししたいと思います。 ケニアで2年3ヶ月暮らした結果、著者の心は変化したのでしょうか!?   著者は大学時代から開発途上国と関わってきました。 そんな著者が持っていたビジョンは、   貧困問題をビジネスによって解決する!   この志はケニア生活を送った後でもブレることはありませんでした。   しかし、悲しいかな著者はあまり難しいことを考えることが得意ではありません(笑)

IMG_0400

カナダの日没10時って得でしょ!?

Hello:) カナダ バンクーバーよりHitomiです。 こっちはだいぶ夏が近づいてきて、日中は20℃ちょっとまで上がる快晴が多くなり、日没はどんどん遅くなって夜9時頃になりました。(7,8月は日没が夜9時半から10時にかけて)   さて、前回は仕事について紹介したので、今回は日常生活についてお話したいと思います。 こっちでの休日の過ごし方と言ったら、まずは「自然」と「天気」を最大限に楽しむ事!!バンクーバーが住みやすい都市と言われる理由の一つが、この自然と天気だと筆者は思っております。