スオスダイ!まっさんです。

 

カンボジアではこの前ひったくりが発生しました。

カンボジアに限らずほかの国への旅行のさい、そして日本でもお気をつけください。

ところでカンボジアでは海外就職者が急増していますが、どの業界の募集が多いと思いますか?

SPONSORED LINK

主観ですが、カンボジアで日本人求人が多い業界を2つ紹介しましょう。

1. 旅行業界

カンボジアのシェムリアップは観光都市です。

世界遺産のアンコールワットがあるからです。アンコールワットがあるからこそ、シェムリアップの今日の発展があるといっても過言ではありません。

小さなシェムリアップの街には観光客が大勢訪れ、日本人は観光客の中でも多くをしめています。

そのため日本人経営のホテルやゲストハウス、旅行会社が多くあります。最近はプノンペンにビジネス視察目的で訪れたり、シェムリアップや他の都市にボランティア活動で訪れる日本人も多いので、ニーズが多様で、旅行業界でも求められる人材のニーズが異なってきます。

 

2.飲食業界

カンボジア首都、プノンペンは急速な発展を遂げています。

高層ビルが並び、高級住宅街が増えています。

日本人在住者が急増しており、2000人以上が在住しているといわれています。

彼らは旅行会社、web関係、不動産など業界がさまざまですが、日本人の急増に伴い増えているのが日本食店です。

傾向として多いのがすし、焼肉、ラーメンです。

IMG_2688

写真はシェムリアップのラーメンバーYokohamaの新メニュー、油そばです。

ラーメンは非常に多く、ラーメン激戦区となっています。

すしや焼肉は接待や家族でのお食事の利用が考えられます。

 

ここで挙げた以外にもプノンペンの経済発展、地価の急騰に伴う不動産業界、日本人や在住外国人向けにも需要が増えるであろう保育・教育業界の求人も目立ちます。

いずれも休みや勤務時間が不規則な業界ですので、就職の際には求人票にしっかり目を通しましょう。

The following two tabs change content below.
Hideaki Matsumoto
海外旅しながらフリーライターや雑貨の仕入れ、旅の相談案内などやってます。カンボジア、タイ、日本の3箇所が拠点。今の現在地はカンボジア、シェムリアップです。ベトナム現地旅行会社勤務→カンボジアへ異動→クビになる→フリー、ブロガー。旅行、東南アジアの質問、仕事依頼お気軽に!