大家好〜!
Reikoです。

今回は台湾の節句をご紹介!

台湾には代表する3つの節句があります。

SPONSORED LINK

その1  春節
チャイニーズニューイヤー!

 

その2  端午節
古代中国の詩人・屈原の日

 

その3  中秋節
秋の収穫を土地の神様やご先祖様に感謝します

 

この3つの節句は台湾人にはなくてはならない大切な節句なのです。

 

 

先週6月18日は台湾三大節句の1つ、端午節でした!

 

端午節ってなにをするの?

 

粽子(チマキ)を食べます!

筆者は小さい時から何故かチマキが大好きだったので、台湾でこの節句を知って感動しました。笑

 

この端午節しかやっていないお店(チマキ屋さん)もあるのです。

友人と有名なチマキ屋さんにお昼を食べに行きました〜。

IMG_4125

まだ午前中なのに、お店の曲がり角まですごい行列。

 

IMG_4126

やっと順番がきました♪  入り口でオーダーします!

IMG_4127

IMG_4137

 

お皿に入れてくれます。ちまきと、魚すりみ団子スープ♬

IMG_4132IMG_4133

台湾の人はこのチマキにピーナッツパウダーをたっぷりかけて食べます。

IMG_4134

ちょっと噎せそう。。

 

おうちでチマキを作る家庭もあります!ご近所さん、玄関先にずら〜り。

IMG_4115 IMG_4115

すごい!

 

 

チマキを食べる他には、、
ドラゴンボートレースを観戦!
なが〜いボートを10人前後で漕いで、速さを競います。

201206231852505657_600w-2

迫力があってすごいんです!
出場者は各大学のチームや会社、ご近所さんでのチームなどなど。

 

どうしてチマキとドラゴンボート?

それは端午節の由来となる人物にわけがあります。
実は端午節、中国歴史上で第一の詩人として有名な屈原という人物の命日なのです。

 

詩人 屈原は王に楚から追放されてしまいます。その後悲しさのあまり、屈原は泪羅江(きべら河)に身を投じて自殺してしまいました。これを知った屈原を敬愛していた楚の人々は、河に駆け集まり舟を出して屈原の身体を探しまわります。探す際、敬愛する屈原の身体が魚に食べられてしまわないように粽子(チマキ)を魚のために河へ投げ入れたそうです。

 

その屈原が河に身を投じた旧暦の日が、端午節となりました。
「魚のために河へ投げたチマキ」はそのまま端午節に詩人 屈原を讃え、味わうものに。また、「楚の人々が、舟を出して屈原の身体を探しまわった」ことはドラゴンボートレースとなって現代の端午節に行われているそうです。

 

日本でチマキを食べる機会がありましたら、ちょっとだけ思い出してみてください♬

 

ではではまた次回!

 

(Reiko/清水玲子)

The following two tabs change content below.
Reiko Shimizu

Reiko Shimizu

台湾 台北市在住。2013年に台湾へ渡り、私立淡江大学 語学学校で中国語を習得。現在は現地採用を経て台北市内の料理教室にて前職を活かし、パンのせんせい。まいにち美味しい台湾料理と焼きたてパンに挟まれて幸せ台湾ライフ〜。