こんにちは!セブからTakuです。海外就職に欠かせないスキルの1つ「英語」!今回から海外転職の情報発信と平行して、海外で働くための英語学習について筆者の実戦経験も交えてご紹介していきたいと思います。初回となる今日は「現在の自分を理解する」ということの大切さ、自分を客観的にテストする方法についてご紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

海外就職する上で、勤務上使う英語はもはや空気と表現しても良いぐらい、「できて当たり前」のレベルのスキルです。そんなこと言われると海外就職したいという意欲や勇気がなくなる。そんな方ももちろんいらっしゃると思います。でも英語ができなければ仕事ができない、生活がまままらないのは事実です。

 

だからこそ日本でしっかりとできることを積み重ねなければいけません。そのために決して高額なお金が必要なわけではないのです。学習の方法については別記事で書いていくとして、今回は英語スキルにおいて「現在の自分を理解する」こと、その方法について解説していきます。

 

英語学習は、現時点での自分のスキルを知ることからはじめよう!

 

WWJの読者の方は若くして海外で挑戦してみよう!と考えている方々であると思っています。その上で、就職を意識するのは学生生活の終わり頃、もう勉強という段階から知識の活用という段階へ、今まさに入っていこうとしている方々ではないでしょうか。もちろん新卒で企業に就職し、20代で海外への転職を目指す筆者のような方であっても日々の業務は勉強ではなく実践の場、ビジネスの場であって、副産物として仕事をしながら学べることがあっても勉強を日々の中心に置いているということではありません。

 

そんな中で、「英語を勉強しよう!」と思っている方、筆者としては本当に応援したいと思っています。面倒だったり、時間を工面するのが大変だったりするかもしれませんが、語学は財産であり若いころに習得しておけば人生の中で使える期間が長くなりますよ!

 

英語学習を自分で始めるにあたって、まず必要なのは現時点でのスキルを知ることです。その上で足りないものを理解し、不足しているものを補ったり強化していくことで総合的な力が高まっていく、というのが筆者の考え方です。そして自分の現時点の英語スキルを知るのに一番手っ取り早いのは「英語の環境に身をおいてみる」ことだと考えます。強制的に英語を使わなければいけない場に身をおいてみて、どのぐらい自分ができるのか測ってみるのです。

 

その方法を具体的に次からご紹介していきます。

f:id:overseasworking20s:20150425225646j:plain

海外でできるたくさんの友達は一生の財産ですよ!

 

英語環境は作れる・転がっている!4技能をテストする方法

 

「英語の環境に身をおいてみる」と言っても、今までそんなことを考えたこともない!という方にとっては方法すらわからないこともあると思います。筆者が自分の英語能力に絶望して、学び始めることに決めた時に行った「英語の環境に自分を置き、テストをした方法」を4技能に分けてご紹介します。それぞれに記事を書きましたので、これらの方法を実践してみてください。全て終わらせるまでに3週間でOK。これらを行ってから自分の長所・短所を理解して、それを増強していく戦略を立てていきましょう。

 

【話す】【聞く】【読む】【書く】のそれぞれについて、自分の現時点の能力をテストする方法については、それぞれ記事を書いてみたので、まずはこれをやってみてください!

 

 

これらの方法は1つの案ではありますが、お金をできるだけかけずに、
楽に、簡単に出来る方法だと思いますよ!

 

自分の英語の能力が理解できれば、

「自分は話すことにまだオドオドしてしまうから、話すことに時間を使おう」

「書くことに単語が不足しているので単語を覚えることから始めよう」

「話せて文も書けるのに聞き取るのに時間が掛かる。話すことは得意だから話す時間をもっと長くして実践的に聞く練習もしていこう」

 

このような戦略を立てることができ、自分にとってより良いスキルの増強法につながっていきます。また、特に筆者は英語の4技能の中でも特に「話す」ことがスキル習得に最も重要だと考えています。話すことから始める英語学習についても個人ブログの別記事でまとめていますので、以下で合わせてご覧ください。

 

www.overseasworking20s.work

 

海外就職をするにあたって必ず必要になる英語。この壁を突破するために、あまりにも苦しんでしまうと海外就職すら諦めてしまうことになりかねません。楽しみながら、効率的に英語を身につけていくことで海外への道は開けていくと思いますよ!

 

転載元:(筆者個人ブログ)「20代の海外就職論!」

 

(Taku)

The following two tabs change content below.
Takuto Kurata

Takuto Kurata

Manila Branch Manager at PTN Travel Corp,
W.W.J PROJECTを考えた人。2010年、フィリピン・セブで国際協力活動を行う「NGO FEST」を設立。現在は日本3支部体制に広がる。2012年には国際協力のプラットフォーム「UYIC」を設立。2013年8月よりフィリピンの旅行会社に転職しセブ島へ移住、その後マニラ支店設立・同士店長、現在は社会貢献事業を民間で行うためイスタンブールに移住。個人でブログ「20代の海外就職論!」を執筆中。