Hello! シドニーのしょうこです。

 

各国の皆さんは普段どんなところで食材を買っていますか?

どんな食材が手に入りますか?

買い方は日本と違いますか??

 

さて、今回は現地の生活でマストな「スーパーマーケット事情」についてレポートします♪

 

オーストラリアで有名なスーパーといえば、こちらの2大スーパー!

SPONSORED LINK

Woolworths(ウールワース)Coles(コールズ)です!

woolworth coles

ウールワースは、オーストラリアとニュージーランドで最大規模の小売業者です。

そしてコールズが、国内2番目に大きい小売業者コールズグループの運営するスーパーマーケットになります。

 

ほとんどの人がこの2大スーパーにお世話になるかと思います。

というのはシティにはほぼこれしか大きなスーパーがない…

加えてそこらじゅうにある…

 

地図で見てみるとこんなにありました!

ウールワース

woolworth map

コールズ

coles map

家から近いので、筆者が通っているのはコールズです☆

コールズには独自のコールズブランド商品がたくさん並んでいるのですが、

そんな中で筆者がよく買うおすすめトップ3を紹介します^^

 

No.3 食パン!

どの食材もだいたい日本の1.5倍以上はするのですが、これは安定の安さ!

これだけ入って85セント。朝食、サンドウィッチ用に活躍します。絶対食べきれないから毎回冷凍行きです。

top3. top3

 

 

No.2 ホールチキン

ででんっ!!

top2. top2

お友達とホームパーティするときにいいと思います。

楽ちんでなんとなく豪華に見えます。中に濃い味がついたご飯?のようなものが入っています。丸ごとオーブンに入れてできあがりです〜^o^

お肉類は量が多ければ日本より安いかもしれないです。

 

 

No.1 アボカドディップ

top1 top1.

これは日本にもほし〜って思いました!クリームチーズが混ざっていて、パンやサラダ、魚フライなどによく合います♪こちらにはディップソースの商品の種類が日本より多くあると思います。

毎日セール商品があるので、その日に安いものをチェックして賢く買い物するのがいいと思います。

 

 

 

他に日本との違いといえば、会計の仕方です。

たくさん商品を購入する際は店員さんのいるレジも使えますが、ほとんどの人がセルフでレジを使い会計します。

checkout

慣れるまではちょっと時間がかかるかもしれません。

バーコードがある商品はスキャンして袋に詰めていくだけでいいのですが、バーコードがないもの(野菜や果物等)は、タッチパネルで名前を検索して重さを計らなければなりません。基本的にバラ売りです。

写真は表示されますが、似たような形の野菜がありますし、スペルが分からなかったりすると焦ります…

この野菜知らないけど食べてみよう!なんて思ってレジへ行くと、そもそも名前が分からない!!とちょっとテンパります。笑

 

でも慣れてくるとセルフの方が早いですよ☆

回転が速いですからね^^

 

 

 

海外のスーパーって珍しい商品がいっぱいで見ているだけでも楽しいですよね。

多国籍都市シドニーですから、世界中の商品が置いてあります。

2大スーパー以外だと、規模は小さいですが、アジアスーパーや韓国スーパー、タイスーパーなどがちらほらあり、ときどき行きますよ^^

もちろん日本の食材も何でも手に入ります。だから日本食が恋しいみたいなことはないですね。。恋しいのは、大衆居酒屋の雰囲気かな。笑

 

 

では、今回はこの辺で。

See you next week☆

The following two tabs change content below.
Shoko

Shoko

Accommodation Coordinator at AAE
Hi!:) オーストラリア、シドニー在住のShokoです。セブ島で5ヶ月間英語の語学留学をしたのち、シドニーでアコモデーションのコーディネーターとして働いています。英語も引き続き日々勉強中です!