Hello:)

 

カナダ バンクーバーよりHitomiです。

 

今回のテーマはズバリ英語。

 

海外で働くには避けて通れない道ですね。英語に関しては話したい事は本当にたくさんあります。日本の英語教育についてや、現地で英語が上達する人しない人、なぜ日本人は世界から英語が話せないと言われてしまうのか などなど。日本を出たからこそ気づいた日本人の英語事情をここでお話したいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

まず、海外で働くと言っても大きく分けて2パターンあると思います。

 

日本で勤めている会社での海外転勤。この場合は英語ができるできないに関わらず海外へ出ないといけない状態で英語も話さざるを得ない状態。(起業もどちらかというとこっち?)

 

語学留学・ワーキングホリデー。こちらは海外へ出る出ないは自分の意志、つまり現地で英語を話す話さないも自分の意志になってしまう。

 

 

筆者は後者に当てはまります。なので今回は筆者自身の経験に基づいて、英語を話す事と海外で働く事について話して行きたいと思います。

 

 

まず正直に言うと、英語が話せなくてもカナダで生活できます。それは会話なしで物が買えてしまう事や、街が日本人や日本語で溢れかえってしまっている事から言えます。携帯電話のレンタル・購入、新居探し、仕事探しなどなど、日本人の仲介業者がたくさんいるので自分が英語を話さなくても生活ができてしまうのです。また日本語環境の職場もたくさんあり、英語を避けようと思えば簡単に避ける事ができてしまうのです。でもそれでは英語が話せるとは言えないし、せっかく日本を離れた意味もありません。

 

ワーホリで海外に出る20代のほとんどは、英語が話せるようになる事を期待しているはずです。海外で働く事が楽しみなはずです。でも結局最初にぶつかる大きな壁を越えられず、思った通りにいかなかったという事も少なくないのです。

 

 

 

■語学学校

おそらく最初はみんな語学学校に最低でも数ヶ月は通う事になると思います。そしてそこで必ず日本人に遭遇します。筆者の経験から言うと、語学学校では日本人を毛嫌いするくらいがちょうどいい(笑) 。日本人とつるむくらいなら一匹狼になる覚悟でいた方が絶対英語が伸びます。というのも、入学したてで友達もいない、英語にも慣れていない、そんな状況で日本人と友達になるのはとても心強いし安心します。ただそれが仇となり、語学学校でしか他の国の人と話さない、学校が終わったら日本人と遊びに行く…こういう結果になるのがほとんどです。また、アジアはアジア同士、南米は南米同士、ヨーロッパはヨーロッパ同士で仲良くなりやすいのも現状です。それは言葉も文化も外見も似ているから。おそらく人間の本能的に似ている群れの中に入って行くのだと思います。

つまり日本人は韓国人と仲良くなるのはとても簡単で、彼らの英語も私達日本人にとっては聞き取りやすく、一方南米やヨーロッパの人達は全く違う英語のアクセントを持っているので、慣れるまで聞き取るのがかなり難しかったのを覚えています。また彼らも同様に私達が言っている事が聞き取れないのです。最初はもどかしさから落ち込んだりストレスが溜まったりします。でもそこから逃げて諦めるのは絶対にNG. 進んでコミュニケーションをとってかないと、どんどん英語力を伸ばすチャンスを逃してしまいます。

 

 

また典型的な日本人の特徴は

・おとなしい / シャイ

・自分の意見をあまり言わない

・わからなくてもなんとなくわかるフリをしてしまう

・授業の受け方も受け身(これは日本の教育にも問題がある)

 

まず語学学校にいるうちにこれを直すのが、今後の英語上達の近道だと思います。(中には元からこの特徴に当てはまらない人ももちろんいますが、だいたいは該当します。)

 

 

もちろん筆者も語学学校で日本人の友達はできました。でも少なくとも彼らは自分よりはるかに英語が流暢で、日本人同士でも普段から英語で話しかけてきたり、メールもすべて英語で送ってくる意識の高い人達でした。せっかく語学学校に高いお金を払うのだから、そこでの時間はすべて有意義に、自分の為になるように使いましょう。

 

 

それから筆者が語学学校に入ってまず思ったこと、それは

 

「こいつらどんだけしゃべるんだ…」

 

他の生徒も英語を学んでいる身であって流暢な英語は話せません。にもかかわらず、とにかく知ってる単語を並べてでも自分の思っている事を相手に伝えようとします。はじめはその勢いに圧倒されました。相手が自分の意見を言った後、あるいは先生からなにか議題を出された後、「What do you think? (どう思う?)」とよく聞かれましたが、筆者は最初何も答える事ができませんでした。まず自分の意見が日本語ですら浮かばない、浮かんでもそれを英語に直して言おうとするとつまずく、そして結局出る言葉は「I don’t know. (わかんない)」

 

I don’t know.はすべてが一瞬で片付く魔法の言葉ですが、意見を求められた時には使うべきではありません。こっちも絵を描いてジェスチャーして単語を並べて一生懸命意思表示しましょう。

 

 

■日本の教育システム

もちろん個人の性格も関係しているとは思いますが、日本人があまり発言しない理由のひとつとして、日本の教育システムの問題が関与している事に気づきました。私達は小学校の頃から先生に言われた事をやる”受け身”の授業を受けてきました。また発言の場を設けられても、間違ってたら恥ずかしい、馬鹿にされるかも、みんなが同意してくれなかったらどうしよう こんな感情が頭の中で渦巻き、なかなか思っている事を言えなかったりします。それでも小学生はまだ自由に発言をする割合が多いですが、それこそ高校や大学に入る頃にはもう「周りに合わせる・空気を読む」風潮が確立されています。これでは英語上達のステップを台無しにしてしまいます。

 

わからないものはわからない。だからわかるまで質問する。

間違える事は恥ずかしい事でもなんでもない。間違えるほど記憶に残り次に活かせる。

誰1人として同じ人はいない。だから意見が違って当たり前。

 

この意識があれば、英語を口に出す機会が格段に増え英語の上達にも繋がります。

 

長々と語ってしまいましたが、要するに何が言いたいかというと

 

恥ずかしがらず積極的になれ。

 

ということです。笑

 

 

 

■海外で働く

さて語学学校も卒業しいよいよ働くとなったら今度は職場選び。(カナダでの就活方法はまた別の機会にお話します) 個人的な意見としては、本当に英語力を伸ばしたいなら、ネイティブスピーカーの群れに自ら飛び込んで行くのが一番。(特に会話力・リスニング・語彙を伸ばしたい人)

 

もちろん相当苦労します。しばらくは。 筆者も本当に本当に本当に大変でした。でも振り返ってみると、働く中で得た英語は語学学校で得た英語より何十倍も実用性があり、リスニングも会話のスムーズさも格段に上がったと思います。周りを見ても、ネイティブに囲まれて洋服屋で働いていた友人やカフェで働いていた友人の英語力は全然違います。そもそも使う言葉が語学学校では習わないような表現(いわゆるスラング・イディオム)ばかりで、まるで全く新しい言語に触れたかのような感覚です。でもそれこそがネイティブスピーカーの間で使われている生の英語なのです。

職場でもわからないことは何度も聞き返し、時間があるときはとにかく世間話。英語を話す機会を少しでも多く作って常に吸収していく貪欲さがとても大事です。

 

もちろんつらいこともあります。お客さんに「もうちょっとまともに英語話せる人いないの?」と言われたり、電話口で「悪いけどあなたの言ってること全然聞き取れない」と言われたり…。それで落ち込んだ時もありましたが、その時はいつも同僚がサポートしてくれました。

 

「日本食レストランで働いても英語を話す機会はあるし問題ない」という人ももちろんいますが、筆者個人の意見としては、お客さんとの会話だけ英語で従業員同士は日本語お客さんとも従業員ともすべて英語とでは英語を使う時間が格段に違ってくるのではないかと思っています。

 

 

■勉強の代わりに

筆者は勉強が嫌いです。語学学校時代も、最低限の宿題とテスト対策しかしていませんでした。その代わりに時間がある時は洋画や海外ドラマを観たり、洋楽を聴いたり、英語訳のONEPIECEを読んだりしていました。

 

何か1つお気に入りの洋画を英語音声・英語字幕で何度も観て、最終的には英語字幕もなしで観る。そしてたまに台詞を真似して言ってみる。これが意外と効果のある勉強法だったりします。

 

海外ドラマを観る時も英語音声・英語字幕。最初はわからない単語が多すぎて難しいですが、よくよく観ていると同じ単語やフレーズが何度も出てくることに気づきます。それをちょっとメモっておいたり、一旦停止してその場で意味を調べたり…。わからない単語を毎回毎回調べているとストーリーが全く進まず、そのうちイラだって飽きます(経験済み)。なのでなんとなーく流して観ていて「あれ、この単語(フレーズ)さっきも出てきたな。」って気になったものだけ調べて行けば飽きずに楽しく英語が身に付いて行きます。ちなみに筆者は、調べてもわからなかったフレーズは同僚に聞いて教えてもらっていました。

 

 

語学学校の先生に言われた一言。

「英語の海に飛び込んで溺れろ」

最初は溺れるけど努力すれば泳ぎ方を覚えます。

これは間違いではなく、

たくさん英語に触れた人ほど、たくさん英語が身に付きます。

 

 

ワーホリを考えている人、高いお金と限られた時間を無駄にしない為に、ぜひこれを参考にしてみて下さい^^

 

 

Hitomi

The following two tabs change content below.
Hitomi

Hitomi

カナダのバンクーバー在住Hitomiです。日本から出て生活してみたいという一心で2014年に社会人を辞めバンクーバーへ。語学勉強そして就職。日本での経験と知識が評価され現在は動物看護師兼トリマーとして動物病院に勤務。視野も広がり価値観や考え方も日々進化中!体重も増加中!!