こんにちは。Aniwo 寺田です。今回は、これまでイスラエル-日本間で乗った航空会社を独断と偏見で評価してご紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

Air

まず前提としてイスラエル-日本間のフライトについて。
2015年にようやく直行便就航枠が決定したが、現状では直行便は飛んでいないため、必ずトランジットが入る。経由地として一般的なのは、韓国、トルコ、ロシア等で飛行時間はおよそ13時間程度。

以上を踏まえて、以下の5つの指標でこれまで利用した航空会社をスコアリングする。

1. アクセスの良さ (トランジット&到着時刻の正確性)

2. サービスレベル (受付&機内)

3. 食事

4. 価格

5. 到着時の快適さ (バゲッジ&経由・到着地の空港設備)

Airport

今回比較するのは、以下の5社。

◆アエロフロート航空 (ロシア)

◆トルコ航空

◆ウズベキスタン航空

◆エールフランス航空

◆アリタリア航空 (イタリア)

 

◆アエロフロート航空 (ロシア)

1. アクセスの良さ (トランジット&到着時刻の正確性) ★★★☆☆

2. サービスレベル (受付&機内) ★★☆☆☆

3. 食事 ★☆☆☆☆

4. 価格 ★★★★☆

5. 到着時の快適さ (バゲッジ&経由・到着地の空港設備) ★★★☆☆

総合得点 ★★☆☆☆

まず、アクセスについてはモスクワ経由でイスラエル入りするため良くはない。私が利用した際はトランジットも長く、17時間を要した。片道のみの利用で価格は約6万5千円。食事は美味しいものではなかった。サービスレベルも低く、受付時にスーツケースの重量超過で1万円以上を支払った。唯一良かったのは、経由地のモスクワのラウンジが快適だったこと。

 

◆トルコ航空

1. アクセスの良さ (トランジット&到着時刻の正確性) ★★★☆☆

2. サービスレベル (受付&機内) ★★★☆☆

3. 食事 ★★★★☆

4. 価格 ★★★☆☆

5. 到着時の快適さ (バゲッジ&経由・到着地の空港設備) ★★★★☆

総合得点 ★★★★☆

イスタンブール経由のため時間は少しロス。サービスレベルはそこそこ。アメニティが充実している。食事は一番美味しい。パンも温かい物が出てくる。流石世界3大料理の一つトルコ。価格は往復10数万円。イスタンブールのラウンジは快適。

 

◆ウズベキスタン航空

1. アクセスの良さ (トランジット&到着時刻の正確性) ★★★★★

2. サービスレベル (受付&機内) ★★★☆☆

3. 食事 ★★☆☆☆

4. 価格 ★★★★★

5. 到着時の快適さ (バゲッジ&経由・到着地の空港設備) ★★☆☆☆

総合得点 ★★★★☆

ウズベキスタンのタシュケントを経由。無駄のないルートでトランジットも短い。合計14時間程度で到着。サービスレベルは高くない。ドリンクは冷えておらず、食事も美味しいとは言えない。ただ、価格が往復11万円程度と格安なので許容。荷物の重量オーバーにも柔軟に対応してくれた点は良かった。また、東京-タシュケント間では非常に空席が多く、エコノミーでもフルフラットを実現できる(両隣が空席のため)。また、便数も多くないためタイミングが合えば利用できるという感じになる。コストパフォーマンスを考慮して総合得点は高めに。

 

◆エールフランス航空

1. アクセスの良さ (トランジット&到着時刻の正確性) ★☆☆☆☆

2. サービスレベル (受付&機内) ★★★☆☆

3. 食事 ★★☆☆☆

4. 価格 ★★★★☆

5. 到着時の快適さ (バゲッジ&経由・到着地の空港設備) ★★★☆☆

総合得点 ★★☆☆☆

トランジットでパリ滞在のために利用。トランジットを含めて片道30時間。方向的にも逆に行くためアクセスは悪い。サービスレベルは普通。食事も普通だがメニューが渡されて食事の詳細が分かるのは良かった。価格は時間が掛かるため安く、片道6万円程度。空港から市内へのアクセスが微妙。

 

◆アリタリア航空

1. アクセスの良さ (トランジット&到着時刻の正確性) ★☆☆☆☆

2. サービスレベル (受付&機内) ★★☆☆☆

3. 食事 ★★☆☆☆

4. 価格 ★★★★☆

5. 到着時の快適さ (バゲッジ&経由・到着地の空港設備) ★★★☆☆

総合得点 ★★☆☆☆

ローマ経由でこちらもトランジット含み30時間の長時間移動。サービスは適当。食事はイタリアなので期待していたが平均以下。価格は片道6万円程度。発着もやや遅れた。

 

以上、個人的な意見として、それなりのサービスレベルを求めるのであればトルコ航空、スケジュールが柔軟に調整可能で安さと早さを追求するのであればウズベキスタン航空をオススメする。

The following two tabs change content below.
Ani Terada
Aniwo Founder and CEO 「世界をひっくり返して人々を笑顔にする」 というMissionを掲げ、Samurai Incubateサポートのもとイスラエルで事業を開始(2014-)。informationギャップを解消し次々にイノベーションを生み出すべくオンラインプラットフォームMillion Times(www.mi11iontimes.com)の運営を行う。