Hello:)

カナダ バンクーバーよりHitomiです。

「好きです」とか「付き合ってください」みたいな告白をして交際がスタートするのって、実はアジアの文化だって知ってました?筆者はカナダでしばらく生活して世界中の人と恋愛の話をするまで全く知りませんでした!地域によって結構恋愛プロセスに違いがあるんです。

 

SPONSORED LINK

 

PAK86_naninanisore20140321-thumb-815xauto-17091

 

筆者の知る限り、付き合う前に男女どちらかが告白して相手がOKし正式に交際がスタートするのは、日本・韓国・台湾・タイ・インドの人々でした。(その他のアジア圏にはまだ友達がいないので未確認ですが)

もちろんどの国も100%そうとは限りません。日本でも告白みたいものがなく気が付いたらなんとなく付き合っていたなんてこともありますよね?それはどこも一緒です。ただ一般的にはまだ告白の文化がしっかりと残っているのがアジアの恋愛ケースです。

一方北米では、数回デートして、電話をするようになって、そしたらもうすでに付き合っている状態。そのうち彼の方から「今度俺の友達と飲むんだけど一緒に来なよ。俺の彼女って紹介していいよね?」みたいなことを言われたりもします。会話の流れで「だってもううちら付き合ってるでしょ?」みたいな風になって、その時初めて「あ、やっぱり付き合ってるんだ」ってなったり。

だから、1回目のデートでもし「あ、この人とは付き合いたくないな」って思ったなら、2回目はありません(笑)何回かデートしてみて「あ、やっぱりこの人とは友達でいたいな」て思ったなら早めに「私達は友達の関係でそれ以上はない」という意思表示をします。特にアジアの人が北米の人とデートする場合はそもそもの感覚が違うので尚更です!

さもないと、気が付いたら一方は付き合ってると思っててもう一方はそういう認識じゃなかった!みたいな結果にもなりかねません(笑)

「え、私達付き合ってるの!?だって告白してないしされてないし・・・」

みたいな。

(※筆者の経験談ではありません笑)

それからもし彼氏or彼女がいるのなら早めにそれを伝えとくべきです。そうする事で相手も猛烈なアプローチをして来なくなります。(もし乗り換えたいのなら話は別ですが)

こっちでは自分の恋人の話をするのも恋人の有無を公開するのも日本と比べてとってもオープンです。日本では「彼氏(彼女)いるの?」と聞かれて、なんとなく曖昧に答えたり秘密にしたりすることもありますが、欧米人にはとても不思議がられます。

2

そして面白いのはヨーロッパと南米の恋愛プロセス。

付き合う前に体の関係を持って、その体の相性も含めて恋人にするかしないか判断するのが普通だそうです。そしてもちろん告白するという文化もありません。

恋人がいても他の人と体の関係を持つのもいたって普通のこと。(日本でもそう・・・?かもしれないけど少なくとも日本人には罪悪感というものがある気がする)

じゃあ国際結婚・異国カップルはどうなるんだ!という話にもなりますが、わかりません(笑)

あくまで筆者が世界中の人々と知り合って話していくうちに知った事なので、もちろん個人差はあります。

でも、

欧米:「なんでわざわざ “付き合ってください” なんて頼むの?」

アジア:「告白なしでどうやってカップルが成立するの?」

なんて議論を繰り広げるのは本当に楽しいですよ!

世界の異なる恋愛プロセスについてお話ししましたが、世界に共通して言える事は女子は恋愛話をするのが好きという事です(笑)

アフリカ方面の恋愛プロセスの情報がないのでどこかで仕入れたらまたその比較をお話ししたいと思います!

では

Hitomi
The following two tabs change content below.
Hitomi

Hitomi

カナダのバンクーバー在住Hitomiです。日本から出て生活してみたいという一心で2014年に社会人を辞めバンクーバーへ。語学勉強そして就職。日本での経験と知識が評価され現在は動物看護師兼トリマーとして動物病院に勤務。視野も広がり価値観や考え方も日々進化中!体重も増加中!!