Selamat siang ! スラマッシアン!(こんにちは!)

インドネシア、ジャカルタのタクヤです。現在、インドネシア中がとっても華やかです!

これは明日、8月17日という特別な日をお祝いするための飾りです。しかもこの8月17日にはインドネシアが世界トップクラスの親日国であることと深~~~い関係があります。

SPONSORED LINK

 

さて8月17日が何の日かというと、インドネシア独立記念日です。

『インドネシアが独立?何のこっちゃ??』と思った方、安心してください。まずは独立に関しての歴史を簡単にまとめます!

やはり相手の国にお邪魔するにあたり、その国の歴史を知っておいて損はないはずです。

※内容は結構省いているので、歴史についてもっと詳しく知りたい方はGoogle先生の元を訪ねましょう。笑

 

●インドネシアはもともとオランダの植民地だった

もともとインドネシアは16世紀末から約350年の間オランダの植民地でした。高校生の頃、世界史の授業中で東インド会社という名前で聞いたことあるんじゃないでしょうか?

そのオランダが太平洋戦争の際に日本に宣戦布告、インドネシアに日本軍が侵攻し、約1か月間の戦争の後、オランダは全面降伏しました。

それから約3年半は日本軍の統治下におかれたわけですが、その間日本軍の行ってきた行動はオランダの統治とは異なる対応でした。

・民主主義運動をしてオランダ軍に軟禁されていたスカルノ氏、ハッタ氏らを解放

・インドネシアを独立させるため、スカルノ氏、ハッタ氏らを中心に組織を編成させる

・今までオランダに弾圧されてきたインドネシア人に州の監督権限を与える

・オランダ統治下時代は許されなかった統一言語(インドネシア語)の作成

ここでインドネシア人はまず『日本はオランダとは違うぞ?いいヤツじゃないか!』と感じたわけです。

その後1945年8月15日、日本が第二次世界大戦で全面降伏し、その2日後にスカルノ氏、ハッタ氏らが独立の宣言をしました。これが8月17日だったので、今でも国民の休日となっています。

そして独立宣言をしたスカルノ氏はインドネシア共和国初代大統領に(ちなみにこの初代大統領の第3夫人があのデヴィ夫人です!)、ハッタ氏は副大統領に就任し、独立宣言書は現在のインドネシア最高紙幣の図柄になっています。

インドネシア
インドネシア最高紙幣10万ルピア札(約1000円相当)。 左がスカルノ氏。右がハッタ氏。 その二人の顔の間にある小さな文字が独立宣言書の写し。

 

実はこれでめでたしめでたしではなく、もう少し歴史が続きます。(歴史が苦手な方すみません。笑)

独立宣言を受けたオランダ・イギリスは日本が敗れた今がチャンスととらえ、もう一度インドネシアを植民地にしようと考え宣言に反対します。これを機にインドネシア独立戦争が始まりました。

そのため8月17日は独立宣言の日でもあり、独立戦争開始の日でもあるのです。

 

 

●日本軍がインドネシア独立を支援

独立戦争開始後、日本軍はすでに第二次大戦の際に全面降伏をしていたのでインドネシアから撤退しなければならなかったのですが、インドネシアに協力し一緒に戦う人も多かったそうです。

その後インドネシアは4年5ヶ月の独立戦争を勝ち抜き、再植民地化を免れました。

つまりインドネシア人からしてみれば、

・弾圧されていた我々をオランダから解放してくれた

・さらにまたオランダから征服されそうになった際に一緒に戦い退けてくれた

という良い面が記憶されているわけですね。

日本軍も一時占領していたので、もちろんいい話だけというわけではありませんが、このように日本はインドネシアの独立を助けてくれた国であるというのが親日の大きなきっかけになったわけです。

 

インドネシア
日本人兵士の眠るカリバタ英雄墓地(Taman Makam Pahlawan Nasional Kalibata Jakaruta)
インドネシア
日本名ではなくインドネシアに帰化され、インドネシア名を名乗る方のお墓もありました。

 

そして独立戦争でともに戦い、死んでいった日本人に敬意を表し、南ジャカルタにあるカリバタ英雄墓地には今でも日本人兵士の霊が祀られています。

今年は独立宣言からちょうど70年の年。 インドネシアがいつまでも平和な独立国家であることを祈ります。

 

そして!インドネシアではこの独立戦争の一部がアニメ映画化しました。原題『BATTLE OF SURABAYA(スラバヤの戦い)』サイトへ→インドネシア

公開日はその戦いの始まった8月20日とのこと。ストーリーに日本人も関係してくるためかその声優には日本人からも3人参加しています。

日本でも終戦記念日や広島・長崎の原爆を忘れないために様々なドラマや映画が作られましたが、インドネシアでも忘れてはならない出来事としてこの作品が語り継がれていくのかもしれません。

※この記事を執筆中の現在は日本での公開は決まっていないとのことです。

 

 

●8月17日に向け、町はすでにお祭り気分!

さてさて、話は現在に戻ってここ数日のジャカルタです。

インドネシア

 

大通りはもちろんのこと、小さな道ですらインドネシア国旗の紅白旗やインドネシアの国章であるガルーダの旗を飾っています!

インドネシア人の友達曰く、独立記念日にはインドネシア中でパレードやセレモニーが行われ、町のいたるところで運動会のようなものが行われるとか。しかも70周年で今年は大いに盛り上がるとのこと!

 

こりゃ取材しないわけにはいかないでしょ!!!

というわけで明日はお祭りの様子を見に行ってまいります!次回の更新の際には紹介できるよう頑張りますね。

明日に備えて今夜は早く寝よーっと!笑

 

Sampai jumpa! サンパイジュンパ!(ではまた!)

takuya

 

The following two tabs change content below.
Takuya
1988年横浜生まれ。現在インドネシア、ジャカルタ在住。 『日本の技術力で新興国の雇用とスキルを底上げしたい』という思いから、インドネシアでの起業を目標に渡航し、IJ Terminalを設立。 Facebookの申請はいつでもどうぞ! https://www.facebook.com/takuya.kato.1988

3 thoughts on “インドネシアに行くなら必読! “親日の始まり” と “8月17日” との関係 ”

Comments are closed.