蛇口をひねれば必ず出る水。

日本では”当たり前”の光景も

ケニアでは”当たり前”ではありません。

 

ケニアで水を確保するのは、

それはもう大変な大仕事になります。

 

今回はそんなケニアの水事情をお伝えします。

SPONSORED LINK

1.ケニアの水道事情の今について

P1080719

ケニアは順調に経済発展を続けていますが、

インフラ設備はまだだま整っていません。

 

特に地方都市では上下水道がほとんど普及していません。

 

多くの家は雨水を貯めるタンクを共同で持ち、

その中に水を蓄えています。

そこから各家庭に水を引いています。

 

ただ今説明したタンクを持っている家は、

比較的裕福な家族です。

 

著者は長屋に住んでいましたので、

近隣の4家族と共同で雨水を貯めるタンクを使用し、

毎日そのタンクまで水を汲みに行っていました。

 

 2.大切な水の手に入れ方

IMG_2628

ケニアに住んでいて必ず起きるのが断水です。

 

水の供給網も未発達のケニアでは、

ある日突然水がなくなるのです。

 

著者の家では主に1年に2度ある雨季の時期の水を貯めているので、

乾季には水を使い切ってしまいます。

 

では水がない時はどうするのか。

 

簡単です。

水を汲みに行くんです。

 

雨水がなくなったら、

1)干上がった川に汲みに行くか、

2)水道キオスクに汲みに行くか、

の2つの選択肢があります。

 

砂浜で掘ったら海水が出るように、

川底も掘ると水が出てきます。

 

なので川に行くと、

たくさんの人が水を汲んでいます。

 

またウォーターキオスクと呼ばれる、

水のコンビニがあります。

1リットルいくらで水が買えるのです。

 

そのどちらも自力でやると大変ですが、

お金を払えばロバに運んでもらうこともできます。

ロバの首の周りにタンクを巻きつけ1度に80リットルの水を運ぶことができます。

ロバを使った水運びは、

こちらでは立派な職業の1つです。

 

著者も乾季にはよくロバ使いを利用していました。

 

朝電話すると夕方には持ってきてくれるので、

とても助かります。

 

3.1日どれくらいの水で人は生きているいけるのか?

IMG_2604

さて問題です。

日本では1日何リットル使っている思いますか?

……

………

正解は、320L/人・日です!!

 

ケニアで日本と同じような生活をしていたら、

1日に何往復も水を運ばなければいけません。

 

考えただけでぞっとします。

 

ではそんな僕は1日何リットルで生活をしていたのか。

 

正解は、20L/日です。

参考までに水洗トイレ1回流すと4~5L程度も使います。

いかに極限まで節約しているかが少し伝われば・・・。

 

水の使用量は実際少し工夫で減らしていくことができます。

ちなみに僕は同じ水を何度も使うようにしています。

例えば最初の綺麗な水で水浴びをし、

次にその水を洗濯用に利用します。

そして最後にトイレを流す水に使います。

 

手間はかかりますが、

水を汲み労力を考えると大したことはないのです。

人間の適応力は立派なんもので、

慣れればなんのことはありません。

 

近代化してきたケニアも

まだまだインフラ状況は整っていないのが現状です。

こういう途上国に来ると、

日本では”当たり前”のことが”当たり前”でなくなります。

 

そんなことを改めてゆっくり考えることが出来るのも、

ケニアに来てよかったことの一つかもしれません。

 

この記事を通してお伝えしたいのは、

決して
節水しろ!と言うことではありません。

 

たまにはふと「今ある”当たり前”について」

考えてみて欲しいんです。

 

そしたら意外と色んなモノが意外と貴重だって知ったり、

そんなモノを大切にしようかなって思ったりするかも知れません。

 

それが今回たまたま”水”だっただけです。

 

そんな当たり前に気づくことが出来るのは、

海外生活の魅力の1つかもしれません。

2_日常の風景


39d7d91a126e35e9bed559645129c26a

The following two tabs change content below.
Hiroshi Yokoyama
87世代のうどん県民。アフリカWebメディア『Africa Quest.com』編集長。2013年に青年海外協力隊としてケニアに渡航。在任中にケニアでモノ作りの会社を立ち上げる。現在は開発コンサルで働きながら、Webメディアの運営、国際アドボカシー団体FAVLIC設立会長、任意NPO SignPost共同代表を務める。