Selamat siang !スラマッシアン!(こんにちは!)

インドネシア、ジャカルタのタクヤです。

海外で働きたいと思っている方の中にはインドネシアについてご存知の方もいるとは思いますが、インドネシアという国名でパッと浮かぶのはやはりバリ島ではないでしょうか?

今回はまず簡単に国の概要と特徴をご紹介します。

SPONSORED LINK

 

●インドネシアはどんな国?

正式名称インドネシア共和国。日本から飛行機直行便で7時間半。日本との時差は2時間。

赤道直下にあり、通年で25~35度くらいの蒸し暑い気候です。大小13000以上の島で構成されている島国で横に長~いイメージですね。

近隣諸国は、上はシンガポールとマレーシア。すぐ下にオーストラリアです!時間とお金があれば遊びに行きたいです!

 

●インドネシアは人・人・人!

人口約2億5000万人なのですが、実はこの人口、中国・インド・アメリカに次ぐ世界第4位の人数というから驚きです!

ちなみにこれを人口ピラミッドで見ると下のようになります。

インドネシア

釣鐘型になっていて労働世代である20~40代が非常に多く、高齢者が非常に少ない状態です。0~10代は各世代の中では最も人口比が高いので、将来の労働者人口も確保できている素晴らしい状態です。

GDP(国内総生産)と人口は相関関係にあるといわれているため、最近では人口ボーナスが大きい国であるとして世界的にも認知されています。

 

●インドネシア人はみんなバイリンガル!?

インドネシアの統一言語はインドネシア語。

様々な異なる民族と文化が混ざり合ってできている多民族文化のため、出身地域ごとの言語が500近く存在する面白い国です。(訛り等ではなく文法など言語そのものが違います)

たとえば仕事では公用語のインドネシア語、家に帰ったら故郷のジャワ語…といった感じで話す人が多いです。

そのためか他国語を覚えることに対しての障壁が非常に低い気がします。インドネシア人には英語が喋れる人が多いのはこれが理由かもしれません。

 

●世界最大のイスラム教国

インドネシア

宗教は人口の約90%がイスラム教徒。その他としてキリスト教徒が約9%、残りがヒンドゥー教と仏教で構成されています。(国民の無宗教は認められていません)

このイスラム教徒90%というのは世界最大のイスラム教徒人口です。今巷で騒がれているイスラム教国とは別物ですのでそこはご安心を。

この『国民のほとんどがイスラム教徒』というのがインドネシアの大きな特徴です。

どの施設に行ってもPrayer Room(イスラム教徒は仕事中でも一日5回決まった時間にお祈りをします)が設置されていたり、食事でも豚やお酒成分の使われていないハラルマーク(厳密にはもっと細かく分かれています)が当たり前です。

 

インドネシア

これは日本のものを輸入しているスーパーの写真です。ちゃんと”BABI”を使っています。(”BABI”はインドネシア語で”豚”の意味)と記載されていますね!

 

●インドネシア人は日本人が大好き!

インドネシアは世界でもトップクラスの親日国として知られていて、日本人は約16000人ほど在留しています。

中でも五輪真弓(いつわまゆみ)さんの『心の友』という曲はインドネシア人なら9割の人が知っています。

「日本の歌知ってるよ!有名なんでしょ?」と日本語で得意げに歌われることも多く、実は日本ではそこまで浸透していないことを伝えたらビックリされました。(五輪真弓さんごめんなさい。笑)

インドネシアに来る際はこの曲を覚えておくだけでインドネシア人と仲良くなれること間違いなしです!

 

今回はインドネシアという国について書いてみました。こうやって見るとインドネシアって特徴にあふれている国なんだ!というのが漠然とわかっていただけるのではないでしょうか?

 

後編では具体的にバリとジャカルタについて都市の特徴を書いていきますね!

Sampai jumpa!サンパイジュンパ!(ではまた!)

takuya

 

The following two tabs change content below.
Takuya
1988年横浜生まれ。現在インドネシア、ジャカルタ在住。 『日本の技術力で新興国の雇用とスキルを底上げしたい』という思いから、インドネシアでの起業を目標に渡航し、IJ Terminalを設立。 Facebookの申請はいつでもどうぞ! https://www.facebook.com/takuya.kato.1988

19 thoughts on “私が移住した国「インドネシア」はどんな国? 前編”

Comments are closed.