Hello,

最近めっきりオンラインゲームにハマっているシドニーのしょうこです。

IMG_3158

ハウスメイトと一緒にゲーム大会しています。

夜な夜なレベルをあげるのに必死…

 

 

 

さて、今回はシドニーで生活していて日本と違うなあ、面白いな、と感じたことをいくつか紹介したいと思います!

SPONSORED LINK

1.バスがベンツ!?

benz benz2

(写真:Sydney Bus Museum)

シドニーの公共バスは不思議とベンツがほとんどです。

1980年頃に大量のベンツがシドニー公共交通機関に導入され、ベンツのマークがバスのマークであるかのように有名になったようです。ボルボも多いです。

オーストラリアには有名な車メーカーがないため、外車ばかり走っていますが、なぜベンツだったのでしょう?詳しい理由は分かりません。。

ベンツの大型トラックもよく見かけるので、もはや高級というイメージがなくなりそうです。^^;

 

 

2.路上にゴミ箱が多い

日本にある公共のゴミ箱は駅周辺くらいですよね。

ゴミは基本的に持ち帰るもの。

でもシドニーの街は違います。写真のようなゴミ箱が路上にあり、もちろん毎日回収があります。

image

特にシティは200メートルくらい歩けばすぐゴミ箱。

真ん中又は横に灰皿がついていて、大きい物は捨てられないように中は3つに別れています。

便利な反面、ゴミをあさる人やゴミの分別等の問題もありますが、日本にももう少し公共のゴミ箱が設置されたら嬉しいですよね。

路上にゴミ箱があるものひとつの理由でしょうか、食べ歩きする人、こちらはすごく多いです!

 

 

3.消防車のサイレンがよくなる

1ヶ月に1度は周辺のアパートに消防車が来ているような…

その多くが誤報です。

これは私の憶測ですが…なぜかというと、火災(煙)探知機がすぐ反応するからです!

IMG_3391

反応すると、ものすごいピーピー音が部屋中に響き渡ります。

初めて鳴らしてしまった瞬間はパニック!!なんなって何が原因か分からないから。笑

私のハウスメイト、全員が鳴らしてしまった経験があります。みんな同じ反応です。まさかあれが反応しているとは思わないのです。

友人からも簡単に鳴ってしまう火災探知機の話はよく聞きます。

 

聞いた話によると、この警告を約2分以内に止めないと、自動的に消防署へ連絡が入り、消防車が向かってしまうらしいのです。

そして一番怖いのが誤報の場合、罰金があります。確かな金額ではありませんが、約500ドル?の罰金と聞きました!

 

そんなわけで、うちでは警報が鳴ると毎回ハウスメイト全員で全力で止めにかかります。

これがなかなか止まらないんです!!

換気扇をつける人、すべての窓を開ける人、ペットの猫を抱える人、探知機を扇ぐ人、椅子を持って来て天井の探知機の解除ボタンを押す人、みんな必死です。笑

 

 

センサーの感知度を下げたいですが、安全のためだからしょうがないので、煙には細心の注意を払って料理しています。

マンション内で警報の音が部屋までときどき聞こえてきます。

彼らも止めるのに必死なんだな…Good luck。笑

 

 

 

では、今回はこの辺で。

See you next week!

Shoko

The following two tabs change content below.
Shoko

Shoko

Accommodation Coordinator at AAE
Hi!:) オーストラリア、シドニー在住のShokoです。セブ島で5ヶ月間英語の語学留学をしたのち、シドニーでアコモデーションのコーディネーターとして働いています。英語も引き続き日々勉強中です!