IMG_9270

外国人と働くことは日本でもできる!意外な働き方

海外就職といえば「英語を使って働く」というイメージだと思います。実際に筆者も英語を使ってフィリピンで仕事をしています!ただ、英語を使って仕事をしたい!という思いは海外だけで実現できるものではなく、意外と日本国内でも環境は獲得できるものです。実際にはどういった場所に英語環境があるのでしょうか?今回はあえて日本で外国人と働くという選択肢をご紹介してみたいと思います。  

IMG_2590

イベント盛り沢山、シドニーで暇するなんてありません。

Hi, シドニーのしょうこです。 先週26歳の誕生日を迎えました〜!20代は挑戦し続けます!   さて、今回は特集記事「知っていると便利なこと、押さえておきたい情報」について書きたいと思います。   最近よく感じるのは「シドニーは一人でも飽きずに楽しめる街だなあ」ということです。 なぜかというと毎週何かしらのイベントが開催されているからです! 多すぎて、イベントからイベントへはしごするほどです。 暖かくなり始めた9、10月は特に多かった気がします。

P1080427

ケニアの日常食は?絶対食べたい家庭料理3選 PART.2!!

まだ謎の多いケニア料理の特集第2弾です。 今回も著者が日常的に食しているケニアの料理に加え、少しディープな料理もご紹介。 これであなたもケニア通になれるかも!?   1)Karanga(カランガ)

インドネシア

知ってるだけで損をしない!ジャカルタの3つの情報

Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!) インドネシア、ジャカルタのタクヤです。 今回は今月の特集記事である『知っていると便利なこと、押さえておきたい情報』です。 僕がご紹介するのはタクシー、日本人街、両替所についての3つです。 どれも知ってるだけで損しない情報なのでぜひ最後までご覧ください!  

IMG_9528

フィリピンで流行のデング熱に注意!対策・治療・症状

フィリピンは日本とは異なる熱帯の気候帯のため、文化や生活が大きく異なります。特にセブは海に囲まれていることもあって、食文化なども日本とは異なる部分が多く見られます。病気に関しても日本にはないものがフィリピンにはあり、特に今デング熱が少し流行っているようです。筆者はセブで実際に感染してしまいましたが、せっかくの機会ですのでその経験を元に症状と対策についてご紹介します。

IMG_5304

ケニアの治安は大丈夫?ナイロビを安全に楽しむための歩き方講座。

こんにちは。ケニア担当ライターの凡です。 今週は今月のテーマ「ケニアで押さえておきたい情報」をお伝えしたいと思います。 ケニアと言えば、治安の悪いイメージはありませんか? その説明をするのはかなり長い時間を要します。 みなさんがケニアに到着した際まず始めに辿り着くのは首都ナイロビです。 今回はナイロビ市内を実際にひたすら歩き廻った著者が進める、 治安も考慮した正しいナイロビの歩き方をご紹介します。

1 (1)

知ってると便利?カナダの硬貨には実はあだ名があった!

Hello:)   カナダ バンクーバーよりHitomiです     今週はテーマ記事「在住国で知っていると便利なこと、押さえておきたい情報」ということで、カナダで生活する上で知っとくと便利な情報をいくつか紹介したいと思います!  

top

はじめましての自己紹介!アフリカに行きます!

初めまして!新たに参加させていただきます。山室達紀(やまむろたつのり)といいます。 今回、青年海外協力隊としてアフリカにあるモザンビークに2年間派遣されることになりました。モザンビークってどこだ!?と思われた方が大半だと思います。私も最初に派遣国を見たときの第一印象は「どこ??」でした。

インドネシア

海外就職で日本人に求められている5つのこと ~面接キーワード付き~

Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!) インドネシア、ジャカルタのタクヤです。 突然ですが、あなたが日本人として海外で働きたいと思ったときに思うことは何でしょうか? ・TOEICの得点が高くない ・留学経験がない ええい!そんなこたあ関係ねえ!!!! いや、まったくと言ったら嘘になりますが。笑 しかしそれだけを理由に立ち止まってしまうのはもったいなすぎます。 実は英語以外の必要なスキルをたくさん持っている可能性があるんです! では海外就職にあたっては日本人は何を求められているのでしょうか?  

8 (1)

ワーホリ1年でどれくらい英語って身につくの?

Hello:)   カナダ バンクーバーよりHitomiです     英語圏の国へのワーホリを考えているみなさん、「1年でどれくらい英語しゃべれるようになるのかな?」って気になったことありませんか?筆者はカナダに渡る前それが気になって気になって仕方ありませんでした(笑) ということで、今回は筆者自身の留学の成果を赤裸々にお話したいと思います。笑  

P1090024-002

週に1度の野菜デー!地方から出荷される激レア野菜をゲットせよ!!

現地で長く暮らしていると、 さすがに毎日外食という訳にはいきません。   っということで、日本では外食ばかりだった著者ですが、 ケニアではほぼ毎日自炊をしています。   お金もそうですが、さすがに毎日ケニア料理というのも飽きてくるもので・・・。   こんな話をすると、 よくケニアではどんな野菜が手に入るの? って聞かれることがあります。