Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!)

インドネシア、ジャカルタのタクヤです。

突然ですが、あなたが日本人として海外で働きたいと思ったときに思うことは何でしょうか?
・TOEICの得点が高くない
・留学経験がない

ええい!そんなこたあ関係ねえ!!!!

いや、まったくと言ったら嘘になりますが。笑

しかしそれだけを理由に立ち止まってしまうのはもったいなすぎます。
実は英語以外の必要なスキルをたくさん持っている可能性があるんです!
では海外就職にあたっては日本人は何を求められているのでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

求めているのは日本の技術とマネジメントとコネクション


 

東南アジアには現在様々な日系企業が存在し、インドネシアだけでも1700社を超えました。
その日系企業を取り巻く環境の変化に対応するために、日本人求職者のニーズが高まっているのが東南アジア就職の現状です。特に日系企業が増えているインドネシアはお勧めですよ!(バッチリきっかり宣伝です。笑)

 

そのため仕事内容としては、

・日系企業内でのマネージャー候補(現地スタッフのマネジメント)

・特殊技術等の伝承(日系企業の子会社等)

・日系企業をターゲットにしたB to B企業の営業職

・日本人在住者向けB to C企業のサービス業(ホテル業、飲食店、美容室、等)

などが多いイメージですね。ここ数年はサービス業分野がだいぶ増えてきているとのことです。ハードルが下がってくれてありがたいですね!

さて、あなたがそういった国に行き、働くことを決意したと仮定しましょう。当然職探しですから面接を受けます。
では現地の会社は現地人でないあなたに何を望んでいるのでしょうか?ポイントを5つに絞って見ていきましょう。

ちなみにそれぞれのポイントの最後に面接にも活かせるキーワード(ものによっては文章)を書いておきました。参考にしていただけたら幸いです。

 

ポイント1) 語学力


 

最初に英語力は関係ないと言い切ったじゃないか!と怒られそうですね。あれはオーバーな表現でした。笑
正確に言うのであれば、『英語はあくまで武器の一つであり、それだけが海外就職を決めるものではない』ということです。

英語はあくまでコミュニケーション能力であってそこから何かを生み出すわけではありません。ただし武器としてはないと大打撃なものであることも確かです…。笑
そのため、英語がどれだけできるかも重要ですが、英語だけでは面接で簡単にはじかれてしまいます。

自分の英語力がどれだけあるかにもよりますが、実務で使ったことがあればベストです。
その次が資格(TOEIC、IELTS等)ですが海外ではどちらかというと実際に話せるかどうかの方が重要視されます傾向が強いです。
日本の場合は昇給、昇進に関係してきますが、海外ではそれ仕事に直結してきますからね。

インドネシアのジャカルタは外資系企業も多いですし、外国人を雇う会社では英語を公用語にする会社も多いです。
そのため、英語力はどの国に行ってもついて回るでしょう。
実は英語ができなくても仕事を探す方法があるのですが、それはまた後日…。

キーワード:英語の実務使用経験(通訳、書類作成、翻訳等)、TOEICの点数、現地に住んで生活をしていた経験

 

 

 

ポイント2) 実務遂行能力


インドネシア

 

これは考え方の違いなのですが、日本は新卒採用を行うことでスキルのない人間をゼロから育てようとする習慣がビジネスの中に根付いています。しかし海外では新卒を育てていこうというよりは即戦力としての技術やスキルが求められる傾向が強いです。(中には新卒採用を行う企業もあるが大企業など一握りだけ)

そこで思いっきりアピールしなければいけないのは

・営業で目標を○○%達成

・経理で月次決算、年次決算ができる

・JAVAでプログラミングができる

・部下やチームのマネジメントができる

等の実際の仕事がどれくらいできるかを自分から前のめりに伝えていく必要があります。
またカスタマーサービスや通訳など仕事内容によっては英語力もここに入ってくる場合がありますね。

また現地の人に伝えることができる自身の技術をもっているかも重要です。
インドネシアの例に挙げますと、ジャカルタの近郊には自動車、バイク、部品等の日系工場が数多く存在します。
そのため、そこで活かせる金型の知識や生産管理ノウハウなどは非常に重宝されます。こういった貴重なノウハウを伝えられる方はそれこそ通訳をつけてでも欲しいので英語&インドネシア語が不問なケースもあります。

キーワード:やってきたことを短い言葉で言い切る、数字を入れて話す、特殊なスキル

 

 

ポイント3) 日本的な仕事力


インドネシア

 

そもそも『日本的な仕事とは何か?』からですが、よく言われるように日本の働き方は海外と比べると大分違います。海外にはそういった働き方を知らなかったり、知っていてもできない人が多いため、それができる日本人が求められます。

しかし日本的な仕事スタイルは日本人同士の間では通用しても、その他の国では通用しないものです。

すなわち日本的な仕事を求められるということは、日本人顧客と仕事が発生することにほかなりません。

そのため例えば

・時間を守る(納期、日々のスケジュール)

・ビジネスマナー(正しい敬語、名刺を渡し方、等)

・社内政治ができる(根回しをする)

・協調性を持った仕事姿勢

・仕事が正確である

・他部署との連携をとる

・接待という概念がある

・報連相の徹底

・相手の本音と建て前を理解する

・日本の情報を調べられる(日本の企業情報など)

といったものが発生します。書き出してみると意外と求められることがいっぱいあるものですね!

こういったしがらみから離れたくて日本を飛び出す人もいるかと思いますが、これを求められていることも事実なのです。

海外就職のスタートは日系現地企業を選ぶ方も多いです。今まで当たり前だったことでも武器にしていきましょう!

キーワード:その国の仕事のスタイルの違いを理解している、日本では当たり前であることをきちんとこなせる

 

 

ポイント4) 耐久力


インドネシア

 

海外で生活を始めたばかりですと、日本とは気候や衛生状態が違うため、肉体的なダメージが大きいです。また食文化や習慣の違いからストレスを受ける人も多く、そこからくる疲労も多いでしょう。

企業はそういったトラブルが原因であなたが日本に帰ってしまうことを恐れています。そのためその不安を払しょくしてあげましょう。

ここで『一度は誰しもが経験するであろう辛い事リスト』をご紹介。

【肉体面】

・腹を壊す

・気候の違い(暑さ、寒さ)

・現地特有の病気

【精神麺】

・日本より時間にルーズ

・宗教の違い

・食文化の違い

・ビジネス形式の違い

 

こういったことは程度の差はあれ、どの国に行っても起こりうるものです。しかしだからといって悲観しないでください。1~2回そういったことがあればすぐに馴れます。人間は順応できる生き物です。

私はインドネシア生活を初めて半年以上経ちましたが、何度かお腹を壊しました。当初は辛いものがあまりお腹に合わなかったようです。今では自分の中でのルールさえ守ればお腹を壊すこともなくなりました。

そういった自身の体調管理をしっかり行えることも大事な要素です。

キーワード:臨機応変な対応、実際に住んだことがある実績、体力があること

 

 

ポイント5) 何がなんでも形にする課題解決力


 

日本とは環境が全く違う以上、わからないことだらけなのは当たり前です。しかし正解がない中でもそこから成果を上げなければならない以上、相手のニーズに合わせて様々な人に自ら聞いて回り、自分から様々な意見を出し、実際に行動してみて形にするしかありません。

・PDCAサイクルをしっかり回した実績

・周囲を巻き込んでプロジェクトを形にした

・成長意欲がある

・主体的に行動することができる

・リスクを恐れないで仕事に取り組むことができる

・チャレンジ精神を保ったまま仕事を行なう

等のがここに当てはまります。日本で言うところのベンチャーマインドに近いですね。

ただよく考えれば安定志向でリスクを恐れるタイプの人が海外で働きたいと言い出すことの方がなかなか考えづらいので、マインドの部分では誰もがクリアしているのかもしれません。重要なのはそれを実行に移せるか。またその実績があるかどうかですね。

面接キーワード:積極的、チャレンジ精神、行動力、トライ&エラー、PDCAサイクル

 

 

まとめ


 

海外で働くには英語はもちろん大事だが、それが全てではなく
自分が顧客のために、その会社のために、その国のために何ができるか?
という問いに真っ向からぶつかる必要がある

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

次回は今月の特集記事を予定しています!
テーマは『在住国で知っていると便利なこと、押さえておきたい情報』です。
初めてインドネシアに来る方に役立つ情報になるよう頑張りますね!
インドネシアでの転職なら
就職以外の文化にも詳しいIJTerminalにお任せください!

Sampai jumpa! サンパイジュンパ!(ではまた!)

 

 

Takuya Kato

PT.IJ Terminal (株式会社アイジェイターミナル)
ウェブサイト : http://www.ijterminal.com
Eメール : katou@ijterminal.com
電話: (+62)21-87784207 / 29840422
※ご質問の際には『W.W.Jを見ました』とご明記ください。

 

 

この記事の関連】

現在ジャカルタでは日本人が売り手市場です! → コチラ

インドネシアと日本の仕事に関する5つの違い → コチラ

WWJ OVERAGE 30 VOL.1 アルビー/『日本の常識を徹底的に学ぶこと』 → コチラ

 

The following two tabs change content below.
Takuya
1988年横浜生まれ。現在インドネシア、ジャカルタ在住。 『日本の技術力で新興国の雇用とスキルを底上げしたい』という思いから、インドネシアでの起業を目標に渡航し、IJ Terminalを設立。 Facebookの申請はいつでもどうぞ! https://www.facebook.com/takuya.kato.1988

13 thoughts on “海外就職で日本人に求められている5つのこと ~面接キーワード付き~”

Comments are closed.