Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!)
インドネシアジャカルタのタクヤです。
インドネシアで仕事をするにあたって住居を決めなければなりません。
今回は日本人がどのような地区に住み、どのような生活水準なのか、
メリットデメリットを含めてをご紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

住む家の形態は様々


企業によってはすでに決まった場所があり、そこをあてがってくれるところもありますが、
自分で探さなければいけないケースも多々あります。
金額の負担の形式は様々で、日系企業に関しては全額会社負担のところもありますが、
5万~10万円の部分負担の企業が多いです。

ローカル企業に関してはここにさらに全額自己負担の可能性が入ってきますが、
そこは採用時の交渉次第というのが現実です。

また、住む部屋のタイプによって金額が大きく変わります。
今回は現地採用と駐在員がよく利用する『コス』と『アパートメント』についてご紹介します。
この2つはシステムも作りも全く違います。

 

コスとは?


インドネシア

ワンルームタイプで家具やベッドが備え付けのケースがほとんどです。
セキュリティに関しては様々ですが、基本的に金額に比例していると思った方がいいでしょう。
設備やサービス内容は値段に応じて変わります。
日系企業に勤める場合、セキュリティの観点から低価格のコスを禁止するケースもあります。

設備:ワンルーム、ベッド、トイレ、シャワールーム、エアコン、タンス、
共同キッチン(冷蔵庫も共有)、共同のガロン式ウォーターサーバー、無料のWi-Fi

サービス:部屋の掃除、衣類の洗濯&アイロンがけ、稀に料理のサービスもあり

コスのメリット
・内見をして自分が納得すれば即日入居可であること
・月契約が可能であること
・ランドリーサービスや部屋の清掃代込みの部屋代になっていること
・現地人と情報交換ができるためアットホームであり、語学学習にもお勧めできる
・日割りの宿泊も交渉可能なため、就職活動やその後の住居探しの拠点として最適

コスのデメリット
・掃除の人が部屋に入るため、セキュリティ面が多少落ちる
・台所など共同スペースが多い

 

アパートメントとは?


インドネシア

日本語の感覚ではアパートメントというと下宿というニュアンスですが、
インドネシアでアパートメントというと日本でいうところの
賃貸マンションもしくはサービス付アパートメントのようなものです。

コスと違い1DK、2K以上の部屋がほとんどで、家族がいる場合はコチラに住むことが多く、
入口に門番がいたりカード認証式のドアがあるなどセキュリティもしっかりとしています。

アパートメント内にコインランドリー、ジム、プール、スーパーなどを併設していることも多く、
設備は非常に快適です。
その分金額も上がりますが、ある程度の収入が見込めるようになれば、
こちらに住み替える方が多いようです。

設備はそのアパートメント次第で、何もない代わりに安い物件もありますが、
家具一式を付けた状態やコスのようなサービス付きで部屋を貸し出しているところもあります。

アパートメントのメリット
・コスよりも周辺施設やセキュリティがしっかりしている事が多い
・部屋が広い、複数の部屋がある
・部屋にキッチンがあるため家族でも住める
・プライバシーが管理しやすい

アパートメントのデメリット
・年間契約が多く、簡単には引っ越しができない
・コスと比べ、金額設定が高め

 

住居の設備と価格帯


ここではコスとアパートメントについて、どれくらいの価格帯にはどのような設備が付いているかを書いていきたいと思います。

これは2015年11月現在の価格ですが、2~3年前と比べると金額もだいぶ上がっているようです。
これから成長していく土地なので当たり前かもしれませんが、年々上がっていくことは避けられないようです。
では価格帯と設備について、まずはコスから見ていきましょう!

 

●コスの価格帯

~ 3万円

コスの説明に記載した設備やサービスがほとんど揃っている事が多いです。
さらに金額が下回るとここから設備が減っていくイメージです。
個人的な感覚的ではありますが、大学の近くは同じ金額でも設備が少し良いことがあります。

中には電気代や光熱費等を個人で支払う必要もある場合があるのでオーナーに確認する必要があります。
学生やバックパッカーにとっては十分ですが、日本人には清潔感も含め設備が足りないと感じるでしょう。
東南アジアに慣れている方であれば生活できるレベルなので試しに見てみるにはいいかもしれません。

 

3万 ~ 5万円

設備:前述設備が一通り揃っています。
セキュリティ認証が付いたり、テレビが備え付け、内装3万円以下より綺麗なところが多いです。

住居探しの拠点にするのであればこのあたりが妥当です。
日本人でもお金を節約したい人であればここで十分住むことが可能です。
また設備は劣りますが、都心に住むことができるのもこのクラスからでしょう。

 

5万 ~ 10万円

設備は申し分なく、テレビにはNHKが移ることもあります。綺麗さは日本のビジネスホテルくらいのイメージ。
都心に近く、清潔でサービスも良いため、単身の日本人に人気です。
金額的にアパートメントとの選択の分かれ道ですが、単身ならこちらの方がサービスが良い分お勧めです。

 

●アパートメントの価格帯

5 ~ 10万

生活には申し分なく十分綺麗ですが、単身者向けの少し狭めの部屋であったり、都心から少し離れるケースがあります。
レベルで言うと、インドネシア人のホワイトカラーワーカーが共働きで住んでいるレベルです。
シャワーが水だったりする場合もあるようですので事前に確認が必要です。

 

10 ~ 20万円

日本の一般的なマンションに家具を備え付けたイメージです。
2DKに部屋で2ベッド、子供の遊ぶスペースがアパートメント内にあったりとストレスなく生活が可能です。

 

20万円 ~
日本で言う高級住宅。駐在員の方は平均的にこのくらいの家に住む方が多いです。
周囲にモールや日本人学校のある地区を選べば家族で移住もちょうど良いでしょう。

 

ジャカルタお勧めエリア


ではジャカルタに住むことになったらどのエリアが住みやすいのでしょうか?

これはあなたがどんな条件で探すか次第ですが、
僕の考えでは自分一人で住むのか、それとも家族と住むのかでエリアが変わります。

そこで単身者向けエリアと家族向けエリアのおススメをご紹介します!

●単身者向けエリア

タムリン・スディルマン、クニンガン、スナヤン

キーワードは『職場に近い、高速道路から近い』など、立地条件で選ぶと良いと思います。
また上に挙げたエリアは都心なため、周辺設備が整っているエリアでもあります。
単身であればサービスが揃っている家を探すとより良いでしょう。

 

●家族向けエリア(夫婦、お子様連れ

スナヤン、クニンガン、ブロックM、ポンドックインダー、クマン

キーワードは、『都心に近い、近くに大きなモールがある、日本人街の近くである、日本人学校が近い』等、家族をメインに選ぶと良いと思います。
近所に日本人家族で住んでいる方も多く、専業主婦の奥さまや子供も交友関係を持ちやすいエリアです。

 


 

今回はジャカルタに暮らす現地採用の方や駐在の方の住居について書いてみました。
こうやって見ると、金額の割にいい環境で住めるのがお分かりいただけるのではないでしょうか。
もし実際にインドネシアで働きたいとお考えの際にはご相談ください。
実際の暮らしに基づいたアドバイスをさせていただきます!
インドネシアでの転職なら
就職以外の事情にも詳しいIJTerminalにお任せください!

Sampai jumpa! サンパイジュンパ!(ではまた!)

 

 

Takuya Kato

PT.IJ Terminal (株式会社アイジェイターミナル)
ウェブサイト : http://www.ijterminal.com
Eメール : katou@ijterminal.com
電話: (+62)21-87784207 / 29840422
※ご質問の際には『W.W.Jを見ました』とご明記ください。

The following two tabs change content below.
Takuya
1988年横浜生まれ。現在インドネシア、ジャカルタ在住。 『日本の技術力で新興国の雇用とスキルを底上げしたい』という思いから、インドネシアでの起業を目標に渡航し、IJ Terminalを設立。 Facebookの申請はいつでもどうぞ! https://www.facebook.com/takuya.kato.1988