Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!)
インドネシア、ジャカルタのタクヤです。
ジャカルタは長い乾季を終え、ついに雨季に入りました。
今回はインドネシアの気候とその影響、対策についてご紹介します!

 

 

SPONSORED LINK

 

インドネシアは四季ならぬ二季の国!


日本のような四季のある国は数少ないことは誰もがご存知かと思います。
インドネシアは気候で言えば常に夏なのですが、
その中でも季節をさらに二つに分けることができます。
上にも書いた乾季雨季です。

大体ですが、5~10月が乾季、11~4月が雨季にあたります。
今がどっちの季節なのかで生活も行動も全く変わるのが
インドネシアの面白いところでもあります。

それぞれ乾季と雨季ではどれくらい生活が変わるのでしょうか?さっそく違いを見てみましょう!

 

 

 

乾季の場合


インドネシア

乾季は雨が降らず、平均気温が28~32度、湿度が60%前後と非常に暑いため、
日中の外出は体力が奪われます。

仕事以外の用事がある場合は夕方からの行動が涼しくていいでしょう。
またほこりの量が尋常ではないため、車での移動以外はマスクの着用がオススメです!

また水道水は地下水をくみ上げて使うため、あまりにも雨が降らないと干ばつが起こるようです。
実際に今年は例年より雨が降らず、その影響で水道が止まってしまった地域もありました。
ある方は家の地下水をくみ上げる施設をさらに深く掘るためにウン十万円もかかると嘆いてました。

上記のような悪いこともありますが、基本的には乾季は喜ばれます。
旅行や仕事において、晴れていて困ることはありませんからね!

 

 

雨季の場合


インドネシア
雨季には毎日のように雨が降ります。時間帯が決まっているため、それを避けることも可能です。
時間帯はだいたい午後以降が多く、スコールのように一気に降ってすぐに止む雨が多いです。

そのため、大事な用事や仕事は午前中から午後イチに集中させ、
夕方は臨機応変に対応できるようにした方がいいでしょう。
傘を差しても跳ね返る雨でずぶ濡れになる程で、傘はあまり意味がありません。
それよりも雨宿りができる時間の余裕を持ちましょう。

ちなみに雨季は、平均気温は25度前後。
乾季より涼しいとはいえ、湿度が一気に上がるので不快指数MAXです。笑

また、1月~2月にかけては大量の雨が降るため、ジャカルタの中心部でも洪水が発生することがあります。
この水は下水が混じっている場合も多く、様々な病気のもとになるため、衛生面でも注意が必要です。

さらに雨の日にはネットが繋がりにくくなったり、電話線に繋いだWi-Fiが雷でショートすることもあるらしく、
近くで雷が鳴った時には電化製品のコンセントを抜く人もいます。

 

 

さて、ここまで書くと雨季は最悪だと思うかもしれませんが、
デメリットばかりではなくメリットもありますよ!

 

 

雨季の方が嬉しいこと


インドネシア

インドネシア人の友達曰く、雨季は果物が美味しい時期だそうです。
涼しい気温の中で果物を食べながらのんびり過ごすのも最高の贅沢ですね!

また仕事面ではお客様が自分の会社にいることが多いため、
電話が繋がりやすかったり訪問のアポが取りやすかったりします

何事もデメリットだけでなくそれをどう活かすかを考えなければいけませんね。

 

 

いかがでしたでしょうか。
今回はインドネシアの雨季と乾季についてご紹介しました。
こういった知識を持ってより良いインドネシアライフを送りましょう!
インドネシアでの転職なら就職以外の文化や風土にも詳しいIJTerminalにご相談ください!

Sampai jumpa! サンパイジュンパ!(ではまた!)

 

Takuya Kato

PT.IJ Terminal (株式会社アイジェイターミナル)
ウェブサイト : http://www.ijterminal.com
Eメール : katou@ijterminal.com
電話: (+62)21-87784207 / 29840422
※ご質問の際には『W.W.Jを見ました』とご明記ください。

 

 

 

【この記事の関連】

・私が移住した国「インドネシア」はどんな国? 前編

・私が移住した国「インドネシア」はどんな国? 後編

・世界経済が注目するジャカルタの課題とは? 前編

・世界経済が注目するジャカルタの課題とは? 後編

・インドネシアの仕事について   ~インドネシアと日本の仕事に関する5つの違い~

・知ってるだけで損をしない!ジャカルタの3つの情報

 

The following two tabs change content below.
Takuya
1988年横浜生まれ。現在インドネシア、ジャカルタ在住。 『日本の技術力で新興国の雇用とスキルを底上げしたい』という思いから、インドネシアでの起業を目標に渡航し、IJ Terminalを設立。 Facebookの申請はいつでもどうぞ! https://www.facebook.com/takuya.kato.1988