Hello :)

 

カナダ バンクーバーよりHitomiです

 

 

今週はテーマ記事 「海外で住む・働くことへの責任」

 

 

テロが起こり、海外に住む邦人に対してしばしば「自己責任」という言葉が投げられるわけですが、私達は自身の安全について日常的にどう考えどう対処しているかをお話ししたいと思います。

 

 

SPONSORED LINK

 

 

と色々考えてみたのですが、特にこれといって対処していることもないのが正直なところ。

 

他の国はわかりませんが、バンクーバーは日本ほどはいかないまでも治安がかなり良い方で、なにか日本にいた時と違う工夫をしているとか対処をしているとかは特にありません。もちろんレストランとかで手荷物を置いたままトイレに席を立ったりとかはしないですけど。

 

殺人事件、発砲事件、薬物関連もあるけれどそれは日本でも一緒だし、他の国から移住して来ている人もみんな “バンクーバーは安全” と口を揃えて言います。ただ、やや平和ボケしている日本人は少し気を引き締めないと、スリや詐欺に遭う頻度は確実に上がります。

 

 

正直テロに関してはもう、いつどこにいても起こる時には起きてしまうのが現実だと思っています。日本でだって起こらない保証はありません。

 

自身の安全は、たとえ海外に住んでいても日本に住んでいても、どこにいても「自己責任」です。

 

 

 

 

バンクーバーに住み始めて改めて思ったのは、日本の事。海外で一人で住んでいる自分の安全よりも、日本にいる家族の安全の方がよっぽど心配になります。

 

カナダは地震がほとんどありません。年に1回から数回、わかるかわからないかくらいの小さいのが来る程度。台風や大雨もそこまで深刻なものは今のところありません。一方で日本はいつ大地震が来てもおかしくない状態。火山活動も活発になり、異常気象の大雨・洪水ももはや毎年のように日本のどこかで起きています。

1

(GAHAG フリー画像素材 KimonBerlin より引用)

 

 

 

 

 

日本にいる親友や家族の身に何かあってもすぐに駆けつける事はできない。

そっちの方が筆者にとってよっぽど覚悟のいる事で、よく考えなくてはいけないことのように思えます。

これから海外に出ようと思っている人はぜひ一度考えてみてください。

 

 

 

 

 

余談ですが。。。

ブラジル サンパウロ出身の友達はブラジルは本当に危ないと言っていました。「夜は赤信号になっても従っちゃいけない。止まったら銃を持った人たちに囲まれて全て盗られるからとにかく走り続けないといけない。」「電車やバスの中でスマホやカメラをいじろうもんならすぐに盗られるから絶対に出しちゃいけない。」

メキシコ出身の友達も「メキシコシティで夜一人でタクシー乗っちゃだめ。どっか連れていかれてレイプされるか殺されるかどっちかだから。」

なんて言っていました。

 

 

 

 

それと比較したら日本やカナダは格段に治安がいいと言えるでしょう笑

 

 

 

 

 

Hitomi

The following two tabs change content below.
Hitomi

Hitomi

カナダのバンクーバー在住Hitomiです。日本から出て生活してみたいという一心で2014年に社会人を辞めバンクーバーへ。語学勉強そして就職。日本での経験と知識が評価され現在は動物看護師兼トリマーとして動物病院に勤務。視野も広がり価値観や考え方も日々進化中!体重も増加中!!