Merry Christmas!!いよいよ2015年、今年も残すところあと数日となりました。今年は皆さんにとってどんな年だったでしょうか。WWJでは今回世界中のライターがクリスマスの総力取材を行いました。東南アジア、北米、アフリカまで、世界ではどんなクリスマスの催しが行われているのか、徹底取材してきました!

SPONSORED LINK

今日はクリスマスイブ!日本では沢山のクリスマスイベントが開催されていることと思います。特に都内のお台場などデートスポットを中心に、毎年きらびやかな夜景が演出されていますよね。

WWJのライターは世界各国の在住国でクリスマスを迎えます。今回は北米、東南アジア、アフリカなどを中心に各国でどんなクリスマスイベントが行われているのか、また世界のクリスマスシーズンの過ごし方などを、現地在住ならではのリアルな言葉で発信しています。

日常生活ではまず知ることのできない地域のクリスマスを知ることができる記事もあるので、非常に興味深い内容です。また今回は日本であまり知られていない国で生活するWWJライターの記事も揃いました。クリスマスの待ち合わせ時間などのちょっとした空き時間で世界のクリスマスを日本語で覗いてみませんか?

 

 

フィリピン・東南アジア

【フィリピンのクリスマスは世界で一番長い?】

 

4fb7156e433cc1072bb23b3c8c180a92

世界各国でクリスマスのイベントが開催されています!今回は筆者在住のフィリピンのクリスマスを紹介します。実は現地のクリスマスは「世界で一番長い」と揶揄されることも・・その理由は?【Taku】

旅行業に従事する中で観光地やホテルなど様々なクリスマスイベントに出席する機会のある筆者が、セブとマニラのクリスマスについて紹介しています。

 

モザンビーク・アフリカ大陸

【ポルトガル語でクリスマスはNATAL(ナタル)といいます】

 

RIMG0193-002-860x240

ボンディーア!おはようございます。最近周りのモザンビーク人と話しているとこの「ナタル」がよく出てきますが、クリスマスというイメージとなかなか結びつかずに苦労します。今回はそんなモザンビークから、モザンビークのクリスマスについて記事にしたいと思います。【Tatsunori】

日本在住ならまず知ることのできない「モザンビークのクリスマス」。「アフリカにいることを疑ってしまう」との筆者の言葉の通り、気候と雰囲気のアンマッチが起こっているようですが・・・?

 

カナダ・北米

【バンクーバーのクリスマス】

3-1-860x280 (1) 2

 

Helloカナダ バンクーバーよりHitomiです。今週はクリスマス特集ということでバンクーバーのクリスマスについて紹介したいと思います。カナダは多国籍国家なので様々な宗教の人がいますが、とにかくクリスマスは1年で1番大きなイベント・ホリデー!家の中、外、街中どこでもクリスマスのデコレーションだらけです。12月限定でイルミネーションやクリスマスマーケットもオープンします。【Hitomi】

ジャズバンドの様子も紹介されているこの記事。バンクーバーでは氷点下まで冷え込むクリスマス、日本とはどういった点が異なっているのでしょうか。今回のまとめ記事では最も海外らしい雰囲気を感じる記事かもしれません。

 

カンボジア・東南アジア

【カンボジアのクリスマスは日本と一緒!イルミネーションはきれいだよ】

FullSizeRender-40-copy-860x240

 

スオスダイ!まっさんです。今週のテーマ、クリスマスなんですが。カンボジアは仏教国ですし国をあげてなにもイベントしませんのでたいしたことありません!以上!!【Hideaki】

以上!なんて言ってしまうのがWWJ人気ライターHideakiの良いところ、もちろんカンボジアのクリスマスのことは紹介してくれています。題名の通り「日本と一緒」というカンボジアクリスマス。しかしお正月にも別のイベントがあるそうですよ。

 

ガーナ・アフリカ

【ガーナのホワイトならぬグレークリスマス!】

20375ced40379f1e8ea26f8e6c287f041-860x180

Memawoakye!!(メマヲマーチ!!)西アフリカのガーナ共和国からおはようございます!一週間ほど前から急にぼやぼやした天気が続くようになりました、青年海外協力隊の小林愛鐘です。晴れているのにぼや〜、太陽も肉眼で見ることができる。どうやらハマターンというやつが来たようです。【Akane】

まさに、現地ガーナにいるからこそ書ける内容のこの記事、既にアクセス数も非常に伸びている人気記事です。何やらガーナの筆者在住地では「グレークリスマス」というクリスマスとはイメージが違うものが見られるようですが、それもこれも、現地の土地柄が影響しているようで・・!

 

オーストラリア・オセアニア

【シドニー発!夏のクリスマス(>0<)/】

 
20151221_124806-e1450872479567

 

初めまして。最近、ちょっと真面目に中国語を勉強をしているひじさんです。今のシーズン、どこもかしこもクリスマスで盛り上がっていますね~。クリスマスと言えば冬!雪の中のクリスマスは味があって素敵ですよね。でもオーストラリアは今、夏なんです!そんな夏のクリスマスをシドニーからお届けします。【Kenichi】

新ライターの初記事がいきなりクリスマス!シドニーの大きなクリスマスのイベントや、筆者が実際に訪れたイベント等、シドニーのクリスマスを肌で感じることができる内容。南半球はクリスマスが夏なので、日本とはかなり違った雰囲気でこのシーズンを過ごすようですよ。

 

ケニア・アフリカ

【帰省ラッシュで街は静かに。ケニアでのクリスマスの過ごし方。】

IMG_6405-860x280

もうすぐクリスマスですね。日本では豪華なツリーやイルミネーションが続々登場していますね。一方、著者が滞在しているケニアでのクリスマスは少し様子が違います。突然ケニア人の友人自宅にイエス・キリストの絵が壁に増えてきます。今回はそんな少し変わった(?)ケニアのクリスマス事情についてご紹介します。【Hiroshi】

ケニアはキリスト教徒が約7割の国だということをご存知でしょうか。「アフリカxクリスマス」というイメージがつきにくい方も多いと思いますが、実際は?クリスマス前後の交通事情などにも触れている、少し勉強にもなる記事。

 

インドネシア・東南アジア

【多様性の中のインドネシアX’MAS ~イスラム教はどう過ごす?~】

1-Central_Park_Mall_Wujudkan_Pertunjukkan_Laser_Show_di_Pohon_Natal_Raksasa-003-860x238

Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!)インドネシア、ジャカルタで人材紹介業を営むタクヤです。今日はW.W.J特集記事【各国のクリスマス】です!インドネシアは最大のイスラム教国。ムスリムの人たちがどのようにクリスマスを過ごすのかをうちの社員のイマン君に教えてもらいました!【Takuya】

イスラム教国として知られているインドネシアは、ライターTakuが住む隣のフィリピンとはかなり様子が違うようです。意外と大規模なクリスマスツリーがあるなど、宗教の垣根を超えてクリスマスを祝う街の様子や休日の仕組みなどについても紹介しています。

世界のクリスマスは日本とは異なり、宗教上大事な日であったり、家族や仲間と共有する時間でもあったり、はたまたあまり重要視されてもいない国もあるようです。日本では何となくデートする日、ロマンチックな日というイメージがあると思いますが、ところ変われば同じクリスマスも扱いがかなり異なるようですね。WWJでは海外で働く20代ビジネスマンがデイリーで海外のリアルな情報を発信しています。来年は世界の新年のお祝いなどもご紹介していきますので、お楽しみに!

【WWJ運営チーム】

The following two tabs change content below.
W.W.J Project

W.W.J Project

W.W.J Projectの運営チームです。「日本人の活動領域を世界へ」をキーワードに20代で海外で活動する日本人がチームを組んで様々なプロジェクトを行っています。本サイト「W.W.J.world」では、ライターxライターの記事や、面白い海外求人情報なども発信していきます。