ニュージーランドといえば映画「ロードオブザリング」「ホビット」が撮影された国として有名です。監督のピータージャクソンはニュージーランド出身なので、この国の壮大な自然と土地でこれらの物語を映画化できないかどうか考案していたと言われてます。

SPONSORED LINK

そして2001年、ついに再現不可能といわれたこの壮大な物語を実写化することに成功したのです。

そして現在、その物語に出てくる部族の一つである「ホビット族」のシーンが撮影されたロケ地が観光名所として蘇りました。今回はニュージーランドで注目の「ホビット村」についての情報まとめです!

ホビット族って一体?

ホビット族とは指輪物語とホビットに出てくる重要なキャラクター達であり、身長わずか60〜120㎝しかない人々のことです。食べることとお酒を飲むことが大好きでたいていは太っています。

物語内ではホビット庄(シャイア)と呼ばれる地域に住んでおり、その外へ出ることを好まず平和に暮らしています。物語の中心人物であるフロドやサム、ピピン、ビルボ達はこのホビット庄の外で冒険をするのです。

ホビット村の情報まとめ

さて、それではニュージーランドにあるホビット村への行き方などをまとめていきます。

基本的に各街からツアーは出発しているようなので、希望に合わせた場所でのピックアップで予約をすると良いでしょう。そもそもツアーは一体どこから予約すれば良いんでしょうか?

一番安く行けるツアー

いろいろ検索したところ、どうやらホビット村が主催している正規ツアーへ直接申し込むのが一番安いです。

僕たちが参加したツアーはロトルアからの往復送迎付きで114ドルで、日本円だと約9,300円くらいでした。ただ、こちらのツアーはツアーガイドがネイティブスピーカーになるので、ある程度英語ができる人がガイドさんの話はわからなくても安く行きたい!という人達用のツアーだと思います。

ホビット村ツアーのページはコチラから。

ツアーページから予約を完了するとバウチャーが送られてくるので、pdfで保存しておくか印刷しておきましょう。僕が参加した時は、あらかじめ印刷しておきました。

その他のツアー

一応、比較ついでに日本語でも検索してみました!

JTBさんのツアー:265ドル(約22,000円)

HISさんのツアー: 310ドル(約25,000円)

日本のツアーで予約すると値段が高くつきますね。オークランド出発なので往復送迎代金が結構かかるとみています。時間のある人はロトルアまで降りてきて、そこから参加するのが一番良い選択だと思います。

「ホビット村ツアー」ってどんなツアー?

ここからはツアーの中身を紹介していきます。

ホビット村からの管理所・休憩所からスタートしていくツアーは約1時間半程度であり、各ロケ地を満遍なく回っていくツアーになります。現地のガイドさんの話を聞きながらグループとして進んでいきますので、しっかりついて行きましょう。

ロトルア出発のゲストは専用の「ホビットバス」がお迎えにきます(今名付けました)。

ホビットバス

このグリーンのバスが目印なので、乗り遅れないように!ニュージーランドでバスなどの時間が遅れるのは当たり前のような感覚ですが、たまに恐ろしく正確な時があるので、常に余裕を持って行動することを心がけてください。

ホビホール

ツアーが始まると撮影に使われたホビホール(ホビット族の住居)を回って行きます。様々な小道具がすごくリアルなのに驚きを隠せません!

小道具

色様々なホビホールがあるので、とても興味深いですね。

また各家には職業を表すような小道具類が置かれているので、そのホビットの生活を思い浮かべながらツアーに参加すれば、もっと楽しいことまちがいない!できればすべての作品はみておきましょう。。。

ホビホール2

きっとこの家は農家か何かですね!!

そこから進んでいくと、「あの」シーンが撮影された場所に到着するんです。そう、ビルボとガンダルフが会ったシーン。ホビット1作目「Unexpected Journey」の始めのシーンである、ビルボの家ですね。もちろんロードオブザリングにもしっかり出てく場所なので、絶対に写真は撮っておきましょう!

ビルボの家

さらに進むと玉流館に着きます。英語では「The Green Dragon」です。

The Green Dragon1

さらに近づいていきます。

The Green Dragon

ここはロードオブザリングでも重要なシーンが描かれたパブです。映画と同様に中もレストラン仕様となっていて、ドリンクやスナックを楽しむことができますよ!

The Green Dragon3

ツアー代金に1ドリンクが含まれているので、ここで黒ビール、ジンジャービール、アップルサイダーの3つから選ぶことができます。僕は黒ビールを選びましたがとても美味しかったです!ビールがあまり得意ではない人はアップルサイダーが良いかもしれませんね。

一通り回ったら、休憩所まで一旦戻り、約20分ほど土産を購入できる時間があります。ここでしか手に入らないグッズなどが売られているので、ホビットファンにとっては超嬉しい場所です!

時間がきたらバスに乗り込み、出発した場所まで送ってくれます。こうして楽しかったホビットツアーは終了です。

まとめ

ホビット村見学ツアーは午前と午後の2パターンしかありません。また定員もあるため、ツアーへの参加が決まったらできるだけ早く申し込んでおくのが良いと思います。特に夏のシーズンは国内外からの観光客が多く混雑が予想されるので。。。

あとツアーに実際に参加して知ったのですが、ロトルア出発オークランド送迎も可能みたいです。中国人の旅行客がそういう様に日程を組んでいましたので。参考になれば。

日本で申し込むと意外と値段の高いホビットツアーですが、現地のツアーに申し込むことで費用をかなり抑えることができます。これはこのツアーに申し込むしかありません!ニュージーランドへ来た際は、是非ともホビット村へ訪れてみてはいかがですか?

以上、ホビット村の情報でした!

明日もみなさんにとって、素敵な旅の始まりでありますように^ ^

TOMOHIRO

The following two tabs change content below.
Theoretical編集部
元フィリピンで働いていた人。海外が大好きで国を転々としている。ニュージーランドで大学を卒業した後は日本に落ち着いている現状。W.W.J PROJECTを考えた人・Takuto Kurataとは元同僚で友人。ブログ「Theoretical」を執筆中。