Memawoakye!!(メマヲマーチ!!)

西アフリカのガーナ共和国からおはようございます!!

先週一週間は首都アクラに滞在していました。

トロトロ(乗り合いバス)に乗って移動していた時に、隣に乗り込んできた小綺麗なスーツの男性が何かもぐもぐし始めました。

午後3時くらいだしおやつかな、ビスケット?それともチョコレート?

ふと隣を見たら、さとうきびを細かくしたものを吸っていました。

予想斜め上を行かれた感、、、青年海外協力隊の小林愛鐘です。

SPONSORED LINK

 

先日のこと。

首都アクラでいつも通り、トロトロに乗ろうとバックパックを持ち替えた瞬間、勢い余って側溝に落としてしまいました。

ここで言っておきたいのは、この側溝

とっても汚いです。

 

ショックだなーと思う間もなく間髪入れず、その場に居合わせたガーナ人みんなに

「Sorry, Sorry」

と言われる私。

 

そう、これが愛すべきガーナのSorry文化!

この場合のSorryは「ごめんね」のSorryじゃなくて、「気の毒だ、可哀想だ」という意味のSorryなんです。

 

ガーナの人々はあらゆる場面で、このSorryを使います。

ひっかかってつまづいた時

病気で寝込んだ時

持ち物が壊れてしまった時

 

例えば相手が知らない人でも、瞬時にこのSorryが飛び交います。

そしてこのSorry、魔法の言葉なんです。言われるとすごく気持ちが軽くなります。

 

ついてないな~最悪だな~

という気持ちが不思議と

まあいっか!ちょうど洗濯したかったし、洗えばすぐ綺麗になるもんね!

となんだか明るい気持ちになります。

 

ちなみにこの時は、トロトロで目的地に着いた時に、「これで水を買って洗いなさい」とメイツ(トロトロの料金収集係)が払ったばかりのお金からコインをいくつか渡してくれました。

 

みんな、なんて優しいんだろう。

こんな日もありだな、と思わせてくれる出来事でした。

 

IMG_4795

The following two tabs change content below.
Akane Kobayashi

Akane Kobayashi

大学を卒業後、2015年9月末から、27年度2次隊として西アフリカのガーナ共和国に赴任。職種は何でも屋さんのコミュニティ開発。専門性がないことを専門にしたい。幸せを感じるのは、会いたい人に会って行きたい場所に行くこと。ビールも日本酒も大好き。