Selamat Siang! スラマッシアン!(こんにちは!)
インドネシアで人材紹介業を営むタクヤです。
男女関係に厳しいインドネシアでも若者の間ではバレンタインデーは盛んなようです。

しかし日本とは全く違うご様子で・・・。

SPONSORED LINK

日本とは違うインドネシアのバレンタイン


 

インドネシアはイベントごとが大好きで、バレンタインデーももちろん人気です。

事の始まりは僕(以下、タ)うちの女性社員(以下、社)との雑談でした。

タ)そういえばインドネシアにもバレンタインデーってあるの?

社)ありますよ~。

タ)じゃあ〇〇さんは彼氏にどんなものあげるの?

社)え、私はあげませんよ?彼氏がくれるんです。

この瞬間は衝撃が走りました。笑
詳しく話を聞いてみると、こちらでは必ずしも女性からあげるわけではなく、
むしろ最近は男性からあげる場合の方が多いとのこと。
チョコをもらえるかどうかソワソワしていた甘酸っぱい子供時代はこちらではないんですね。
そしてさらによく聞くと、インドネシアにはバレンタインデーはあってもホワイトデーはないそうです。
なるほど、男性用の日、女性用の日で分かれていないぶん、
バレンタインデーに男からあげるという発想も生まれるんですね。
色々な国の友達に話を聞きますが、女性から男性にというのは世界でも珍しいとのこと。
まさか日本がイレギュラーだったとは、オジサン目から鱗ですよ・・・笑

しかし、ここインドネシアでは単に面白いイベントだけでは終わらないみたいです。

バレンタインデー反対!


 

インドネシアではどうやらバレンタイン反対運動も起きているとのこと。
その理由は不純異性交遊(言い方が古いですかね?笑)を助長しかねないという見解です。

インドネシアはムスリム率が約90%というのは以前お伝えしましたが、
イスラム教は不純異性交遊を許可しません。
それゆえに彼氏彼女という関係の線引きは難しいようです。
例えばアチェ(ジャワ島の北にある島の地域)では
バレンタイン用のプレゼントを販売することが禁止になっているそうです。
インドネシア

その原因はバレンタインのプレゼントの代表格であるチョコレートですが、
それにコンドームをつけて売っているとのことで(もちろん全てではありませんよ)
日本と同じジョークグッズ的な要素なのか、
はたまた本気なのかはその人次第といったところでしょうか。

また、ネットでいろいろ調べてみると、
『僕はムスリムです。バレンタインデーには参加しません。』と意思表示をする人や、
逆に『バレンタインデーで自由な恋愛を!』と発している人など
実に様々な意見が溢れています。

そもそもイスラム圏では
『バレンタインデーはキリスト教の風習であり、他宗教のお祝いを禁じる』というものがあります。
しかし、インドネシアではイスラム教が大多数を占めるとはいえ、
様々な宗教が入り混じっているため、それを許可しているという特殊な環境です。

こういった様々な意見や対立を内包しながらもお互いを許容しあうのが
ある意味インドネシアらしくもあり、
そういった背景から特殊なバレンタイン文化が生まれているのかもしれませんね。

 

以上、バレンタインデーには全く関係のないタクヤがお送りしました!笑

インドネシアでの転職なら就職以外の文化にも詳しいIJTerminalにお任せください!

Sampai jumpa! サンパイジュンパ!(ではまた!)

 

Takuya Kato

PT.IJ Terminal (株式会社アイジェイターミナル)
ウェブサイト : http://www.ijterminal.com/
Eメール : katou@ijterminal.com
電話: (+62)21-87784207 / 29840422
※ご質問の際には『W.W.Jを見ました』とご明記ください。

 

 

【関連記事~インドネシアの現状~】

私が移住した国「インドネシア」はどんな国? 前編

世界経済が注目するジャカルタの課題とは? 前編

世界一に選ばれたインドネシア料理とインターネットの関係

フォード撤退から見えるインドネシアの自動車業界事情

The following two tabs change content below.
Takuya
1988年横浜生まれ。現在インドネシア、ジャカルタ在住。 『日本の技術力で新興国の雇用とスキルを底上げしたい』という思いから、インドネシアでの起業を目標に渡航し、IJ Terminalを設立。 Facebookの申請はいつでもどうぞ! https://www.facebook.com/takuya.kato.1988