ドキドキのアフリカ生活!

最初は不安と緊張から色々と用心したものです。
見るもの全てが新鮮で、毎日が驚きの連続でした。

ただ1年もどうしても慣れてくるもので、
早朝にロバのマヌケな鳴き声で目が醒めるのもいつもの事。

Tシャツ&ジーンズのラフな格好で、
街中を闊歩するようになります。

ケニアに来てちょうど1年目、
そんな著者に襲いかかった突然の出来事をご紹介します。

SPONSORED LINK


知ってました?意外と簡単に骨は折れるんですよ!

ケニアに来てちょうど1年経った頃。
著者に襲いかかった悲劇。

左肘骨折!!

それはもう見事に折れました(笑)
簡単にポキっとね。

IMG_5461

激しく転んで、手をついたその瞬間。
つき方が悪かったのか、縦に亀裂がピシっと。

折れた初日は全く折れた気はしなくて、
ただの打撲かなと思って1日過ごしていました。

しかし次の朝起きても痛みが治まらなかったので、
そのまま首都にあるナイロビ病院へと駆け込みました。

レントゲンを撮ると先生がはっきりと、
「折れてますね。」

レントゲン写真を見た僕も、
「確かに折れてますね。」

IMG_6404

その日から左肘を固定された日々を過ごしました。


突然の包帯姿に任地の人たちは大爆笑!

突然僕が包帯なんか巻いてくるものだから、
任地の人々はそれはもう興味深々です。

子どもが触ろうとするのを制止するので、
1日が終わろうかという勢いです。

骨が折れたからって仕事を休む訳にはいきません。

IMG_6326

ケニアに来て1年経ったころは、
それはもう予定がびっしり埋まっていました。

狭いマタツ(ミニバス)に押し込められて、
左肘を庇いながら各地へ移動。

さすがに見た目が病人なので、
ケニアの人々もとても親切にしてくれました。

おかげでケニアの人々の優しさに触れる、
とってもいい機会でもありました。


全ては一瞬の気の緩み!アフリカでの通院生活は大変!

包帯を変えるために2週間に1度は、
狭いマタツに4時間揺られて首都ケニアに上京します。

IMG_5351

それでなくても治安の悪いナイロビ。
どう考えても片手しか使えないであろう日本人。

格好の的ではありませんか!!

基本的には行動は全てタクシー移動。
1人でなかなか買い物にも行けません。

ナイロビ病院では一般的なフロアではなく、
個人の開業医が入っている建物に通います。

一応JICA公認のお医者さんリストがあり、
そこを訪ねていくのです。

著者の主治医はインド人の先生でした。
お金はもちろん実費です。

ちょっと診察しただけで、
3000~5000円とかなりの出費となります。

地方のヤブ医者に頼む訳にはいかないので、
これくらいのことは仕方ないですね。

結局この様な生活を2ヶ月も続けることとなりました。


最初はほんの一瞬の気の緩みから始まりました。

アフリカ生活を始めて1年経ったころは、
生活も慣れて、仕事も順調に行き始めるので、
どうしても些細なことに目が向かなくなります。

著者の場合は怪我でしたが、
アフリカではやはりスリや強盗なんかに遭う場合もあります。

どんな時も気を緩めず、
暮らさなければいけないという良い教訓となりました。

ちなみに腕はケニアの伝統布カンガを使って、
ちょっとオシャレにぶら下げてこともありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ケニアスタイルですね。  

後日談ですが、結局ケニアでの治療は上手くいかず、
日本へ緊急帰国となったのは今では笑い話です。


39d7d91a126e35e9bed559645129c26a

原文元:アフリカでの通院生活は辛い!?骨折から学んだケニアの病院事情とケニア人の優しさ。| アフリカWebメディア『Africa Quest.com

The following two tabs change content below.
Hiroshi Yokoyama
87世代のうどん県民。アフリカWebメディア『Africa Quest.com』編集長。2013年に青年海外協力隊としてケニアに渡航。在任中にケニアでモノ作りの会社を立ち上げる。現在は開発コンサルで働きながら、Webメディアの運営、国際アドボカシー団体FAVLIC設立会長、任意NPO SignPost共同代表を務める。