スオスダイ!

まっさんです!

 

 

最近旅行してる人と話すときにいう言葉。
よく「カンボジア(シェムリアップ)って日本人でこっちいる方多いんですねー」

といってくるんです。そのときこう答えるんですよ

「そうですかー。シェムリアップって500人くらい「しか」日本人いないですけどねー」

SPONSORED LINK

-shared-img-thumb-paku_kasdjkasd_TP_V

 

在留届を出しているシェムリアップ在住日本人限定で最近の統計で500人くらいいると聞いたのですが、ぼくがあえて「しか」っていうのは実は海外に住んでいる人ってたくさんいるからなんです。
たとえばタイのバンコクは3万人いるって聞くし、在ニューヨーク総領事館の調べでは2006年ニューヨーク州在住者は9万人を超えています。
それを考えるとシェムリアップは街が小さいから人が多く見えるだけで数では全然たいしたことありません。


このツイートにもあるように珍しい存在ではまったくないんです。
ぼくがよく「ならこっちで(カンボジアはじめ海外で)住めばいいじゃん」ていうのはそうやって挑発してるわけではなく
本当に難しいことではないんです。ハードルは下がりつつあります、いやすでに十分下がっています。

みんながやっているから、というのは変ですが、もし海外で住んでみたいけどどうかなって不安があれば案外多くの人が海外に住んでるんだな、と考えればあとは覚悟というか気持ちの問題ですよ。

以上、まっさんからでした!

The following two tabs change content below.
Hideaki Matsumoto
海外旅しながらフリーライターや雑貨の仕入れ、旅の相談案内などやってます。カンボジア、タイ、日本の3箇所が拠点。今の現在地はカンボジア、シェムリアップです。ベトナム現地旅行会社勤務→カンボジアへ異動→クビになる→フリー、ブロガー。旅行、東南アジアの質問、仕事依頼お気軽に!