Memawoakye!!(メマヲマーチ!!)

西アフリカのガーナ共和国よりおはようございます。

 

昨日任地から2時間のビーチに遊びに行こうとしていた時のこと。

いつも以上に道を歩いている人が多い。

 

何やら主要道路以外の道で、トロトロ(乗り合いバス)やタクシーの交通が止められているらしい。

というのも、ガーナでは毎月第一土曜日はNational Sanitation Dayなんです。

つまり朝みんなで外に出て道に落ちているゴミを拾おう!綺麗にしようね!という日。

だけどあまりその成果が表れていないからか、4月に入ったタイミングで政府が強行策に踏み出したようです。

 

SPONSORED LINK

 

公共交通機関を止めてやろう!

そしたらみんな移動できないし、家に留まって掃除するだろう!

 

・・・ガーナ政府よ、マハマさんよ(大統領)、ちょっと安直すぎないか、、、

もちろんそんなことで掃除をする人が増える様子もなく、

おかげさまで、ふくよかなガーナマダムが、筋肉隆々のガーナ男性が、足の悪いおばあちゃんが、みんな仲良く歩いている。

これじゃ、National Exercise Dayじゃないかよー!!!!!

と思いっきり突っ込んだところで、ホスピタリティの塊、ガーナ人ご近所さんが「俺がなんとかしてやる!」と私のために幹線道路に出る車を探してくれる。

「これに乗っていきなさい!」

ありがとう!!!!!

 

・・・ってこれambulanceって書いてある!!!!!

救急車じゃんかーい!!!!!

 

人生で初めて、しかもガーナで、救急車デビューを果たしました、小林です。(助手席だけど!)

 

まあそんなこんなですが、ガーナ政府がSanitationに躍起になっているのはよく分かるんです。

 

IMG_5650

 

ガーナではどこに行っても道ばたに大量のゴミが落ちています。

実はこのゴミによって昨年6月には大惨事も。

首都アクラにて、集中豪雨により洪水が起きてガソリンスタンドに逃げ込んだ約150人が爆発事故によって亡くなったんです。

ポイ捨てされたゴミが排水溝をせき止めたことも、洪水の一因となったようです。

爆発の原因については明記されていなかったと思いますが、ゴミによって引火して、、ということもなくはないでしょう。

これはもう、どうにかしなくてはならないのです。

 

私の任地では、昨年赴任した当初はゴミの回収システムが機能しておらず、各家庭で燃やして処理をしている状況(ダイオキシン・・・)でしたが、最近ではゴミ箱が設置され回収業者が来てくれるようになりました。

 

しかし施設があるわけでもなく、恐らくどこかにまとめているだけであると思われます。

 

任地でプラスチックリサイクルのシステムを確立させよう!と今動き始めたところですが、まずリサイクルのための機械を持っている企業が数える程度しかない。しかもほぼ首都アクラだけ。

 

一方ゴミとして捨てられてしまうだけだったものの特性を活かし、商品価値を生み出す「アップサイクル」の取り組みは少しずつ始まっています。

ケープコーストにお店があるNGO、「Baobab Children Foundation」は飲料水の袋を使って商品を包んだり

 

IMG_5238

 

バッグやポーチを作っています。

 

IMG_5234

 

IMG_5231

 

アクラの会社「Trashy Bags.org」では

折りたたみもできる飲料水袋のバッグ(防水・とっても丈夫・保温保冷効果あり)や

 

IMG_5854

 

使い終わった企業広告を

 

IMG_5288

 

洗ってジョキジョキ切って縫い合わせるだけ!で

こーんな素敵な商品にしています。

 

IMG_5269

 

かなり高品質。

 

私も任地でまずはプラスチック回収システムを確立させたいと思っています。

粘り強い教育や啓発活動が必要になるでしょう。

そして、リサイクルの機械を買うことを検討しつつも、アップサイクルをやってみたい!(ゴミが減って雇用を生み出せるので一石二鳥かなと。)

今はアップサイクル商品は外国人や高所得層をターゲットにしているように、見受けられます。やっぱり少し高い。

なんとかコストダウンして、平均的なガーナ人でも持ち運べるようになったら楽しいなあなんて考えています。

 

早速商品開発のためにミシンを購入しました。

 

IMG_5764

 

この中国製ミシンが一番ポピュラーに使われています。

手動でレバーを回す仕組み、電気が要らないんです。

これでいいものが作れたら、村の人たちも初期投資だけで電気代なしで仕事をすることができる!!いざ挑戦!!!

 

私は車を止めることはできないけど、人の「足」じゃなくて「心」を動かす仕組みを作って行こうと思います。

 

また来週—!

The following two tabs change content below.
Akane Kobayashi

Akane Kobayashi

大学を卒業後、2015年9月末から、27年度2次隊として西アフリカのガーナ共和国に赴任。職種は何でも屋さんのコミュニティ開発。専門性がないことを専門にしたい。幸せを感じるのは、会いたい人に会って行きたい場所に行くこと。ビールも日本酒も大好き。