旅行者なら誰しも憧れる夜行列車の旅!
日本では数少なくなった夜行列車も、ここケニアなら乗ることができます。

今回は著者がケニア在住中に何度も利用した、
首都ナイロビから港街モンバサにかけて走る夜行列車についてご紹介します。

SPONSORED LINK

ケニア国内を走る鉄道の状況とは!?

IMG_4388

東アフリカに位置するケニアでは、一応鉄道が走っています。

“一応”と書いたのは、
鉄道の利用のほとんどが貨物だからです。

著者たちの様な乗客が乗れる列車は、
首都ナイロビから港街モンバサまでのルートのみです(2015年時点)

昔は、西部の街キスムまでも人を乗せて走っていたそうですが、
著者はここ数年が人が乗れるという情報は聞いたことがありません。

ちなみに最近は、ナイロビーモンバサ間で高速鉄道を建設しています。
工事を受注したのは中国だったため、大きな話題となりました。

おかげでまた中国人が急増しています。

寝て起きても同じ場所!This is Kenyaな夜行列車。

IMG_1062

首都であるナイロビから発車する夜行列車は、
月・水・金の週3回です。

いずれも19時が出発時間です。

が、もちろん時間通りにはいきません!
1時間遅れは普通です。

下手すると寝て起きても外は同じ景色!
なんてことも(笑)

これもケニアの列車の旅の醍醐味です。

到着時刻は翌朝10時ですが、
出発が遅れているのだから時間通りには着きません。

モンバサまで行かないことだってあります。

えっ!っと思われるかも知れませんが、
Hapa ni Kenya(ここはケニア)です。

モンバサから数十km手前の駅で降ろされ、
そこからミニバス(マタツ)で向かった経験もあります。

乗っていれば着く!
なんて優雅な気分に浸っている場合じゃありません!

何が起こるかわからない、
それがケニアでの夜行列車の旅です。

IMG_1055

ちなみにモンバサからナイロビまでの便は、
火・木・土の週3回で19時発です。

ただ帰路は登りが続くため、
所要時間は少し長く翌朝11時の到着予定となっています。


39d7d91a126e35e9bed559645129c26a

◾︎実際に乗ってみたルポはこちらから
優雅じゃないけど、景色は最高!ドキドキの夜行列車に乗ってみたよ!

◾︎原文元:ケニアで全く優雅じゃない夜行列車に乗ってみた!~ナイロビからモンバサまでの旅の記録~Africa Quest.com

The following two tabs change content below.
Hiroshi Yokoyama
87世代のうどん県民。アフリカWebメディア『Africa Quest.com』編集長。2013年に青年海外協力隊としてケニアに渡航。在任中にケニアでモノ作りの会社を立ち上げる。現在は開発コンサルで働きながら、Webメディアの運営、国際アドボカシー団体FAVLIC設立会長、任意NPO SignPost共同代表を務める。

One thought on “ケニア国内を走る鉄道の状況についてお届けします!”

Comments are closed.