オランダといえば、自転車・チューリップ・風車がまず有名なものとして挙がって、牧歌的なイメージを持っている方も多いかと思います。しかしそんなイメージとは裏腹に、一年の半分くらい(体感ですが)は冬が続きます。

 

SPONSORED LINK

全般的にいうと、東京の気温を5度くらい下げたくらいが、オランダの年間の気温推移です。また、天気は不安定で、朝晴れていたのに昼ごろに急に雨が降り出したり、逆に朝は土砂降りだったのに、夕方には快晴!ということも。

緯度が樺太と同じくらいで、北半球でもかなり北寄りに位置するので、冬はとても日が長く、夏は逆に長い時間太陽の光をあびることができます。そして、春や秋の雰囲気を感じる期間はとても短いです。

かなりざっくりですが、四季の移り変わりはこんな感じ。

4月後半〜5月:春

6〜8月:夏

9〜10月:秋

11〜4月中旬:冬

 

寒い!暗い!風強い!

 

冬は最も雨の量が多い季節で、さらに偏西風の影響で風も強いです。そのため、気温だけ見ると大したことなくても、体感では思わず「寒っ!!」と口にしてしまう程です。

そして、日の出が9時過ぎくらいで、日の入りは16〜17時頃。そのため、オフィス仕事をしていると、暗いうちに通勤して帰宅する頃には既に外が暗くなっている、ということになって正直結構暗い気分になります…

そんな寂しい冬ですが、寒さが深まってくると「今年は運河凍るかな?」という話が周りでちらほら聞こえてきます。僕はこれまで3.5年程オランダにいますが、運河が凍ったのは初年度(2012年)末だけでした。(下の写真の人が歩いているところは全て氷が張った運河)

運河が凍ると、子供達がスケートや雪合戦をしていたり、なんとなく座ってる人がいたりとオランダ特有の景色を眺めることができ、これはこれで結構楽しいです。
IMG_0086

それ以外だと、クリスマスマーケットが広場やメイン通りにできたり、イルミネーションが街を彩ったりと冬ならではの楽しみもあります。

 

短い春と秋

 

時系列は前後しますが、冒頭の説明通り春と秋はとても短いです。そんな中でも、先日ご紹介したチューリップや紅葉が見られるので、日本のように目で季節を楽しむ事ができます。

 

IMG_0085アムステルダムのAmsterdamse Bosにある桜の木々

春はグッと日照時間が長くなり、気温も上がってきますが、小雨が頻繁に降って気温の変化も大きいので、雨具や上着が必要です。気温としては、20度を超える日もあれば10度を下回る日もあるので、なかなか服選びが難しいです。(この記事の投稿時点で5月下旬ですが、朝晩は薄手のコートやジャケットが必要な気候)

 

IMG_0089紅葉

秋は、曇が多く雨もよく降ります。また、風も強いため9月の早い時期からコートやマフラーが必要になってきます。サマータイムも10月に終わるので、また寒い(そして暗い)冬が来るのか…と少しさびしい気分になります。

 

 

そして待ちに待った夏!

 

オランダの夏は最高です。

まず日の長さ。5月くらいから段々と日が長くなってきて、6月からは、6時前から22時頃まで空に太陽を確認できます。

気温も滅多に30度まで上がる事はなく、大体25〜27度が最高気温と大変すごしやすい陽気。夏にこんなオープンカフェで過ごしていると「ずっとこのままでいてくれ…」とつい思ってしまいます。

 

IMG_0084-

 

夏になると至る所で開催されるイベントに参加してもよし、公園でBBQやピクニックをするのもよし、運河沿いや海辺に座って友達と話しながらビールを飲むのもよし、と街を歩いているとみんながウキウキしている様子が伝わってきます。

20160521

有名なゲイプライド(8月初旬)の様子

 

IMG_0088

Vondel Parkの様子(ちなみにこの写真は20時頃)

 

IMG_0090

こんなサプライズも!

 

というわけで、オランダへの旅行を計画されている人へは、個人的には夏が断然オススメ!ただ、オランダっぽい花が一面に咲いている風景や、風車が力強く回っている様子を見たいという方は、春も是非選択肢に入れて欲しいです。

冬は……正直……やめた方が良いと思います笑

 

 

The following two tabs change content below.
Atsushi Yukutake
徳島生まれ香川・千葉育ちの88年世代。24歳のとき転職を機にオランダへ移住。その後オランダで転職を経験し、現在は翻訳者・カメラマンとしてフリーランス活動中。趣味はライブ鑑賞。ウェブサイトはこちら

One thought on “オランダの気候 ー長い冬の後に待つ最高の夏ー”

Comments are closed.