shutterstock_210384175

海外ビジネスInterview:セブ留学からマニラ就職。海外で働くには何が必要?

海外で働いてみたい!と考えている方の中には、最近注目されているフィリピン・セブ島の語学留学に感心を持っている方も多いのではないでしょうか。セブ島に3年弱在住した経験があるWWJライターの1人は語学留学事業がちょうど盛り上がっていく時期にその場所におり、留学後そのままフィリピン国内で就職していった方々を多くみかけたとのこと。今回は実際に留学後フィリピンで働いている方にお話を伺い、英語の他にどんなことが大切なのかインタビューしてきました!

IMG_6489

ガーナの言語事情~言葉は文化を映す鏡

Memawoakye!!(メマヲマーチ!!) 西アフリカのガーナ共和国よりおはようございます。   最近ガーナ国内をゆっくり旅行する機会があったのですが、場所違えば言葉も文化も違う。 心なしか顔だちも違う!といった感じで、まるで外国に行ったようでした。 青年海外協力隊の小林です。  

インドネシア

インドネシアの生活って本当に安いの?

Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!) インドネシア、ジャカルタで人材紹介業を営むタクヤです。 インドネシアに来るにあたり生活費も大きな問題です。食費や住居費が安いと言われる東南アジア、特にインドネシアではどうなのか?それぞれの項目別にご紹介します。 インドネシアでの生活が楽しみになるかもしれませんよ!

plane-501873_1920

オランダ企業で働く日本人は2016年10月より再び労働許可が必要に

  先日の記事で、「オランダなら労働許可不要だぞ!」と高らかにお知らせした途端にこの発表でびっくりしました。 6月21日にオランダ移民局が、昨年はじめから認められていた、オランダ在住日本人に対する労働許可無しでの労働を認める優遇策を、今年の10月1日で廃止すると発表しました。 現時点では、既に労働許可無しに現地で働いている人や、これから10月までにオランダでの勤務を開始予定の人たちへの影響についてなどの詳細は発表されていません。  

20160422103750

ダニーデン!そこはニュージーランドの「スコットランド」です

クイーンズタウンで特にやることもなくなった僕は、「ダニーデン」という街に移動することにしました。この街は南島でも2番目とも言われる栄えある街なので、とても期待値が高まります! クイーンズタウンからの移動はバスになります。今回はバスの時間帯やルートを考慮しIntercityを選択しました。 今回はダニーデンという街のまとめとその移動方法の紹介です。

IMG_5128

インドネシアの伝統染物「バティック」に挑戦してみよう

日本には藍染めなどの伝統的な染物があるように、世界の多くの国には独自の染物・織物が残っています。今回筆者はライターのTakuyaとの対談を行うため、フィリピンからシンガポールを経由してインドネシアのジャカルタへ訪れましたが、その滞在中にインドネシアの伝統的な織物「バティック」の制作に挑戦してきました。

1

ニュージーランドをワーキングホリデーにオススメしない5つの理由

みんなの憧れの国、ニュージーランドは日本人に対してワーキングホリデー(通称ワーホリ)のプログラムを提供しています。 しかしながら、2年近くニュージーランドに留学している僕の目線からみて、ニュージーランドへのワーホリはオススメはしません。その5の理由を順を追って紹介していきます。

1-b27286082d1a72732a443390cbb6311e_s

よく聞かれる『インドネシアに永住するの?』を考える

Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!) インドネシア、ジャカルタで人材紹介業を営むタクヤです。 ジャカルタで会社を立ち上げて以来、よく「このままインドネシアに永住するの?」と聞かれることが増えました。それに対してのらりくらり躱してきている僕ですが、こういう機会に今の気持ちと日本に住むことについて真面目に書いてみようと思います。  

feature-netherlands0

【オランダの生活費】家賃の高さがネックでも食費は自炊で抑えられる!

  今月のテーマの生活費。オランダで住むのにかかるお金について、いくつかの項目からご紹介します。意外にヨーロッパでの生活は高くつかない!?(日本円表記は全て、1ユーロ=120円換算で記載しています)  

IMG_1224

フィリピン首都マニラの美しいホテルを見てみよう

筆者はセブの旅行会社に勤務していた頃、沢山の美しいリゾートホテルにとまった経験がありますが、皆さんは「マニラのホテル」と聞くとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか。混沌とした東南アジアの雰囲気、都会のビジネスホテルのようなものなどがあると思いますが、実際にマニラで見てきた美しいホテルを今回はご紹介します。