Bom dia!ボンディーア!おはようございます。

早いものでモザンビーク生活も8か月が過ぎました。任期の3分の1。もうすぐ半分の1年です。

ポルトガル語は上達している実感はありますが、まだ細かいところの意思疎通が難しく、時々歯痒い思いをすることもありますが、焦らず一つひとつと向き合っていけたらいいな-と思っています。

そんな感じで8か月も過ぎると、大分生活も安定してきます。そこで今回は、生活費についてお話します。

SPONSORED LINK

 

モザンビークの通貨はメティカル(MT)という単位です。現在1MT=2円くらいです。1ドル=60MTといった具合です。私がモザンビークについた当初は1ドル=38MTでしたが、現在どんどんメティカルの価値が落ちて行っています。

 

IMG_4214

 

IMG_4215モザンビークの通貨メティカルの硬貨と紙幣

 

 

青年海外協力隊は、ボランティアなので給料というものはありません。しかし、何もなしに生活できませんので、生活費という名目で3か月に1回JICAから支給されます。国の状況によって額は異なりますが、大体1か月400~500ドル程度になります。

 

日本の初任給が月18万~20万程でしょうか?それに比べるととても少なく感じますが、今現在何の問題もなく生活することができています。筆者の私が月いくらほどを使っているかというと、、、

 

 

基本は月5000MT(約1万円)を目安に!

モザンビーク人の平均の給料が月5000MTだそうです。だから、というわけではないのですが、私も現在大体一月5000MT程度で生活できるように計算してます。というより、生活するだけということなら、そのくらいで生活することは可能です。以下内訳です。

 

 

 

 

◎光熱費=1000MT

光熱費はボランティアの負担になります。

私は電気代はプリペイド式で、大体月1000MTほど。水道代も払わなくてはいけないはずなののですが、なぜか業者がいつまでたっても来ません。帰る直前に表れて莫大な請求をされるのだけは勘弁してほしいのですが、、、なので今のところは電気代のみの月1000MTのみです。

 

 

 

◎インターネット通信費=500MT

基本的にはインターネット通信もプリペイド式になっています。必要な分だけ入れて使うといった感じです。携帯電話とパソコンで合わせて500MTを目標にしていますが、今のところ月500MTで抑えられたことはありません(笑)しかも最近、何かアップデートされてるのかなぜか1日で尽きてしまいます。原因を捜索中ですが、ちょっと由々しき事態です。

 

 

 

◎食費=3000MT

外で食べるとなんだかんだ高くついてしまうので基本食事は自炊しています。たまに飲み会があったり、どうしても外食がしたくなってしまったりはしますが、基本的に1日100MT以下の食費ということを目安にして生活しています。

パンは1つ7MT。米は今買っているのは10キロで500MT、2か月くらいは十分持ちます。パスタは安いのだと400gで20MTほど。ここら辺の主食を中心に、野菜や時々肉を買っていますが、むしろ一日100MTも必要ないくらいで普段は生活できています。時々贅沢しても全然問題なしです。

 

 

◎交通費=500MT

この国の主な交通手段はシャパと呼ばれる乗合バスです。ハイエースを改造したもので、ぎゅうぎゅうになるまで押し込んで移動します。1台のシャパに20人以上も乗ることも。

そのシャパは、基本市内だったらどこまで行っても7MTです。毎日行きと帰りで14MT、そして休日は首都に上がることも多いので大体月500MTほどが交通費になります。ただ、職場まで歩けば45分くらいなので、運動と節約のためにも、歩けそうなときはなるべく歩くようにしてます。

 

 

 

◎家賃は基本タダ!

もしかしたら国によって違うかもしれませんが、モザンビークは家賃は隊員は払いません。ではだれが払うのかというと、基本的には配属先が負担することになっています。

配属先に派遣される際、モザンビークでは配属先が規定された家賃の範囲で家を探し、家賃も負担することになっています。(実際は配属先に払う能力が無いと判断された場合、JICAが負担することもあるようです。)

家の形態は様々で、アパートの人もいればホテル暮らし、一軒家やホームステイをする隊員もいます。ちなみに私は一軒家に住まわせてもらっています。しかもかなりきれい!

IMG_1875我が家です。庭付き1戸建てに一人暮らしとか日本では考えられません!

 

 

◎生活費は月5000MTを目安に!

以上の計算から大体月5000MT。現在はこれを目安にして生活しています。実際は交際費やらもろもろ出費もありますので、生活費ぴったりというわけにはいきませんが、今のところそこまできつくもなく、余裕をもって生活できています。

 

 

 

節約術を学びに来ているわけではないので、使うときは使っていますが、なんだかんだ月あたり結構貯蓄することができます。その余ったお金で、旅行したり、活動外の色々な経験を積んで、実のある2年間にしていけたらなと思っています。

 

実はさっそく、来週から2週間、同期と国内の隊員の家を周りながら旅行をします。職場を長期で休んで旅行に行くのは初めての経験なので、楽しんできたいです。

 

 

山室 達紀

The following two tabs change content below.
Tatsunori Yamamuro

Tatsunori Yamamuro

27年度2次隊の青年海外協力隊としてアフリカのモザンビークにいます。 職種は青少年活動。首都マプトの中学校でパソコンの指導をしています。 前職は小学校の教員。お酒が大好き!!