クイーンズタウンで特にやることもなくなった僕は、「ダニーデン」という街に移動することにしました。この街は南島でも2番目とも言われる栄えある街なので、とても期待値が高まります!

クイーンズタウンからの移動はバスになります。今回はバスの時間帯やルートを考慮しIntercityを選択しました。

今回はダニーデンという街のまとめとその移動方法の紹介です。

SPONSORED LINK

ダニーデン

 

移動するのは思いつきですが、街の歴史はしっかりと見ておきたいです。ニュージーランドは歴史的にはイギリスの植民地であったことから、イギリスの影響を色濃く受け継いでいる国の一つです。

20160422103808

それでは「南のエディンバラ」と言われるダニーデンの歴史を少し見てみます。

 

ダニーデンの歴史

 

1861年にダニーデン近郊にて金脈が見つかると同時に、各国からの採掘者が集うゴールドラッシュが起こりました。また、その影響から南島の産業物流拠点として栄えようになったとのことです。

経済発展と共に市内には様々な建築様式の建築物が立ち並び、その繁栄の歴史は現在では観光名所となっています。

その後に冷凍食肉の技術を開発すると、イングランドや南アフリカ、オセアニアの各国へと冷凍食肉を輸出。それによりニュージーランドの経済繁栄を下支えしてきました。

現在ではオタゴ大学を擁する街として、学園都市としての役割を持つ南島の重要拠点とされています。またイングランドの文化を受け継ぐクライストチャーチとは異なり、スコットランドの面影を強く残す街となっているとのことです。

参照:Wikipedia

 

観光名所

 

ダニーデンの観光名所といえば、教会や駅舎などの古くから残る建造物が有名な観光スポットとされています。

20160422103750どのガイドブックにも載っているお城のような駅舎。現在でも使われており、その鉄道旅行はダニーデンの定番観光スポット。ニュージーランドの絶景を見ながらの鉄道旅行が楽しめます。

20160422103835ダニーデンの市庁舎。この周辺は市街地の高低差が激しく、坂の上り下りが非常に多いです。

それ以外にも植物園や博物館などの施設も備え、街中には多くのお店ありショッピングとしても楽しむことができる街でもあります。

20160422103845オタゴ博物館。

様々な展示物を眺めることができる博物館です。プラネタリウムで今日の星空の解説や宇宙誕生の話なども楽しめる。

僕はプラネタリウムに行ってきましたが、十分に楽しむことができました。南十字星や偽十字星との見分け方、オリオン星雲や天の川など宇宙の神秘について学ぶことができました。

日本ではプラネタリウムに行く機会はあまりないので、この機会に行ってみてはいかがでしょうか?

 

移動方法まとめ

 

クイーンズタウンからの移動方法は主にバスに限られると思います。さらにバスの本数なども多くはないので選択肢はかなり狭いです。

今回はIntercityを使用しバスで移動しました。値段はおよそ30ドル程度でした。バスの本数が極端に少なくチケットが完売する可能性があるので早めの予約を!

20160422103855

地図からも分かる通り移動距離はおおよそ300km。所要時間は約4時間半程度となっています。あまり遠いという印象はありませんがバスでは時間がかかりますね。

 

まとめ

 

今日はダニーデンという街についてまとめてみました。

見所や街の風景はスコットランドを思わせるような重厚でクラシックな感じがします。街並みや教会などについては別の記事でふれていこうかなと思います。

クライストチャーチの街は地震によりひどい被害を受けましたが、ダニーデンは受けていません。

正直言って、クライストチャーチよりもダニーデンの方がよっぽど大きくていい街なんじゃないかなと感じました。

 

転載記事:ダニーデン!そこはニュージーランドの「スコットランド」です

転載元:ともろぐ!

The following two tabs change content below.
Theoretical編集部
元フィリピンで働いていた人。海外が大好きで国を転々としている。ニュージーランドで大学を卒業した後は日本に落ち着いている現状。W.W.J PROJECTを考えた人・Takuto Kurataとは元同僚で友人。ブログ「Theoretical」を執筆中。