Memawoakye!!(メマヲマーチ!!)

西アフリカのガーナ共和国よりおはようございます。

 

最近ガーナ国内をゆっくり旅行する機会があったのですが、場所違えば言葉も文化も違う。

心なしか顔だちも違う!といった感じで、まるで外国に行ったようでした。

青年海外協力隊の小林です。

 

SPONSORED LINK

 

☀ 多言語社会、ガーナ ☀

 

驚くなかれ、ガーナ国内だけで40以上の言葉が話されているのです。

北は北海道から南は沖縄まで、日本語で通用する日本では、この状態なかなか想像できませんよね~

というのはガーナ人も一緒で、日本では日本語話せりゃオールオッケー!、なんて言うと目をまんまるくして驚きます。

 

 

そんなガーナで必須なのはもちろん英語。

ちょっと不思議なガーナイングリッシュ(過去記事:「ちょっと不思議なガーナイングリッシュ特集」)ではありますが、小さな子どもから村のおばあさんまで、わりと通じるのはさすが。

違う部族間だと英語で話すしか手段がないですからね。

 

職場の公式文書等は基本英語ですが、現地語ファンティ語もちょいちょい登場します。

会議もその場にいる人の属性や雰囲気で言語が変わります。

現地コミュニティ出身の若者が多ければファンティ語だけど、そこに海外留学経験があり英語が堪能な年長者が加わると、完全に英語になったりする。

毎回興味深いなーと思っています。

 

 

☀ 現地語とリンクするガーナイングリッシュ ☀

 

ガーナの英語であれ?なんでこんな言い方するの?不思議だな~って思うことがあれば、是非現地語を紐解いてみることをお勧めします。

例えば、ガーナの人々聞き返す時に

「Pardon?」でも「Sorry?」でもなく

「You said?」って言います。

ファンティ語を勉強すると、この「You said?」にあたる言葉があることが分かります。

(ファンティ語では「エシー?」と言います。)

 

 

☀ 言葉は文化を映す鏡 ☀

 

言葉は文化をよく表します。

Nyame y3 Adom(ニャメ イェ アドゥム)という言葉を頻繁に耳にしますが、これは「神様が許してくれれば」という意味です。

これ、アラビア語にも似た言葉があります。「インシャアッラー」ですね。

日本語にはない言葉。

ガーナではスケジュール調整をする際に、この言葉が絶対発せられるので厄介なのです・・・笑

ミーティングは「神様が許せば!明日ね~」

アポイントメントも「神様が許せば!来週の火曜日ね~」

ここで「絶対」なんて言葉は禁句です。あくまで「神様が許せば」なんです。

 

ガーナ人に聞けば、

今日無事に家まで帰ることができるかということも、

明日無事に眠りから覚めることができるかも、神様が決めることだからさ。

誰にも分からないじゃないか。

だから「絶対」なんて言わないんだよ。

とのことでした。

 

日本みたいに、何日の何時からどこで、をスケジュール帳にびっしり書き込むなんて考えられないのです。

ガーナの文化が良くにじみ出ていると思う言葉です。

もちろんその結果、時間には来てくれないし、そもそも予定そのもの忘れ去ら・・・なんて話はまた後ほど。笑

 

 

☀ 大切にしたい現地語 ☀

 

このように言語って面白いなあと感じる毎日ですが、少し気になっていることがあります。

ファンティ語を勉強し始めた頃、同い年のジュリウスに先生になってもらっていました。

彼はとても頭が良く、大学に通っていて英語はペラペラです。

シロアリ「termite」って単語がポンと出てきたり(どこで覚えたんだろ)、蒸留酒の作り方について英語でスラスラと説明してくれたりします。

こういう日常であまり使わない言葉がすぐに出てくるって、かなり勉強したんだろうなといつも感心していました。

 

しかしですよ!ファンティ語の文法を聞くと、困った顔をして

「明日友達に聞いてくるからちょっと待ってね」

なんて言う。

一回だけじゃなくて何度もそんなことがありました。

まだ文法だったら、私も日本語の文法を外国人に説明するのは難しいなと思うのですが、

綴りを聞いても分からないと言われてしまう始末・・・

もともとファンティ語は口語で伝わってきたところに、アルファベットを無理やり当てはめた(?)だから浸透してないのかな、

なんて考えましたが、最近原因はそれだけではないかなと思い始めています。

教育現場であまりきちんと教えてないのでは、という疑惑を持っています。

ファンティ語をアカデミックに学ぶということがほとんどされていない気がします。

といってもちゃんと調査した訳ではありませんが。

 

 

確かにファンティ語が話せなくとも、英語が話せれば生きていけます。

むしろ英語の方がこれからの時代不可欠になってきているとも言えるでしょう。

小さな子どものいる家庭で、「家の中は基本英語」とルールを作っているのも見られます。

お父さんは外でファンティ語喋っているのにね!

 

気持ちは分からなくはないけど、なんだかもったいないな~と思います。

確かにファンティ語を使う人は本当に一握りかもしれない。

けれどこの言葉には文化が息づいているんです。

英語に翻訳するのが難しい言葉も当然あります。

 

ファンティ語が今すぐ消えてしまうとは考えられないけど、もっと自分たちの言葉に誇りを持っていいんじゃないかななんて感じる日々です。

 

そしてそれを考える時、私は日本語のことを誇らしく思います。

独自の文字があり言葉がある。

学校では日本語を使って、英語も算数も理科も図工も学んでいる。

すごいことです。

 

もっともっと頑張ってファンティ語を勉強して、周りの人とたくさん会話しようと思います。

 

IMG_6474

近所の子どもたちと野菜の種を植えています。彼らともファンティ語を使ってコミュニケーションしたい!!

 

また来週―!

The following two tabs change content below.
Akane Kobayashi

Akane Kobayashi

大学を卒業後、2015年9月末から、27年度2次隊として西アフリカのガーナ共和国に赴任。職種は何でも屋さんのコミュニティ開発。専門性がないことを専門にしたい。幸せを感じるのは、会いたい人に会って行きたい場所に行くこと。ビールも日本酒も大好き。