フィリピンは東南アジアの島国ですが、歴史上様々な国に統治されてきたため独自の文化が育ちにくい環境にあったと言われています。筆者は首都マニラに在住していますが確かに多国籍の文化が混ざり合った不思議な国であると感じることも少なくありません。そんな中で今回はフィリピンで良く食べられているおすすめ料理をご紹介します。

SPONSORED LINK

今回筆者が訪れたのはフィリピンのブッフェランチが食べられるレストランです。沢山の食材が並んでいますが、このようなレストランでは各国の人気メニューが並びますので、フィリピン料理も人気のものを見つけることができます。

IMG_5969

まずフィリピン人の方々からおすすめされたのがこちらの「カレ-カレ」。見た目もカレーのようなので味を想像してしまいますが、実際は全く違う食べ物です。フィリピンのシチューと呼ばれる料理で、多くの野菜が煮こんでありますが、その中でもメインの材料はすりおろしたピーナッツとのこと。香辛料で色を出すカレーと異なり、カレ-カレはピーナッツでこの色が出ているのですね。味は意外とさっぱりしているので、日本人の口にも合いそうです。

IMG_5967

 

フィリピンのソウルフードといえば、国内のどこでも簡単に手に入る串焼き。現地ではこれらをバーベキューと呼び、様々な食材をグリルしています。市街では鶏肉、豚肉がほとんどを占めているのですが、地方を訪れるとこれが牛肉になったり、レバーが出てきたりします。特に筆者がこれまでフィリピンで食べて美味しかったバーベキューは新鮮な牛肉のレバーで、ゴルフ場に隣接しているごく一般的な小屋のような場所で提供されていました。フィリピンの食事処は見た目はあまり良くないことがあるのですが、実際の食べ物は意外と美味しいのです。日本人で現地にお住まいの方でも、好んでフィリピン料理を食べている方が少なくないことは頷けます。

IMG_5968

 

更にフィリピンのデザートと言えばやっぱり新鮮なフルーツ!マンゴーを筆頭にパイナップル、スイカ、パパイヤなど夏に食べられるフルーツ・南国のフルーツを格安で楽しめるのがうれしいところ。ブッフェレストランではマンゴー食べ放題が基本なので、日本ではなかなか手が出ない高級果物を思う存分楽しんでみてください。

IMG_5970

今回はフィリピンの食べ物の中でも人気が高いメニューをいくつかご紹介しました。他にも沢山の食べ物がありますので、目新しい物があればまたご紹介したいと思います!

(倉田拓人/Taku)

The following two tabs change content below.
Takuto Kurata

Takuto Kurata

Manila Branch Manager at PTN Travel Corp,
W.W.J PROJECTを考えた人。2010年、フィリピン・セブで国際協力活動を行う「NGO FEST」を設立。現在は日本3支部体制に広がる。2012年には国際協力のプラットフォーム「UYIC」を設立。2013年8月よりフィリピンの旅行会社に転職しセブ島へ移住、その後マニラ支店設立・同士店長、現在は社会貢献事業を民間で行うためイスタンブールに移住。個人でブログ「20代の海外就職論!」を執筆中。