Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!)
インドネシア、ジャカルタで人材紹介業を営むタクヤです。
今回はインドネシアでの就活に関してのイメージが湧くように、スケジュール感や日本の面接との違いをご紹介します。基本をチェックしておくと実は日本より簡単かもしれませんよ。

 

SPONSORED LINK

 

海外でで人材紹介の仕事をしていると、海外就職を目指す方からスケジュール、面接の方法、等について聞かれることも多いため、少しでも事前知識を蓄えてもらえればと思い、ご紹介します。

インドネシア

面接の流れ

インドネシアでの面接の流れは、
求人紹介→受ける企業を選ぶ→書類選考→2~3回の面接(企業によってはテストあり)→
全ての面接を通過すると場合に内定→内定通知書とともに条件が提示→雇用契約を結ぶ→無事入社
といったいたってシンプルなもの。流れはあまり日本と変わらないですね。

僕は内定まではとりあえず面接を多く受けることをお勧めしています。
面接していく過程で思い込みや悪いイメージが払しょくされたり、好き嫌いは会社を見てからでも遅くないからです。
また面接慣れの意味もありますね。この後説明しますが、日本とは面接スタイルも違うため、そこに早く慣れないと本来の実力が発揮できない可能性があります。そのためにも面接を数回行って慣れましょう。

気をつけなければいけないのが、人材紹介会社は、選ばなければいけないということ。
中には求人を紹介時に、自分から受けたくないと言わなかった場合は自動的に応募になってしまう会社もあるようです。ちゃんとあなたの意思を大事にしてくれる会社かどうかは大事なポイントですね。
そういうところだと自分の満足いく就活ができないかもしれない可能性があります。自分で決められず強引なほうが良い人にはアリかも知れませんが。笑

 

面接方法

インドネシアを含め、海外就職は日本と違い距離があります。
東京―大阪間くらいであれば、面接のために往復も可能です(もちろん大変です!笑)。
しかしここはインドネシア。日本から8時間です。面接の度に往復してたら時間もお金もキリがありません。
そこで、インドネシアでは1次~2次面接はSkypeで行うことがほとんどです。

最終面接まで進むと一度はお会いしての面接が増えるので、これを機に1週間程度時間を作って頂いてインドネシアに来ていただきます。僕が面接に同行するので、面接を行っていきましょう。
イメージとしては面接に2~3日、その後2~3は内定後の条件交渉にとっておくイメージです。
ちなみにすでにインドネシア(特にジャカルタ)在住の方は一次面接から直接可能なので、面接回数が減らせるなどのメリットもありますよ。

さてここでの注意ですが、やはりSkype面接が鬼門だと思います。
そこでSkype面接の注意ポイントを3つご紹介します。

1)どこでSkypeをするのかを事前にチェック
Skype面接は周囲の音を減らすため、家で行うのが基本ですが、その際家のどこで行う予定ですか?
面接官がSkypeを始めた時にあなたの後ろに洗濯物が干してあったら…あまりいい印象とは言えませんよね。

面接の事前準備として部屋にPCをセットし、そこで一度背景に問題がないか、光で顔が暗く映らないか、顔が近くなりすぎないかなど試してチェックしておきましょう。
Windows8であればカメラモードがあるので、それで一度確認することをお勧めしています。

 

2)面接準備は余裕をもって
当たり前ですが面接なのできちんとした就活の服装で臨みましょう。
たまに自分の家だからか気が抜けて普段着で臨んでしまったり、ネクタイを忘れてしまう男性もいます。
面接準備は余裕をもって行い、仮に抜けがあってもそれをリカバリーできる時間の余裕を持ちましょう。

 

3)面接にはアレを用意しておくとGood
面接はトラブルがつきものです。特にインドネシアは電波がまだまだ悪いので、急に音声が聞こえづらくなったりノイズが入ることもしばしば。

そこで用意をしておくといいのがイヤホンです。面接が中断されて体を成さないくらいであれば「音声にノイズが入ってしまうので、イヤホンを使用してもよろしいでしょうか。」と確認をし、面接を最後まで行えた方が印象も良いでしょう。

 

 

面接の内容

実際の面接ですが、インドネシアでは基本的に私が同行することがほとんどです。
そして面接に同席させて頂いている中で質問の傾向も見えてきます。

特に感じるのが日本より面接がベーシックな質問が多い点です。
日本では人事部が採用を行い、プロフェッショナルならではの難しい質問も多いです。
しかしインドネシアにくる駐在の方はメインの業務は人事ではなく、業務とその管理です。なので正直なところ、面接はベーシックなものが多いです。日本のような難しい質問がこない分、慣れてしまえばリラックスして面接に臨めるかと思います。
まずは数をこなして慣れることが一番です。

以前に面接でよく聞かれることや日本人として求められている事をまとめたので、そちらもぜひチェックしてみてください。
(→よく聞かれる質問はコチラ

 

 

いかがでしたでしょうか?まだまだ情報は少ないですが、小出し小出しでご紹介していければと思います。
インドネシアでの生活や仕事探しなら転職希望者目線のIJTerminalにお気軽にお問合せください!

Sampai jumpa! サンパイジュンパ!(ではまた!)

 

Takuya Kato

PT.IJ Terminal (株式会社アイジェイターミナル)
ウェブサイト : http://www.ijterminal.com/
Eメール : katou@ijterminal.com
電話: (+62)21-87784207 / 29840422
※ご質問の際には『W.W.Jを見ました』とご明記ください。

 

 

【関連記事~インドネシア~】

【前編】現地採用の面接対策 ~基本受け答え編~

【後編】現地採用の面接対策 ~テクニック編~

インドネシアで働く日本人の待遇 ~給料水準と福利厚生~

フォード撤退から見えるインドネシアの自動車業界事情

現地採用はキャリアにならない!? インドネシア就職Q&A

現在ジャカルタでは日本人が売り手市場です!

海外就職で日本人に求められている5つのこと ~面接キーワード付き~

 

 

The following two tabs change content below.
Takuya
1988年横浜生まれ。現在インドネシア、ジャカルタ在住。 『日本の技術力で新興国の雇用とスキルを底上げしたい』という思いから、インドネシアでの起業を目標に渡航し、IJ Terminalを設立。 Facebookの申請はいつでもどうぞ! https://www.facebook.com/takuya.kato.1988