Selamat siang! スラマッシアン!(こんにちは!)

インドネシア、ジャカルタで人材紹介業を営むタクヤです。

インドネシアには断食が一か月間あることを以前ご紹介しましたが、断食月が終わると待ちに待ったレバラン休暇があります。今回はそのレバラン休暇とその諸注意についてご紹介します!

 

SPONSORED LINK

 

レバランとは?


レバランはイスラム教の風習で、ムスリムが90%を占めるインドネシアでは宗教祭日の一つになっています。イスラム教上ではIdul Fitri(イドゥル フィトゥリ―)と呼び、どちらも日本の呼び方であれば『断食明け』です。

→断食月に関しての詳しい記事はこちら

本来断食明けの祭日は2日間なのですが、インドネシア政府から1週間程度休ませるよう言われていることもあり、大体1週間の休暇とするところがほとんどです。
ただし、断食自体がイスラム歴に応じスタートするため、グレゴリオ暦とズレがあり、毎年ちょっとずつ早くなるので毎年確認が必要です。

ちなみに今年(2016年)の断食は6月6日スタートで、日系企業の場合はレバラン休暇を土日も含め7月2日~7月10日までとしていることが多いかと思います。

このレバランはインドネシア人にとって1年で一番大きな休暇であり、一大イベントです。日本でいうところのお盆と正月が一度にやってくる感じでしょうか。
今回はこのレバランの過ごし方と諸注意をご紹介します。

 

 

レバランの過ごし方


レバランは多くの人が地元に帰ります。
というのもジャカルタは商業都市であり、本来の地元は他の地域だったり、両親の実家が地方都市の村だったりというのはよくあることだからです。これが日本の正月やお盆と似ていると言われる所以です。
そのため、ジャカルタからは世界一と言われる渋滞が消え、その代りに帰省渋滞が形成されます。この帰省渋滞に巻き込まれれば本来なら一日で帰れる道のりも2~3日かかるそうで、これに巻き込まれない事がレバランの第一関門だそうです。

そして実家で2~3日過ごし、また2~3日かけてジャカルタに戻ってくるのが第二関門とのこと。う~ん考えただけでも恐ろしい。笑
一応飛行機や電車という手段もありますが、値段が2倍近くになっていること、またあっという間に売り切れてしまうので確実ではないそうです。

 

 

レバランの効果


レバランに帰省する際には新しい服を着て帰ることや親戚にお土産を買っていくが良しとされていて、そこを狙ったレバラン前の商戦がすごいことになっています。

僕の知る限り5月の中頃からすでにスーツケースなどを大々的に売りはじめていました(まだ断食すら始まっていないのに)。それくらい前から準備を始め、なおかつ断食の終了間際にも洋服屋さんはバーゲンセールでごった返し、スーパーもお土産にしやすい缶のお菓子やフルーツの篭盛りなどが所狭しと並べられます。
以下はうちのオフィスの下にあるスーパーの一角です。

インドネシア

並べるというかもはや倉庫状態ですね。笑
これらがこのレバランに一斉に消費されると考えるとすごい購買意欲です。

 

 

待ちに待ったボーナス


さて、彼らがこのような消費活動を行えるのは事前にお金を貯めているからではありません。レバランのボーナスがあるからです!

このレバランのボーナスについて簡単にご説明します。
通称THRといい、最低でも給料の1か月分、多いところは2ヶ月分を渡すそうです。
貯金の苦手なインドネシア人がそんなに買い込めるのもこのおかげなんですね。ちなみに僕の友達はもらった5万円くらいのTHRをすでに使い果たしたそうです。夏のボーナスを貯蓄に回す日本とはえらい違いですね。笑

→インドネシア人のえ~!?と言われそうな貯金法はこちら

THRはレバランの直前には渡す場合がほとんどですが、中には2週間前くらいから渡してレバランの買い物に備えさせてあげるという企業もありました。

ちなみに人材紹介に関してですが、レバラン後には求人が増えるって知ってましたか?
辞めるならTHRをもらってからという人も多く、その後募集が一気に増えます。このTHRがもらえるのは日本人も同じで、もし皆さんがインドネシアで仕事を探すなら今がチャンスかもしれません。

 

 

レバランの諸注意


レバラン中は先ほども書いたようにスタッフ達はみなジャカルタを離れていることも多いです。そのため、そのまま田舎から戻ってこない場合もあるとか。
それに備え、『レバラン休暇後の出社日は〇〇日です。それに連絡なく戻ってこない場合には退職したものとみなします。何かの理由で帰って来るのが遅れる場合には事前に連絡をするように。』という通達をしたほうが良いとのことです。

またインドネシアにいる駐在の方もこのタイミングで日本に帰国するケースが多く、お客さんなどには事前にいつからいつまでいないのかを確認しておくといいと思います。
うちの取引先企業様の場合、6月の29、30日辺りには『〇〇さん?もう日本に帰ったよ』と言われるケースも多かったです。そりゃそうですよね。レバランと完全に被せたら飛行機代だけでも往復15万以上しますから。笑

また、レバラン中はジャカルタも閑散としますので、僕のようにあえて残ってしまうのも一つの楽しみかと思います。しかしタクシーや飲食店など普段やっているはずのものがいつもの様には利用できないケースもあるのでご注意ください。

 

 

 

以上、ジャカルタから見たレバランの様子をご紹介しました。

インドネシアはこういった宗教行事が日々に溶け込んでいるため、日本とは違った習慣の中で生活を営んでいます。あなたもインドネシアで働くことになればもっといろいろな発見があるかもしれませんよ!

『ここに載っている内容をもっと詳しく聞きたい。』『他にも質問がある!』という場合にはIJTerminalにお気軽にお問合せください。

Sampai jumpa! サンパイジュンパ!(ではまた!)

 

Takuya Kato

PT.IJ Terminal (株式会社アイジェイターミナル)
ウェブサイト : http://www.ijterminal.com/
Eメール : katou@ijterminal.com
電話: (+62)21-87784207 / 29840422
※ご質問の際には『W.W.Jを見ました』とご明記ください。

 

 

【関連記事~インドネシア~】

インドネシア 断食月の過ごし方

フォード撤退から見えるインドネシアの自動車業界事情

海外就職で日本人に求められている5つのこと ~面接キーワード付き~

海外就職の飛び出し組と叶える組 勝ち組はどっち?

インドネシアで日本食が恋しくなった時の対処法

【インドネシア】海外行くとき携帯どうしてる?

The following two tabs change content below.
Takuya
1988年横浜生まれ。現在インドネシア、ジャカルタ在住。 『日本の技術力で新興国の雇用とスキルを底上げしたい』という思いから、インドネシアでの起業を目標に渡航し、IJ Terminalを設立。 Facebookの申請はいつでもどうぞ! https://www.facebook.com/takuya.kato.1988