日本人に対する労働許可云々の話がでて焦りましたが、現在勤めている職場を6月いっぱいで退職することはもう決まってしまっていたし、事業主なら大丈夫という弁護士の助言もあり、どうにでもなれと、最寄りの商工会議所へフリーランス登録をしに行きました。

事前に申請書を準備して、アポもとらなきゃいけないので、結構ちゃんとしてるんだろなーと思ってたら、商工会議所のオフィスについて30分後には全て手続きが終わっていました。

 

SPONSORED LINK

 

 

 

事前準備

kvk-form

KVK(Kamer van Koophandel:オランダ語で商工会議所)のウェブサイトを確認し、登録するビジネスの形態に応じたフォームを準備して、アポイントページからアポを取ってIDと共に申請書を提出する、というのが一連の手続きであることは事前に確認していました。

フォームの内容は個人事業主(eenmanszaak=sole proprietorship)であれば、商号、どういった業務を行うか、個人情報といったくらいで、やることが決まっていれば10分もあれば記入できます。

そして、PDFフォーマットの英語フォームに必要事項を記入していくと、後半についているオランダ語のフォームに記入内容が転記されるという親切設計!

フォームの準備ができたら、アポイントフォームから希望日・時間・最寄りのオフィスと自分の情報を申請していざ出陣。

kvk-appointment

 

実際の登録作業

20160628-3

僕はアムステルダムよりもユトレヒトの方が家から近かったので、ユトレヒトのオフィスで登録作業を行いました。受付で目的を伝えてソファで待ってると、愛想の良い担当のおばちゃんがデスクまで案内してくれました。

 

事前に準備したフォームを見ながら、事業内容の詳細に関してや付加価値税番号(=VAT番号)の取得が必要かなどの質問がちょろっとされて、後はおばちゃんが情報を入力する間、コーヒーを飲んで世間話をしてるだけでした。

ちなみに、最近忙しいの?って聞いたら、全てアポイント制だから困っちゃうことはないとのこと。どうりで受付の人は、暇そうにずっと喋ってるわけだ。

そして入力が完了したら、内容を手前のスクリーンで確認して、問題なければ登録料50ユーロと、登記書類の写しの代金15ユーロを支払って終了。開始から30分で終了しました。

 

その他の事務処理

 

思ったより早く終わったので、その足で近くの銀行へ事業用口座の開設へ。

受付の人に事情を話したら、「口座開設は全部オンラインでやってるから、一緒にパソコンで情報を入力していきましょう!」とのこと。暇だからそうしました。

先ほど購入した登記書類の写しをもとに、一緒に情報を入力していく。ちょこちょこ分からないことがあったら、オランダ語を訳して説明してくれるので結構便利。

こちらも10分くらいで入力が終わり、何も問題なければ2、3日で口座開設が完了するとのこと。

どうせなら全部一気に片付けちゃおうと思い、その足で知り合いに紹介してもらった税理士と会って、料金や今後の進め方を相談。こちらもカフェでお茶しながら、1時間くらい(雑談込み)話して終了。

ということで、移動時間を除くと計2時間くらいで必要な作業が全て終わりました。ちょっとワクワクして気合を入れていただけに、いい意味でかなりの拍子抜け。あとは、諸々の書類を移民局に提出してちゃんとビザがおりるか祈りながら待ちます。

 

Nail Your Inner Gameより転載

The following two tabs change content below.
Atsushi Yukutake
徳島生まれ香川・千葉育ちの88年世代。24歳のとき転職を機にオランダへ移住。その後オランダで転職を経験し、現在は翻訳者・カメラマンとしてフリーランス活動中。趣味はライブ鑑賞。ウェブサイトはこちら