スオスダイ!まっさんです!まずカンボジア料理というとなにを思い浮かべるでしょうか?

東南アジアには様々な料理があり、辛いものや肉料理、ゲテモノなど色々な話題がつきない楽しいエリアでもあると思います。今回はそんな中で筆者が在住しているカンボジアの料理についてオススメも交えてご紹介します。

SPONSORED LINK

カンボジア料理は多種多様ですが主に2つ特徴があります。

写真はカンボジアの郷土料理です。

IMG_2080

 

スープものの多様さ

たとえばゴーヤの肉詰めのスープや魚入りのすっぱいスープ、岩のりをいれたスープまで味から使う素材まで多様です。

濃いめの料理が多いカンボジア料理ですが鍋やスープ系は薄味のものもあり、日本人の舌にもあう料理が多いです。

IMG_0601

写真はカンボジアでよく食べられる鍋。

岩のりのスープはぼくも好きです。

濃いめ、甘め

一方、スープ以外の料理、あるいはスープ系でもカンボジアカレーなどはココナッツや砂糖をつかった甘めの料理が多いです。

そしてごはんを多く食べる工夫のためか味が濃い料理がまた多い。ロックラックという玉ねぎや牛肉を炒めた料理は甘くかつ濃厚なタレが絡まった料理です。

日本人の方だとカンボジア料理は好き嫌い別れる料理ですが苦手な方は主にロックラックやココナッツミルクをカレー風味に仕立て魚や肉を煮込んだアモックなど典型的な甘く濃いめなカンボジア料理を食べたからでしょう。

さて、前置きが長くなりましたが一番カンボジアで好きな料理。それはバイチャーです。

バイが米、チャーが炒めるという意味でいわゆるチャーハンです。

IMG_1734

といっても日本や中華料理のチャーハンとは大きく違います。

まず特徴的なのが甘めな味付け。前述したとおり甘く濃いめな味付けが特徴のカンボジア料理ですがバイチャーも、です。

甘さ加減はお店によって異なり日本に近い薄味のバイチャーを出しているところもあります。

またぼくは使いませんがただでさえ甘めなバイチャーに甘辛いチリソースをぶっかける人もいます…。

また、具材で大きく異なるのが肉、日本や中華だとチャーシューが基本ですが、こちらは牛肉や豚肉を使います。

おいしいのはもちろんですが、どこでも気軽に食べられるのがぼくの好きな理由です。

日本でも代表的な日本の料理といったら寿司に天ぷら…。と出てきますが普段の外食では牛丼やラーメン店に足を運び大衆食として人気があるのと同じ原理。屋台でもロックラックやスープものを売っているところがありますが大多数の人はバイチャーを頼みます。

バイチャーはどこでも食べられ、ハズレも少ないのでもしカンボジアに行く際は食べてみるのはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
Hideaki Matsumoto
海外旅しながらフリーライターや雑貨の仕入れ、旅の相談案内などやってます。カンボジア、タイ、日本の3箇所が拠点。今の現在地はカンボジア、シェムリアップです。ベトナム現地旅行会社勤務→カンボジアへ異動→クビになる→フリー、ブロガー。旅行、東南アジアの質問、仕事依頼お気軽に!