最近知り合いに聞いて衝撃を受けた奨学金制度を運営するのがこの「トビタテ!留学JAPAN

これは、2014年にスタートした官民協働で取り組む海外留学支援制度で、日本の大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専修学校に在籍している学生の中で留学を希望している人に奨学金を提供しています。

SPONSORED LINK

概要

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」は、2014年からスタートした官民協働で取り組む海外留学支援制度です。

2020年までの7年間で約1万人の高校生、大学生を「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の派遣留学生として送り出す計画です。
派遣留学生は支援企業と共にグローバル人材コミュニティを形成し”産業界を中心に社会で求められる人材”、”世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材”へと育成されます。
(トビタテ!留学JAPANウェブサイトより)

本制度を支援する企業の寄付からなりたっており、メインとなる日本代表プログラムには、目的や行き先に応じて複数のコースが設けられていて、採用人数も80人以上となかなか太っ腹。

20160527-1
トビタテ!留学JAPANウェブサイトより

オススメポイント

期間が柔軟

留学期間は28日以上2年以内ということで、短期留学から大学院修了が可能な期間まで自分で計画をたてることができます。

留学先での活動が学業じゃなくてもいい

学校に在籍して勉強するという、一般的な「留学」のスタイルはもちろん、「多様性人材コース」では、スポーツ、アート、国際協力等今後活躍が期待される人材にも奨学金を提供しています。中には、ウェイトリフティングをやっていて台湾に渡航し、現地の選手とウェイトリフティングの練習に励んでいたという人も!

渡航費・現地活動費・授業料で年間最大300万という太っ腹具合(そして返済不要!)

授業料:1年以内は上限30万円〜2年以内は上限60万円
現地活動費(生活費):月額12万〜20万円
渡航費:10万円〜20万円

授業料は、アメリカやイギリスの一流大学に行きたい人には少ないかもしれませんが、アジアやドイツ・北欧等授業料の安い/無料の国であれば十分すぎるほど。また、現地活動費(=生活費)も、普通にやっていけばまず十分な金額でしょう。そして、渡航費も20万あればだいたい日本からはどの国にも行ける金額です。さらには給付型(返済不要)!

つまりほとんど持ち出しないで留学ができちゃうという素晴らしい制度。何故僕の学生時代にこの制度がなかったんだ…

条件が緩め

僕が、大学在学中1年間イギリスに留学していたときは、日本学生支援機構から給付型(返済不要)の奨学金をもらっていたのですが、TOEFLのスコアや大学の成績等なかなか厳しい審査を経る必要がありました。

一方、このプログラムでは、「留学の『計画』と『人物』を書面と面接で審査します。成績や語学力等の一律の基準は設けず、各自の留学計画の実現に必要なレベルがあるかどうかを審査します。」とのこと。

さらに、奨学金で鍵となるのが世帯収入ですが、本プログラムの対象になるのは、日本学生支援機構の基準で言うと、第二種の家庭(下記)。

国税庁「民間給与実態統計調査」(平成25年)によると、40代後半男性の平均収入が638万円、女性が292万円、男女計で491万円です。となると下記の基準はほとんどの家庭がクリアできると思いますし、まぁこれ以上の世帯収入がある家庭であれば、奨学金制度を利用しなくても留学できちゃうんでしょうというレベル。

 

20160527-2
独立行政法人日本学生支援機構ウェブサイトより

 

いやーこれはホントすごい。そして聞いた所によると現在定員割れの状況のようです。何度もチャレンジもできるようなので、毎年応募してれば在学中にはひっかかるんじゃないの?って印象です。知ってる人が少ないうちに、留学したい!って言う人や、逆になんとなく学生生活を送ってるって人は応募しない手はないと思います。

 

Nail Your Inner Gameより転載

 

The following two tabs change content below.
Atsushi Yukutake
徳島生まれ香川・千葉育ちの88年世代。24歳のとき転職を機にオランダへ移住。その後オランダで転職を経験し、現在は翻訳者・カメラマンとしてフリーランス活動中。趣味はライブ鑑賞。ウェブサイトはこちら