イギリスとヨーロッパのメシマズ二大巨塔をなすオランダですが、実際のところ以前の生活費に関するポストでもご紹介した通り、一般的な食のレベルは低めです。

朝昼晩とサンドイッチでも我慢ができてしまう(というか我慢とも思っていない)オランダ人ですが、ひとつだけ僕がオランダに来てから気に入ってるものがあります。それがビタボレン(Bitterballen)です。

SPONSORED LINK

Bitterballenとは

bitterballen

Bitterballenとは、有名なオランダのコロッケとほぼおなじ中身で、牛肉をスパイスなどと煮込んだものに衣をつけて揚げているもので、バーやカフェでは必ずと言っていいほど置いてあります。

中身は日本のコロッケのようなホクホク感はなく、ドロッとしているのですが、スパイスが効いていてなかなか美味しく、ビールに合う!

値段もまぁまぁお手頃で、5、6個セットで4-5ユーロといった所。そして何より素晴らしいのがお店によって味がブレないところ。というよりオリジナリティの出しどころがあまりありません笑

ちなみに名前の由来については、ballenは文字通りボールを意味するのでそのままで、bitterは、ハーブを漬け込んだお酒の総称で、別にこのお酒が隠し味ということではないんですが、オランダのバー文化との密接な関係が感じられます。

その他にもマッシュポテトに野菜や肉をとにかく混ぜこんだスタンポッドや、ペースト状にした豆を主な原料としたエルテンスープなどがありますが、個人的にはそこまでと言ったところ…

というか、美食の国フランスや、その影響を受けて独自の食文化を発展させたベルギーなど、近郊の国は美食で知られているのに、なぜオランダはメシマズ国家になってしまったのでしょうか?

 

オランダがメシマズな理由

photo-1442115597578-2d0fb2413734

まず誤解しないで頂きたいのは、オランダにはミシュランスターをもったお店もありますし、グルメなオランダ人もいます。乳製品はとりわけ美味しいですし、素材レベルでみれば美味しいものもあります。

ただ、いかんせん平均点が低く、普段使いのお店となるとバラエティ・味どちらをとっても満足いかないものが多く、オランダ人も平均的に見ると食に関心がない人が多いんです。

実はその理由は、オランダの宗教にあると言われています。オランダはキリスト教でもプロテストタントが中心で、今や毎週教会に行きますという若者の数は少ないのですが、祖先から受け継がれたプロテスタントの生活様式は今も根付いているんです。

そしてプロテスタントといえば質素な暮らしを良しとする習慣があり、街を歩いていてもカーテンのない家を見かけることがあります。これは「私は贅沢なことはしていませんよ」と周りに密かに主張している名残だそうで、こっちが恥ずかしくなることもあります。

さらに、地理的にも決して気候に恵まれた土地ではなく、かつずっと平地が続いているため、食べ物や料理にもバリエーションが出づらいんです。

何が直接の理由かというのは今となっては分かりませんが、少なからず上記の2つの要因がオランダ人の食生活・生活スタイルに大きな影響を与えているんです。

しかし、この状況も移民の増加で変わりつつあります。もともと、インドネシア系やカリブ海の国々からの移民が多く、彼らが食文化を一部持ち込んだこともありますが、近年では日本食レストランも増えだし、物理的にも近いフランス料理の影響を受けたレストランも増えてきています。

イギリスのインド料理のように、彼らがオランダを救ってくれるといいのですが…

The following two tabs change content below.
Atsushi Yukutake
徳島生まれ香川・千葉育ちの88年世代。24歳のとき転職を機にオランダへ移住。その後オランダで転職を経験し、現在は翻訳者・カメラマンとしてフリーランス活動中。趣味はライブ鑑賞。ウェブサイトはこちら