オランダを超え、西欧内でも音楽好きには有名なアムステルダムのCD・レコード店Concertoのご紹介。

SPONSORED LINK

 

Utrechtsestraatという閑静なストリートに位置するConcertoは1955年創業の老舗。伝統的なスタイルの建物が立ち並ぶ通りにふさわしい、味のあるレコード屋さんです。

20160621-1

お店の様子

お店自体は建物を4件分ぶち抜いたような構造になっいて(上の写真の赤いところ全体がConcerto)、カフェ、新品中古CD・レコード、本、レコードプレイヤーやアンプなどのオーディオ機器が販売されています。

20160621-2お店の外の雰囲気同様店内もさすが60年以上やっているお店、という感じで細部に味があります。客層も老若男女問わず、色んな世代の人から愛されているのが分かります。

併設されているカフェでは、飲み物や軽食も出しているので、レコード発掘につかれたときにひとやすみできます。カフェを目当てで来ている人もいるくらい、店員さんの雰囲気もよくつい長居してしまいます。

#concerto #amsterdam #koffie

A photo posted by Atsushi Yukutake (@atsyktk) on


カフェの奥は中二階のようなスペースがあり、そこではライブやワークショップなどのイベントも毎週土曜日に開催されています。ParadisoMelkwegといったアムステルダム市内のライブハウスとも仲がいいようで、日曜日にライブを予定しているバンドが、土曜日にこちらで最後の宣伝も兼ねて演奏ということもあります。過去には、Seasick Steveが出演したことも!

 

レコード・CD店の存在について

音楽のダウンロード購入に抵抗のない消費者がだんだん増え、CDやレコードの購入に関しても、アマゾンなどのオンラインストアが力を発揮する中、実際に店舗を構えるCD・レコード店は存続の危機に瀕しています。

ただ、Concertoに行くといつも人が溢れていて、ちゃんと商品を購入している人の姿も見かけます。(Concertoはオンラインストアも運営中)

様々な理由がそこにはあると思いますが、僕が推察する理由は下記です。

・キュレーターとしての優秀なスタッフの存在
・親和性の高いカフェの存在そしてイベント会場としての役割

まず、お店のスタッフは楽曲に関する知識だけではなく、音楽機材についてもよく知っており、探している商品や購入に迷っている商品について的確なアドバイスをくれます。また、店頭に並んでいて1、2週間単位で中身が入れ替わる試聴機も、もちろんスタッフの方によってセレクトされています。その趣味のよさ!

 

CONCERTO TOP 20 met op nr. 1 de Rolling Stones, nr. 2 Jungle by night en nr. 3 Daniel Romano

A photo posted by Concerto Koffie (@concertokoffie) on

 

本をネットで買う時にも言えますが、オンラインショッピングの欠点は「偶然の発見」の少なさです。物理的に存在するお店では、(見たくなくても)自然に自分の目的以外の商品も目に入ってくるため、そこでジャケットが気になって手に取ってみたり、なんとなく視聴機で聞いたものが良くて、そこから新たな音楽の開拓が始まったりと偶然性に溢れています。

その偶然出会う商品がどれほど良いかというのは、当然お店のセレクションにかかっていて、Concertoにいるようなキュレーターとして機能している優秀なスタッフの存在が欠かせないんです。

次に、最近服屋さんの中にカフェがあるという業態のお店をよく見ますが、カフェという業態は音楽との親和性がとても高いと言えます。というのも、カフェでお茶しているときは、お店の中にいる限り自然とBGMとして流れる音楽が耳に入ってきますよね。

前述の偶然性とも関連しますが、CDの購入がメインの目的ではなくても、「カフェでお茶してたらいい感じの音楽が聞こえてきて、店員に聞いたらカフェにつながっているレコード屋でそのCD売ってるらしい→お店に入ってみたら、さっき聞いたもの以外にも気に入った音楽を発見できた」という流れが生まれます。

また、Concertoのカフェはイベント・ライブスペースとしても利用されていることから、カルチャーハブとしての機能も備えているので、「ここに来れば何か面白いことがありそう」という期待感をお客に抱かせることが出来ています。

 

Maandag tm zaterdag geopend vanaf 10 uur. Zondag vanaf 12.00 uur. Tot morgen! #Repost @concertorecordstore with @repostapp

A photo posted by Concerto Koffie (@concertokoffie) on


ということで本屋同様、CD・レコード店も昔と役割がある程度変わったとしても、まだまだ生活に欠かせない機能を担っていることがわかります。

 

 

 

The following two tabs change content below.
Atsushi Yukutake
徳島生まれ香川・千葉育ちの88年世代。24歳のとき転職を機にオランダへ移住。その後オランダで転職を経験し、現在は翻訳者・カメラマンとしてフリーランス活動中。趣味はライブ鑑賞。ウェブサイトはこちら