早いもので、ガーナに来てから約1年が経ってしまいました。

2年間の活動の折り返し地点を迎え、先日首都アクラにて中間報告会が開催されました。

この1年を振り返ると共に、自分の抱える課題を共有することでJICAスタッフや他の隊員からアドバイスをもらえる良い機会となりました。

 

 

今回は発表スライドを用いながら、私の1年間の活動について書いてみようと思います。

英語がヘンなところはお許しください。

 

SPONSORED LINK

任地について

スクリーンショット (2)

私が活動をしているのは、ガーナの南西部エリアに位置するシャマ郡。

人口8万6千人、セコンディ・タコラディという大きな町に隣り合う、活気のある魅力的な地域です。

海に面しているため、農業だけでなく漁業も盛んです。

 

 

Plastic Resource Segregation Project

スクリーンショット (3)

私はそんなシャマ郡の郡役所で「シャマ郡の人々の生活向上」をミッションに日々お仕事しています。

今私たちが取り組んでいるのは「Plastic Resource Segregation Project」

リサイクルボックスを郡内の各所に設置、そしてそれぞれのコミュニティでプラスチックを集めてもらいます。

郡役所ではコレクターと呼ばれる人を3人ほど雇い、荷台付きバイクで定期的に郡内を巡回、ボックスからプラスチックを回収してもらいます。

郡役所に保管したプラスチックは、最終的に首都アクラのリサイクル会社に輸送、買い取ってもらうことができます。

得たお金はプロジェクト継続のために使う他、コレクターへの給料を補填、最終的にはコミュニティにも還元し、プラスチックから得た利益を生活向上に役立ててもらいます。

 

プロジェクトの背景

スクリーンショット (4)

何故このプロジェクトを立ち上げるに至ったかを説明します。

上の写真は、全て私と同僚が郡内で撮影したものです。

道にも排水溝にも、茂みの中にも、これでもかというほどゴミが捨てられていて、その約90%はプラスチックゴミです。

 

回収システムが確立していないため、ゴミは住民自らが空き地で焼却しますが、プラスチックを燃やす行為はダイオキシンが放出されるため、一般的に危険とされています。

ゴミを食べたとみられる家畜の突然死も目撃されています。

 

同時にこんな課題も浮かび上がってきました。

村に行くと、多くの無職の若者に出会うことができます。

ガーナの現状では、苦労してお金を工面して大学を出ても仕事を見つけることが困難なのです。

また、至るところで「シカ(ファンティ語で『お金』の意)」という単語を聞きます。

郡役所でも村でも、良いアイディアがあっても、実行するための資金がないのが現実です。

 

スクリーンショット (5)

 

 

そこでこの3つの問題にアプローチすべく、プラスチックについて調査を始めました。

スクリーンショット (6)

 

アクラではリサイクル会社が稼働し、プラスチックゴミをそのまま使ったバッグやポーチを売っているお店も発見しました。

そこで気が付いたことは、プラスチックは「ゴミ」ではなく「資源」だということ。

プラスチックを活用することでこの3つの問題解決に寄与できるのではないか、と考え同じような問題意識を持っていた同僚とこのプロジェクトを立ち上げました。

 

 

プロジェクトの資金がない!

スクリーンショット (7)

しかし一筋縄ではいきません。

まずは何といってもお金がない!

人口8万6千人の郡全体でこの取り組みを始めるために、私たちは約90万円の予算が必要でした。

郡役所の財源だけで全てを賄うには限界がありました。

そこで同僚と私は地元企業にスポンサーになってもらうため、企業まわりをはじめました。

3ヶ月かけ約50社以上にレターを送り続けました。

特に重要な関係者である、ピュアウォーター(袋入りの飲料水、道端にポイ捨てされているゴミの多くはこの袋)生産会社とは会議を開き、プロジェクトについてじっくり説明をしました。

結果50社中5社から15,250セディ(約46万円)を支援してもらえることになりました。

 

 人々のモチベーションを保てない!

 

スクリーンショット (8)

 

資金集めをする間に小さなコミュニティでパイロットプロジェクトを開始しました。

住民説明会を開催し、みんなからも「いい取り組みだ」という声をいただいたにも関わらず、ゴミ拾いの人数はなかなか増えず。

ボックスにプラスチックを入れてくれる人も僅かでした。

そこで地元の自助グループと連携し活動に組み込んでもらう形で、プロジェクトを一緒に盛り上げてもらいました。

一軒一軒家庭訪問をしてプロジェクトの説明をすることも始めました。

今後郡全体でプロジェクトを進めるにあたって、住民のマネジメントは大きな課題です。

 

 

プロジェクトを理解してもらえない!?

スクリーンショット (9)

いつものように同僚と企業まわりをしていた日のこと。

その日は暑い日で、同僚はピュアウォーター(袋入りの飲料水)を購入して飲み始めました。

飲み終わった次の瞬間、彼は私の目の前でポイッとその袋を地面に捨てました・・・

ええええええ!!!

今さっき、プラスチックによる環境汚染について、あれだけ熱く語っていたのに何がどうしてそうなるの??

びっくりしました、ほんとに。笑

それで思ったんです。この国には環境教育が足りていないのだと。

彼は悪気は全くなく、本当に無意識にポイッとしてしまった。

でもそれがこの問題の根深さを物語っています。

それからは、同僚と一緒に学校を訪問し、環境教育をするようになりました。

今後郡内の先生を集め、環境ワークショップを紹介したいと思っています。

 

 

今後の予定

 

スクリーンショット (10)

 

まだ資金が足りていないため、しばらくファンドレイジングを続けます。

年内に大規模なイベントを開催するのが目標。

プロジェクトについてシャマ郡の人々に大々的に周知します。

それと同時に回収システム運用をスタート。

来年からは、村の無職の若者たちと共に、プラスチックを使った商品開発をしたり、郡内にリサイクル会社設立を検討している人へ情報提供などの支援をして、プラスチックを最大限お金に換え、職を作りだせるように努力していきます。

 

 

以上、1年間たくさん失敗しつつ手探りで進めてきました。

もっとできたのになと思うことばかりですが、焦らず着実に今後も進めていきたいと思います。

それではまた来週ー!

The following two tabs change content below.
Akane Kobayashi

Akane Kobayashi

大学を卒業後、2015年9月末から、27年度2次隊として西アフリカのガーナ共和国に赴任。職種は何でも屋さんのコミュニティ開発。専門性がないことを専門にしたい。幸せを感じるのは、会いたい人に会って行きたい場所に行くこと。ビールも日本酒も大好き。