マカティはフィリピンの首都メトロ・マニラの中心に位置する市であり、国内で最も発展した経済の中心エリアです。高層ビルが立ち並び世界から出張と観光で訪れる外国人の方が増加中!今回はそんなマカティにある格安おすすめホテルをご紹介します。

SPONSORED LINK

マカティは首都圏メトロ・マニラの中心にあり、フィリピンという国の経済中枢エリアとして大きな発展を遂げています。日本の新宿のような雰囲気で、高層ビルが立ち並んでいる様子はもはや発展途上国という印象ではありません。マカティはビジネス出張やメトロ・マニラへの事業進出を念頭に置いた現地視察で訪れる方が多く、その点治安は安定していますので観光客の方も安心して滞在できるエリアです。

フィリピンの格安ホテルはあまりに低価格を求め過ぎると日本基準では考えられないような施設に出会ってしまうこともありますので、今回は日本人が宿泊しても大丈夫そうなレベルのホテルを5つご紹介したいと思います。

マニラ格安おすすめホテル5選はこちらからご覧下さい。

1 セントジャイルズマカティ

stg2

マカティ出張で最も良く使われるホテルの1つであるセントジャイルズは11万円を切って日本人の方が宿泊しても問題のないホテルとして最もおすすめです。マカティの経済エリアからもほど近く、マカティアベニューに面しているのでタクシーを見つけやすいことも大きなポイント。カテゴリーが2つしかないホテルですが部屋数が多いので満室で予約が取れないということはめったにありません。2人で泊まれば15,000円を切ってくるので格安と言え、予算が大きくない旅行でもマニラへの旅行を叶えてくれる便利なホテルと言えます。

2 ベルジャヤマカティ

bjy2

セントジャイルズの斜向いのあたりにあるホテルで、中東系のハラル料理を主に扱う特徴があるホテルです。体に良い食事は日本食の味付けに近い部分もあるので、どれでも好きなものを朝食ブッフェでお召しあがり頂けます。こちらも111万円程度のホテルで、2人で泊まれば5,000円程度なのでセントジャイルズと遜色ない値段です。多くの方がマニラには3泊されるので、このような格安価格帯のホテルを選べば3泊・21室・ツイン利用で15,000円が予算の基準になってきます。

3 シティーガーデンマカティ

citygarden-makati1

セントジャイルズの隣にあるホテルで、形態はほとんど同じホテルです。特に大きな違いはありませんが屋上のラウンジからマカティ市街の景色を見渡せる特徴があります。価格帯は上2つのホテルとほとんど同じで、日本人の出張者がよく使うホテルなので一部のスタッフは基本的な日本語を理解してくれます。初めての海外旅行で英語に不安がある方はこちらのホテルも格安ホテル群ではおすすめ。

4 レッドプラネットアモンソロ

926421_15051814400027565623

ここまでご紹介したホテルよりも更に安いホテルとなるとレッドプラネットアモンソロがおすすめ。ホテルチェーンであり日本で言う東横インのようなポジションのホテルです。そのため設備面は大きく望めませんがお部屋はシンプルで無駄な費用がかかりません。この価格帯が日本人が泊まることのできるギリギリの格安ホテルであり、11室は9,000円程度です。場所が他のホテルよりもややわかりづらいので、ホテルへ向かう際にはホテル名の他にスマートフォンのスクリーンショットを用意してタクシードライバーへ提示すると良いと思います。3泊・21室で1人当たり13,500円程度となります。

5 ベストウエスタンオックスフォードスイーツマカティ

oxf1

繁華街のブルゴス通りに面しているホテルです。海外旅行に慣れている方にはおすすめできますが、初海外旅行の場合には安全面と利便性の観点からあまりおすすめはできません。ただし料金は安く、近隣にはスポーツバーがありますのでサッカーなどの大きな試合が海外で開催される際には多くの外国人が集まり大いに盛り上がります。スポーツ好きで、海外のバーで外国人と一緒に楽しみたいという方はこのホテルが良いと思いますよ!

2016年現在マニラへはANAJALなどの日系航空会社、デルタやチャイナエアラインなどの外資系、フィリピン航空、そしてLCCではジェットスターやセブ・パシフィックも就航しています。特にジェットスターはプロモーションで片道6000円程度のチケットが出ることもあり、上手く行けば航空券が往復12,000円、ホテルが15,000円程度としてマニラ34日旅行を3万円程度で組み立てることも可能!国内旅行よりも安いフィリピンマニラ旅行で、特にマカティでの宿泊ではこれらのホテルや価格帯を参考にしてみてください!

協力:PTNトラベル(マニラ支店)

(倉田拓人/Taku

The following two tabs change content below.
Takuto Kurata
W.W.J PROJECTを考えた人。2010年、フィリピン・セブで国際協力活動を行う「NGO FEST」を設立。現在は日本3支部体制に広がる。2012年には国際協力のプラットフォーム「UYIC」を設立。2013年8月よりフィリピンの旅行会社に転職しセブ島へ移住、その後マニラ支店設立・同支店長。現在はトルコ・イスタンブールで野菜をコンセプトとした社会貢献事業「Salad Farm」を共同設立。個人でブログ「20代の海外就職論!」を執筆中。