マニラはフィリピンの首都として著しい経済発展を遂げています。世界中からビジネスチャンスを求めて多くの外国人が出張で訪れたり、駐在している方も数多く見られます。日本から出張で訪れる方も多い中で、どんな観点でどのホテルを選んでいけば良いのか悩むこともしばしば。現地在住で旅行業に関わる筆者がお得でおすすめな出張向けホテルをご紹介します。

SPONSORED LINK

マニラは国際色が強い都市!ビジネスチャンスを求めて海外から多くの人びとが集まり、街には英語を基本として様々な言語が溢れ、まさに外国といった雰囲気です。そんな都市に出張で訪れる日本人の方も増えてきている中、値段・エリア・設備などホテルの詳細がわからずに予約を入れざるを得ないケースがしばしば見受けられます。筆者も仕事上質問を受けることが多いので、今回はマニラ出張の際におすすめしたいホテルをまとめてみたいと思います。

マニラの出張コーディネート・ホテル・送迎・会議室などの手配は
現地旅行会社のサイトも合わせてご覧ください。

マニラ出張ホテル選び観点1 エリア

マニラへのビジネス出張で最も長い時間を過ごすのはマカティ地区である可能性が高くなります。これは経済エリアがマカティ地区に集中しているからであり、それに伴ってビジネスホテルタイプのホテルもこのエリアに多く存在しています。

最近ではBGCと呼ばれるボニファシオグローバルシティーや、南部工業エリアへのあ足がかりとなるアラバンにも日本人ビジネスマンが宿泊される傾向にあります。仮にマカティ以外のエリアでマニラ滞在中に行動する計画の方は、その近くの新興地区でホテルを探されることをおすすめいたします。

マニラ出張ホテル選び観点2 値段

海外出張では会社から手当として宿泊費が出る場合がほとんどではないかと思います。多くの場合、1人当たり1泊10,000円〜16,000円のようです。この中でいかに良い環境のホテルを見つけて予約を取るかによって滞在の充実度が変わってきます。もちろん観光ではありませんのでホテルで過ごす時間は長くないものの、それでも良い部屋で夜休めるだけで気持ちが落ち着いたりリフレッシュしたりするのではないでしょうか。

また、1人当たり10,000円の支給がある場合でお部屋をツインで利用すれば予算は20,000円になります。毎回シングルで泊まらずにツインで同僚の方と宿泊することでホテルランクをぐっと上げることもできるでしょう。細かいテクニックとして朝食をなしにする(素泊まりプラン)ことで、料金は更に安くなる場合があります。

マニラ出張ホテル選び観点3 設備

ホテルの設備は宿泊費が高くなるに連れて充実していく傾向にはあります。しかしながら、自分が使う予定のない施設が充実していても意味が無い上、それにお金を払っていると思うともったいない気もしてきます。短い滞在中にホテルで利用するのはビジネスセンター、ジム、プール、ラウンジ、バー、レストランなどになります。どんな施設を利用したいのかによってホテルを選びたいところですが、特に初回の出張では調べることが難しいと思います。

筆者はマニラで主要ホテルをほぼ全て視察し、大きく上記3つの観点で見た結論として「マニラ出張でおすすめの10軒のホテル」を今回は詳細にご紹介したいと思います。


 

1 セントジャイルズマカティ

stg

エリア:マカティ
値段:1泊1室 1万円程度
設備:日本のビジネスホテル程度

先日WWJの記事でも特集したセントジャイルズマカティホテルは、マカティで日本人が便利に滞在できるレベルで最も安いホテルの1つです。旅行会社のレートでも1万円を切ってくるレベルであり、出張予算に十分対応できます。

プールは少し小さめで泳ぐことができるサイズではありませんが、ジムはある程度の大きさがあり使い勝手は悪くありません。高層タワー型のホテルですのでお部屋が上層階になった場合には景色も良く、この値段では十分な満足が選べます。これまでマニラへの日本人出張者が多く宿泊してきたため日本人への対応も優れており、英語が少し苦手でも問題なく滞在は可能かと思います。デラックスカテゴリーを予約すると部屋がバスタブつきになります。

2 シティーガーデンマカティ

cgm

エリア:マカティ
値段:1泊1室 1万円程度
設備:日本のビジネスホテル程度

上でご紹介したセントジャイルズの隣にあり、ほぼおなじタイプのホテルと言えます。ビジネスホテルとしての使い勝手は十分。こちらのスタッフの何人かは簡単な日本語が話せますので、気持よく挨拶してみると気分も良くなりそうです。

プールはこちらも設置がありますが泳ぐことができるほどの大きさではありません。ジムは十分な広さがあり体を動かすことができます。また、プールがある最上階のラウンジにはバーがあり、マカティ周辺の市街を一望できる景色が人気です。

3 シティーガーデングランドマカティ

cgg

エリア:マカティ
値段:14,000円程度
設備:上級のビジネスホテル程度

2でご紹介したシティーガーデンマカティホテルの系列で、上位版のホテルになります。場所はセントジャイルズから道を挟んで向かい側なので立地は良好です。

プールは上2つのホテルよりは大きめであり、特に注目したいのはその景色です。フォトジェニックな場所に設置されたプールからは、マカティの大都会を見下ろすことができます。周囲で最も高いビルの1つなので、遮るものも少なく記念写真スポットしても隠れた人気があります。ジムも充実しており、数日の滞在なら十分楽しめる施設が揃っています。

4 マカティダイアモンドレジデンス

MDR

エリア:マカティ(中心部)
値段:1泊1室 17,000円程度
設備:デラックスホテル(特に長期滞在に向いています)

マカティの中心部にあり、ショッピングや食事スポットとなるグリーンベルトには道を渡って徒歩0分!非常に便利な立地であるために日本のみならず世界各国のビジネスマンが集まります。

プールは地域最大級で25メートルをしっかり泳ぐことができる充実ぶり。屋内にあるので全天候型という面も高ポイント。長期滞在にも対応できるように、飽きの来ない設備が整っています。また食事の会場となる1階のブッフェ会場は宿泊者でない方も訪れる程の人気があります。洗練されたおしゃれな雰囲気が全体的に広がるホテルです。

5 デュシタニマニラ

DST

エリア:マカティ(中心部)
値段:1泊1室 19,000円程度
設備:デラックスホテル

タイで有名なホテルがマカティ中心部にも進出しています。デラックスホテルであり、日本から出張で訪れる方もこれまで多く宿泊してきました。その理由はいくつかあり、日本食レストランがあることや大規模なブッフェ朝食会場、タイの高品質マッサージ、地域最大級の最上階ラウンジなどポイントを抑えた施設の充実が光ります。

プールはマカティダイアモンドレジデンスと比べるとやや劣る部分がありますが、ジムは同程度で充実しています。立地としては近隣に日本食料理店、スーパーマーケットがあるので現地での食事やちょっとしたお土産購入も徒歩圏内で済ませることができます。

6 ニューワールドマカティ

NWM

エリア:マカティ(中心部)
値段:1泊1室 20,000円程度
設備:デラックスホテル

少し料金が高くなり、マニラへの出張での予算で最高級ホテルの1つとなりそうなのがニューワールドマカティです。他のホテルが観光とビジネスの両面でお客様を受け入れようと考えている一方で、このホテルはビジネスマンに特に注目しています。その雰囲気はロビーから既に感じることができ、シックで整った空間にスーツを着た人が多く見られることがその裏付けにもなっています。

プールはマカティダイアモンドレジデンスよりは小さいものの、他施設は地域で最も充実しているホテルの一つです。またビジネスセンターや大小の会議室が多く設置されており、ホテル内でクライアントと会議を行ったり、インターネット電話で日本と会議をすることも可能。仕事を快適にこなすことを考えると、マカティで最もおすすめできるホテルの1つです。

7 ベルビューマニラホテル

TheBellevueManila

エリア:アラバン
値段:12,000円程度
設備:上級のビジネスホテル程度

マニラの南部には工業エリアが広がっています。カビテ、バタンガス、カランバ、ラグナなどには日系企業の工場も多く、マニラ市内ではなく南部のこれらのエリアの近くに宿泊したいという方も少なからずいらっしゃるようです。

アラバンはマニラから30分ほど南の新興地区であり、非常に治安が安定していることで知られています。地域内には複数のショッピングモールやレストランがあり便利。ビジネス出張でアラバン内のホテルを探すならベルビューアラバン。日本人の宿泊実績が高いので対応も安心で、ホテルにリクエストすれば各工場や会社への送迎も手配してくれます。プールやジムも充実しており、最上階のバーからはマニラ方面の市街を一望できるのも高ポイント!

8 セダホテルグローバルシティー

seda

エリア:グローバルシティー(BGC・タギッグ市)
値段:1泊1室 17,000円程度
設備:上級のビジネスホテル程度

グローバルシティーと呼ばれるエリアも新興地区の一つであり、外資系企業が多く進出しています。このエリアでのマニラ出張が入る方が最近急増しており、それに伴ってホテルも増えてきました。

セダホテルは国内に展開するホテルチェーンの一つで、アヤラという財閥の関係企業が運営しています。現地の名所である「ハイストリート」に面しており、周辺にはSM Auraやマーケット!マーケット!などのモールもあるので食事やお土産の購入には困りません。ホテルの食事はフィリピンでは珍しく野菜を多く扱っている他、最上階のラウンジはバーになっており夜は気持ち良い風を感じながらアルコールを楽しむこともできます。

9 ダイアモンドホテル

DMD

エリア:マニラベイ(マラテ・マビニ・エルミタ)
値段:1泊1室 16,000円程度
設備:デラックスホテル

各国首脳が宿泊することでも知られるマニラの超・有名ホテル。日本の首脳陣もマニラでAPECなどの国際会議があると多くの場合宿泊しているようです。地上階に高級日本食レストラン、朝食ブッフェにはご飯と味噌汁、日本人にとっては至れり尽くせりのデラックスホテルと言えるでしょう。

プールやジムの充実度もあり、お部屋は伝統を感じるクラシックで重厚感のあるデザイン。世界三大夕日のマニラベイサンセットもお部屋から見ることができます。周囲はしばしば渋滞するものの、空港までは平均で45分程度で到着する利便性の高いホテルでもあります。周辺はたくさんのレストランがありますが、同時に繁華街も近いため街歩きには自己責任の範囲で注意が必要となります。基本的にマニラは全域でタクシー移動が吉。

10 パン・パシフィックマニラ

pan

エリア:マニラベイ(マラテ・マビニ・エルミタ)
値段:1泊1室 16,000円程度
設備:デラックスホテル

世界的に有名なホテルブランド。プールの大きさは地域で指折りです。バトラーサービスと呼ばれる執事制度を取っているマニラでは珍しいホテルで、お部屋には担当のスタッフが付き要望があればすぐに対応してくれます。ダイアモンドホテルと並んで日本人が多く滞在してきた実績もあるため英語が苦手でも宿泊は問題ありません。

また、出張中のレストラン選びに最も幅があるのがパン・パシフィックマニラ。地上階からレストラン棟に入ると日本食料理店、現地の有名焼肉店「牛門」など様々な選択肢があります。周囲は繁華街なので無計画で外を歩くよりも、ホテルの敷地内で上質な食事を

今回はマニラ出張でおすすめのホテルについて、エリア・値段・設備の3つの観点でそれぞれ見てみました。他にもたくさんのホテルがありますので、具体的なご要望がありましたら筆者も勤務している現地旅行会社のサイトからご連絡下さい。

(倉田拓人/Taku)

The following two tabs change content below.
Takuto Kurata

Takuto Kurata

Manila Branch Manager at PTN Travel Corp,
W.W.J PROJECTを考えた人。2010年、フィリピン・セブで国際協力活動を行う「NGO FEST」を設立。現在は日本3支部体制に広がる。2012年には国際協力のプラットフォーム「UYIC」を設立。2013年8月よりフィリピンの旅行会社に転職しセブ島へ移住、その後マニラ支店設立・同士店長、現在は社会貢献事業を民間で行うためイスタンブールに移住。個人でブログ「20代の海外就職論!」を執筆中。

One thought on “マニラ・マカティ出張でおすすめのホテル10選!”

Comments are closed.