Bom dia! おはようございます! お久しぶりです。いつぶりでしょう。親が来ていたり、同期隊員が来ていたり、健康診断があったりと、ちょっとバタバタ忙しい時期が続き、それにかこつけて更新をさぼってしまいました。どうしても楽な方、楽な方に流れてしまいますね。これではいかんと記事自体は書いてあったのですが、投稿しようって時に今度は停電になったり、電波がつながらなくなったり、、、ハイ、イイワケデス

SPONSORED LINK

そんなこんなをしているうちに、モザンビークに来てから1年間が過ぎてしまいまいました。なんとあっという間!

 

そして、ちょうど1年前くらいに、この2年間の目標のようなものを立てたなーと思い、1年間経って途中経過がどうなってるかなーということを考えてみたいと思います。

海外生活でできること~2年後の自分は?~

 

語学力の向上〇

rimg0382

もちろん1年前に比べれば全然話せるようになりました。最初は辞書が無ければほぼ会話が成り立たなかったのですが、最近は辞書を経由することがほぼなくなりました。授業も最初に比べればスムーズにコミュニケーションが取れるようになったなーと感じます。

ただ、かといって、完全に理解しているわけではなく、文脈の中でなんとなく意味を把握してたりすることの方が多いので、正確にコミュニケーション取れていると言えるかというと微妙ですが、、、なんとなくの会話でごまかしてしまっていることも多いですが、そういうことも含めて語学に関しては上達していると思います。ここからさらに上達するためには、ごまかしとかではなくて、しっかり意味を把握して返していく必要があるんだろうな、と思います。

 

また、ポルトガル語もある程度落ち着いてきたと思うので、多少英語の習得にも取り掛かっていけたらと思っています。とはいっても、最初は英語も話せると思っていたモザン人。思ったより適当に話しているらしく、案外ちゃんと英語を話せる人は少ないようなので、ひとまずは自分で勉強していこうと思います。今は、今までに見たことがある洋画を吹き替えなしの英語字幕で見ています。ほとんど理解できませんが、一度見たことあるからなんとなくどんな意味なのかが分かりますね!

 

 

 

モザンビークで友達を100人つくる!?よりも、、、

img_2546

 

これは正直微妙です。というのも、どうしても防犯上の意識が働いてしまい、現地の人とそんなに深くまで関われていないのが現状です。

ただ、1年たって意識が変わったことが、たくさんのモザン人と仲良くなろうとするよりも、たくさんでなくていいから信頼できるモザンビークの人たちと深く関係を築いていけたらと思うようになりました。

ホストマザーの人たちとは今でも仲良くさせてもらっていて、時々遊びに行くとすごく歓迎してくれます。

p9140007

また、モザン人だけでなく、日本人の人たちとのかかわりが最近楽しいです。協力隊の関係の人たちはもちろん、企業の人たちや、専門家、コンサルタントの人たちなど、色々な人たちがいます。わざわざこんなところまで来ている人たちですから、みんなすごく魅力的で面白い人達ばかりなのです。

「海外に来てまで何でわざわざ日本人と付き合う必要があるのだ」と言われてしまいそうですが、海外に来ているからこそ出会えた人たちです。そんなつながりも大切にしていきたいと思っています。

 

 

 

 

番外編で痩せる!って言いましたが、、、、

7e410cf91919c3cab382d6daa4f55454_s

5キロ太りました(笑)

最近モザン人にも「太ったね」って言われます。なぜでしょう。アフリカに来る男性はみんな痩せるって言われているのに、、、だってごはんおいしいんだもの、、、幸せなことです。

 

 

 

 

 

ついに折り返しの1年が過ぎました。 この1年間で色々なことが起こりましたし、できるようになりました。泣いても笑ってもあと1年。頑張っていきたいと思います。ブログの更新も休まず行きたいなー。。。

 

また来週!até a proxima semana!

 

The following two tabs change content below.
Tatsunori Yamamuro

Tatsunori Yamamuro

27年度2次隊の青年海外協力隊としてアフリカのモザンビークにいます。 職種は青少年活動。首都マプトの中学校でパソコンの指導をしています。 前職は小学校の教員。お酒が大好き!!

One thought on “海外生活でできること~1年の途中経過~”

Comments are closed.