ガーナの代表的な交通機関といえば、乗り合いバス・トロトロ 人々の生活の傍にはいつでもトロトロがあります。

注意していただきたいのは、全然トロくはないということですかね。笑

溢れんばかりの荷物を積んでいても、今にも壊れそうなボロボロな車体でも、猛スピードでかっ飛ばします。

SPONSORED LINK
  %e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%88%e3%83%ad   今回はそんなトロトロの魅力、そしてガーナの交通事情についても少し、書いてみようと思います。

大変だけど何故か虜になってしまう、トロトロの魅力

  • ぎゅうぎゅう詰めにされます。数時間そのまま動けないこともあるので、降りる頃には程よく潰れて良いダイエットになること間違いなし!車酔いしやすい人には、精神の修行になることでしょう。隣に体臭のキツい人なんかが来るとさらにキツいです。
  • 両側からビッグなマダムに挟まれると、サンドイッチのハムになった気分を味わえます。
  • 乗るとき・降りるとき、よく頭をぶつけます。そんなこんなで私は何度もトロの入り口に頭をぶつけています。
  • 赤ちゃんを後ろにおぶったままお母さんが車内に入ってくることがよくありますが、その際は誰かしら近くにいる人が赤ちゃんの頭に手をかざして頭をぶつけないようにします。
  • 中の座席の配置がなんとも下手くそなトロが多い。乗り降りしにくい。
  • 「メイツ」と呼ばれる人がドアの開け閉めから、料金徴収、客寄せまで、こなします。
  • 誰がどこから乗ってどこで降りるか、記憶してテキパキ仕事しているのでいつもすごいなと思っています。
  • たまに横を見ると、足を縛られた鳥のつぶらな瞳と目があったりします。動物も乗れます!
  • ウィンドウショッピングできます!ガーナで数か月暮らせば、ちょっと信号で止まった僅かなすきにささっと買い物ができるようになりますよ。これぞ本当のウィンドウショッピング!
  • ステーションで発車を待っている時、信号待ちしている時、頭に商品を乗せた物売りがやってきます。ちょっとつまめるお菓子から、がっつりしたお弁当、歯ブラシ、サンダル、子どものための英語教材、さらにさらに、怪しげな薬、「夫婦生活を円滑にするには」ってタイトルの啓発本、、、びっくりするほどいろいろなものを売りにきます。
  • なかなか発車しません。読書がはかどるかと思いきや、窓の外からは何かと例の売り子さんから「オブロニー!」ってちょっかいをだされるから、わりと疲れます。私は最長で5時間くらい待ちました。
  • 長距離移動のトロに乗る時には、ステーションで人が満席になるまで待ちぼうけです。

日々ドラマが生まれるトロトロ

ご想像いただけるかと思いますが、トロの中はとにかく人との距離が近い。 常に隣の人と肩がぶつかっている状態です。

それに加えてガーナ人はとってもフレンドリー。

ということで、トロの中ではたくさんのストーリーが生まれます。

時には大喧嘩、時には心温まるやり取り、車内全体が大爆笑に包まれることもあります。

ガーナは観光資源に恵まれた国とは言えませんが、お越しの際はトロトロに乗って旅をすることをオススメします。きっと面白いことがたくさん起こると思います。笑

交通事故大国、ガーナ

そんなほのぼのした話から一転して、ガーナではものすごい数の交通事故が起きています。

少し古い統計ですが、ガーナでは2011年一年間で交通事故の死者は13,572人(Motor Traffic and Transport Unit調べ)にのぼります。

対する日本は4,691人(交通局交通企画課調べ)。 ガーナの交通事故がどれだけ多いか分かります。

私の周辺でもつい数か月前、ホストマザーの妹さん(20歳前後の若い方)が交通事故で亡くなったり、職場の人が出張に行ったところ交通事故にあって数人が亡くなってしまったりということがありました。

ドライバーのむちゃくちゃな運転ももちろん一因ではありますが、この交通事故の多さは不整備車両の多さに起因しているような気がしてなりません。

なにせ走っている車の多くは中古車、それに加え1つの車をなが~く使うため、老朽化も著しい。

トロに乗って移動していても、しょっちゅう不調により車が止まります。

すごいのは、みんなドライバーと通行人が自力でなんとかしちゃうってことですね。たくましい。 でも不安は残ります。

img_6047

こんな風に立ち往生することも少なくありません。   最近一番酷かったのは、知人の車に乗せてもらった時にタイヤがバーストしたこと。 すごい音がして、慌てて路肩に駐車しタイヤを見てみると見るも無残な姿になっていました。 何もなかったことが奇跡だ・・・

img_7110

ガーナの隊員の中にも「自動車整備」という職種で、日々このような状況の改善のため活動に励んでいる方もいます。

これから、少しずつでも良くなることを願っています。

とりあえず帰国まで何もありませんように!

それではまた来週―!

The following two tabs change content below.
Akane Kobayashi

Akane Kobayashi

大学を卒業後、2015年9月末から、27年度2次隊として西アフリカのガーナ共和国に赴任。職種は何でも屋さんのコミュニティ開発。専門性がないことを専門にしたい。幸せを感じるのは、会いたい人に会って行きたい場所に行くこと。ビールも日本酒も大好き。