スオスダイ!

まっさんです。

 

カンボジアの言語といえばカンボジア語(クメール語)です。

 

文字はこんな感じです。

SPONSORED LINK

img_4487

 

ふにゃふにゃとした形が特徴です。文字の形としてはタイ語に似ているらしいですが文字は難しい。違いなぞわかりません。

 

そしてしゃべるのも難しいです。日本語で「アー」といえば文字どおり「アー」ですがカンボジアだとこれが一気に6種類くらいまであります。ぼくもまだまだ日常会話程度しかしゃべれません。カンボジア在住日本人のあるあるとしたらちゃんと発音しているつもりでも発音が悪くて理解してもらえないときがある、ですね。

 

しかし、ことシェムリアップは英語が非常に通じやすいです。

観光地ですからね。ローカルレストランでもだいたい通じます!

カンボジア英語はベトナムと同じく語尾を短縮する(たとえばpark(パーク)をパーというなど)人が多いですが比較的通じやすいし聞き取りやすいです。

 

また、日本語だとふたつ有名で「ホンダ」と「アジノモト」です。ホンダはバイクで覚えます。味の素は屋台やレストランでよく使われます。カンボジアのスープは化学調味料の味するものばかりです笑

 

最後にカンボジア語でこれだけは覚えときたい単語を学習しましょう!

 

こんにちは

スオスダイ

 

ごはん食べた?(こんにちは代わりに使うほどよく使われます)

ニャムバイハウイ?

 

はじめまして

チョムリアップスオ

 

ありがとう

オークン(オックンで通じるときもある)

 

1、2、3

モイ、ピー、バイ

 

1000

 

ポアン

 

なぜ1000も覚える必要があるかというとカンボジアの通貨(リエル)が4000リエルで1ドルという計算だからです。

以上、まっさんからでした!

The following two tabs change content below.
Hideaki Matsumoto
海外旅しながらフリーライターや雑貨の仕入れ、旅の相談案内などやってます。カンボジア、タイ、日本の3箇所が拠点。今の現在地はカンボジア、シェムリアップです。ベトナム現地旅行会社勤務→カンボジアへ異動→クビになる→フリー、ブロガー。旅行、東南アジアの質問、仕事依頼お気軽に!