フィリピンでは多くの地域で英語が通じますが、それでもネイティブの英語からはかなりかけ離れています。公用語はタガログ語(フィリピノ語)と呼ばれる現地の言葉。どんな特徴のある言語なのでしょうか?

SPONSORED LINK

 

dsc05900

タガログ語とはフィリピンの言葉です。東南アジアの中でもフィリピンは英語がよく通じる国として知られていますが、それでも現地の言葉が日常的に利用されているのは間違いありません。フィリピンの国の長い歴史の中で、様々な言語が混ざり合って完成したのがタガログ語です。

実はタガログ語はフィリピンだけで使われている言語ではありません。狭い地域ではあるもののマレーシア、インドネシア、香港、シンガポールなどでも利用されています。そもそもフィリピン人はマレー半島からの移民であり、タガログ語とマレー半島で使われている言葉には共通点があります。

また、フィリピンは島国であり、大航海時代に各国から大きな影響を受けてきた国でもあります。特に大きな影響を受けているのはスペインで、数百年にわたって占領されたことから、タガログ語には約2,000単語ものスペイン語が混ざっていると言われています。確かに数え数字(日本の1つ、2つ)や、時間(日本の1時、2時)はスペイン語とマッタク同じものが利用されています。このためスペイン語を話せる方は初めて現地を訪れても、フィリピン人の会話の一部始終を理解することができるそうです。

フィリピンの英語はオンライン英会話などで非常に有名になっていますが、現地に住んでいる筆者の正直な感想としては、全体のレベルがネイティブに近いとは言うことはできないと思います。タガログ語がわかってくると、フィリピン人の英語はタガログ語の文法やイントネーションを基礎として利用されており、ネイティブのそれとは大きく異なる部分があります。ですのでオンライン英会話で非常によい先生に当たれば良いのですが、全く英語が喋れない日本人が、少し英語を喋ることができるフィリピン人の先生に教わると、せっかくの英語の勉強が遠回りになることも少なくありません。

フィリピンの人たちはとても明るく、日本人から見るといつでもポジティブに生活しているように映ります。その原因の1つもまたタガログ語であり、日本語に比べるとイントネーションの幅が非常に広いため感情を豊かに表現することができる言語でもあります。

もしフィリピンに訪れることがあれば、片言でも全く問題ありませんのでぜひタガログ語に挑戦してみてはいかがでしょうか。以下、基礎表現についてWikipedia掲載のものをご紹介したいと思います。これらは現地で生活していても非常によく使われる言葉たちですので、渡航前にいくつか覚えてくるのも面白いかもしれませんね!!

タガログ語:Wikipedia

  • Magandang umaga. – おはよう。
    • Magandang umagapo. – おはようございます。
  • Magandang tanghali. – こんにちは。(正午頃)
    • Magandang tanghali po. – 上に同じ
  • Magandang hapon. – こんにちは。(午後)
    • Magandang hapon po. – 上に同じ
  • Magandang gabi. – こんばんは。
    • Magandang gabipo. – 上に同じ
  • Kumusta ka? – お元気ですか?
  • Paalam. – さようなら。
  • Salamat. – ありがとう。
    • Maraming salamat po. – どうもありがとうございます(した)。
  • Walang anuman. – どういたしまして。
    • Wala anuman po. – 上に同じ
  • Pasensya ka na. – ごめんなさい。
    • Pasensya na po kayo. – どうもすみません。
  • Sino po sila? – どちら様ですか?(silaは二人称単数の最敬語表現。電話の応答等で使う)
  • Tao po. – ごめんください。
  • Nandito na ako. – ただいま。
  • Ako si Taro. – 私は太郎です。
  • Ano ang pangalan mo? – あなたの名前はなんですか?
  • Ang pangalan ko ay Taro. – 太郎が私の名前です。
  • Taga-saan ka? – どこ出身ですか?
  • Taga-Manila ako. – マニラ出身です。

数詞:( )内はスペイン語からの借用語で、時刻を言うときなどに用いる。

  • isa (uno/una) – 1(1時は『ala una』)
  • dalawa (dos) – 2(2時は『alas dos』)
  • tatlo (tres) – 3(3時は『alas tres』)
  • apat (kuwatro) – 4(4時は『alas kuwatro』)
  • lima (singko) – 5(5時は『alas singko』)
  • anim (seis) – 6(6時は『alas seis』)
  • pito (siyete) – 7(7時は『alas siyete』)
  • walo (otso) – 8(8時は『alas otso』)
  • siyam (nuwebe) – 9(9時は『alas nuwebe』)
  • sampu (diyes) – 10(10時は『alas diyes』)
  • labing-isa (onse) – 11(11時は『alas onse』)
  • labindalawa (dose) – 12(12時は『alas dose』)

時刻表現の例。

  • 「朝5時」は「alas singko ng umaga」
  • 「朝8時半」は「alas otso y medya ng umaga」(『y medya』は半分)
  • 「正午」は「alas dose ng tanghali」または「alas dose en punto」
  • 「昼の3時」は「alas tres ng hapon」
  • 「夜6時45分」は「alas seis kuwarenta y singko ng gabi」(『kuwarenta y singko』は45)
  • 「深夜12時」は「alas dose ng hatinggabi」
  • 「深夜3時」は「alas tres ng madaling-araw」(『madaling-araw』は早朝を意味する)

(倉田拓人/Taku)

The following two tabs change content below.
Takuto Kurata

Takuto Kurata

Manila Branch Manager at PTN Travel Corp,
W.W.J PROJECTを考えた人。2010年、フィリピン・セブで国際協力活動を行う「NGO FEST」を設立。現在は日本3支部体制に広がる。2012年には国際協力のプラットフォーム「UYIC」を設立。2013年8月よりフィリピンの旅行会社に転職しセブ島へ移住、その後マニラ支店設立・同士店長、現在は社会貢献事業を民間で行うためイスタンブールに移住。個人でブログ「20代の海外就職論!」を執筆中。