インドネシアに来るときにはインドネシア人向けにお土産を買ってくる方も多いかと思います。
しかしその中にはインドネシア人には合わなかったり、期待外れになってしまうことも・・・。
今回はインドネシア人にウケの良いお土産、ウケにくいお土産をご紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

ウケないお土産

 

・あんこ類

甘いものが大好きなインドネシア人。以前インドネシアのイチオシスイーツをご紹介しましたが、あんこはなぜか不評。初めてインドネシアに来た際に、あんこのお菓子をもっていって配ったのですがみんな『う~ん・・・まあまあ、だね』と気を使われてしまいました。笑
あんこは不評なことが多いので、これ一つに賭けてしまうのは危ないかと思います。いくつかあるお土産の中の一つだったらアリかもしれません。
インドネシアのイチオシスイーツはこちらでご紹介

 

・キットカット抹茶味

一時期、海外にもっていくならキットカットの抹茶味!ともてはやされていたのですが、
あまりの人気のためか、すでにインドネシアの庶民のスーパーで買うことができるようになってしまいました。そのためプレミア感がないのでボツ入りです。

インドネシア  しかしその他にも日本でしか作っていない味がたくさんあるようなので、そういった季節限定の物やご当地限定のキットカットはまだまだ人気があるようです。
特におすすめはキットカットショコラトリー。キットカット専門店が色んな所にあります。ちなみに僕が見たのは大丸東京店。さらにネットショップもあるようなので、これで渡航直前に買い占めておくのも賢いでしょう。

 

・東京バナナ

インドネシアでも結構人気の東京バナナ。日本好きな人からしたら食べ飽きた人もいるくらい。
しかし今回はそこは問題ではないんです。じつはこの東京バナナ、正確に言うとムスリムは食べてはいけないものになっているんです。
それは原材料を見ると『洋酒』が入っているため。製造過程でアルコールが入っていただけでもイスラム教ではダメなものなんです。
まあイスラム教もインドネシアは緩い方なので、お酒飲む人も多いですし、『入ってるって知らないで食べてしまったから仕方ない』とイスラム教の教義を拡大解釈をする人も結構いますので、なんだかんだ言いながら食べる人が多いです。笑
もし渡すのであれば、お酒入ってる?豚入ってる?と聞かれても『ごめんね、私は詳しくわからないです』とにこやかに言ってしまうのも彼らのためもしれません。笑

 

・100均系のもの

インドネシアに住んでいる日本人にはすでに常識となっていますが、実はインドネシアにはダイソーが進出しているんです。金額が違うので、あえて例えるなら25000ルピア均(約200円)ですかね。

もともと安かろう悪かろうだった低価格帯に日本の質の高いものを提示できるということで、モールの中に入っているダイソーは常にインドネシア人でごった返しています。そのため、日本の100均便利グッズなどは意外と目にすることも多いといえます。
しかし、セリアなどダイソーとは違ったラインナップだとそれはそれで受けがいいのでダイソー以外で探すのはアリかもしれませんね。

 

・蚊取り線香

インドネシアといえば蚊や虫が非常に多いことで有名です。何せ赤道近くの蒸し暑い国ですから・・・
「虫が多いなら蚊取り線香をもっていってあげよう!」そうおもったあなた、残念です。インドネシアには蚊取り線香がすでに大量にコンビニで売られています。
殺虫スプレーもこちらでは非常に人気で、一番人気はバイゴンというもの。
また、日本のフマキラーもこちら用に開発をしているため、あまり目新しさがないのです。

しかし、お皿等にただ立てておくだけなので、風流とはかけ離れているため、蚊取り線香置きなどはウケがいいでしょう。
ただし、豚の蚊取り線香置きは無難とは言えません。ここはイスラム教多数の国。豚を毛嫌いする人も多いですから・・・。

 

 

ウケるお土産

今までインドネシアではコレはウケない、あれはもうダメ、と切り捨ててきました。じゃあインドネシアに何持っていったらいいんだよ!というあなた、ご安心ください。
この下はインドネシア人にウケの良いお土産を並べておきました。そしてお土産の条件として、そんなに値が張らない、小さいもの、でセレクトしてあります。これなら数を配りやすいですからね!
というわけで、インドネシア人にウケるお土産、スタートです!

 

・せんべい系おかし

なんだかんだ言ってこれが一番ウケると思います。
インドネシアにはKrpuk(クルプック)と呼ばれる塩味系のパリパリのお菓子があり、感覚としてはこれに近いので受け入れやすいのかと思います。
なので「日本のKrpukだよ!」と行ってあげればかなり喜んでくれると思います。さらに言えば小分けのものだと良いですね。

ちなみに、以前柿ピーをあげた際に、「辛いからね!」と念を押した結果、「え?全然辛くないけど?辛さどこにあるの?」とまで言われてしまいました。でも完食してたから美味しかったことに間違いはなさそうです。笑

 

・風鈴

日本の風鈴はインドネシアにはない独特な涼の楽しみ方。
「日本の伝統で、夏の暑い時期にこれを窓に吊るすんだ。風が吹くとこの風鈴がなって風が通ることを教えてくれるんだよ。その音で日本は涼しさを感じていたんだよ。」と教えてあげましょう。
そしてなによりいいのが、風鈴は夏の時期になると100均にも売られていること。
ここで買いだめしておけばかなり安くみんなに配れますよ。

 

・消せるボールペン

20120621001019

インドネシアで筆記用具は基本的に書きずらい、質が低いのオンパレード。100円くらいで買ったボールペンはその日のうちにインクが出なくなるなんて当たり前です。
そこでお勧めしたいのが、この消せるボールペン。
描きやすさはもちろん良いですし、消せることにかなりの衝撃を覚えるようです。最後に「大事な書類はこれでサインしちゃダメだよ。笑」とつけてあげれば初対面の掴みはオッケーでしょう。笑

※うちのスタッフから「インドネシアでも売ってるよ。高いけど」との報告がありました。(2017年4月16日追記)

 

・かんざし

1-d0db80093ed88d6d4530b087da46dd70_m

インドネシアの女性は黒くて長いストレートの髪が綺麗の象徴になっているみたいです。
そこで、かんざしを買っていくのも一つのお土産としてはアリかと。僕はあまり詳しくありませんが、特に桜やキラキラしたものが付いているものが喜ばれそうです。
当然インドネシア人はかんざしの使い方を知らないので、絵や写真で使い方の解説があれば、それをインターネットから印刷してつけてあげるのがスマートでしょう。

 

・即席ラーメン

ラーメンといえばインドネシアでも人気の日本食の一つです。麺料理はインドネシア人もあり、これを嫌がる人はあまりいないのがいいところ。ただし、豚が使われていることが結構あるので、その表示に気をつけてあげてくださいね。

 

・粉末ダシ

インドネシアではダシの素がものすごく高価なものとして販売されています。しかも瓶で売られていたりします。しかし日本で買えば非常に安あがりですね。
『日本料理を作るときに入れると美味しさが増すんだよ』と言葉を添えてあげれば、みんな喜んでくれますよ。小分けパックだと尚良しですね。

 

インドネシア人にウケるお土産の一部をご紹介しました。他にもまだまだいっぱいあるのでご自分でも探してみてください。
お土産はただ美味しい、カッコいいだけではなく、その背景や何のためにといったトリビアを添えてあげるのが鉄板ですね。

 

 

番外編 日本人向けウケるお土産

インドネシアに来ると、日本人は日本人同士で固まることが多いです。そこで、インドネシア在住日本人に渡してあげると喜ばれるお土産もあげておきましょう。
半分は僕の願望でもありますがご容赦を・・・笑

 

・お酒類

インドネシアではお酒が驚くほど高価で売られています。例えば日本では1000円くらいで売られているワインのにインドネシアでは60万ルピア(約5000円)くらいです。インドネシアで買うの馬鹿らしい!ということで、お酒のお土産がとっっっっても喜ばれます。
特にその中でも焼酎、日本酒はインドネシアで買うと非常に高価なので、そんなに高くない日本酒をもっていってあげるのが一番喜ばれるのではないかと・・・もちろん、好みによりますけど!

ちなみに飛行機に乗る際に一人当たり1リットルまでなら関税がかからないので、それに合わせて持っていくといいかもしれません。(2016年12月7日現在の関税です。)

 

・ご当地名物系

1-pic_2

こちらはインドネシアではなかなか食べることができないものですね。ご自身の出身のお菓子や食べ物などをチョイスするとGoodです。
レトルトや日持ちがするものだとなお嬉しいですね。
横浜出身の僕なら上の写真のヨックモックのシガールあたりが万人受けしておススメでしょうか。

 

・化粧品

これは女性同士限定になるかもしれませんが、化粧品は一つのお土産になります。
特に日本の化粧品は品質が高いというのはこちらでも有名な話で、インドネシアに住む日本人は化粧品の質が悪いと嘆いていると聞いたことがあります。
もちろんその人の好みを聞いてからになりますが、かなり喜ばれるはずです。

 

 

いかがでしたでしょうか。
渡す相手が決まっていないなら万人受けして分けやすく、お手頃なもの。
渡す相手が決まっているならまずはその人に聞いてしまうのが一番かもしれません。
また、これを渡したら非常に喜ばれた!といった情報がありましたらご一報いただけると嬉しいです。

インドネシアでの転職相談なら
就職以外の文化にも詳しいIJTerminalにお任せください!

Sampai jumpa! サンパイジュンパ!(ではまた!)

 

Takuya Kato

PT.IJ Terminal (株式会社アイジェイターミナル)
ウェブサイト : http://www.ijterminal.com
Eメール : katou@ijterminal.com
電話: (+62)21-87784207 / 29840422
※ご質問の際には『W.W.Jを見ました』とご明記ください。

 

 

 【この記事の関連】

インドネシアの住宅事情 ~2015版~

私が移住した国「インドネシア」はどんな国? 前編

世界一に選ばれたインドネシア料理とインターネットの関係

【インドネシアに来たことないあなたに】インドネシアに住むべき7つの理由

バリだけじゃない知られざるインドネシアの観光スポットをご紹介

 

The following two tabs change content below.
Takuya
1988年横浜生まれ。現在インドネシア、ジャカルタ在住。 『日本の技術力で新興国の雇用とスキルを底上げしたい』という思いから、インドネシアでの起業を目標に渡航し、IJ Terminalを設立。 Facebookの申請はいつでもどうぞ! https://www.facebook.com/takuya.kato.1988