マニラのクリスマスの過ごし方には、都市なりに様々なものがあります。ホテルのライトアップを見て回るもの、クリスマスのスペシャルディナーを楽しむのもあり!でも今年はもっと大きなイベントが。巨大日系ホテル「オカダマニラ」のカジノ部分がオープンします!

SPONSORED LINK

img_7598

 

今回クリスマスを前にカジノ部分がオープンしたのはマニラのパサイ・マカパガルエリア誕生した「オカダマニラ」です。名前の通り日系のカジノホテルであり、今年のクリスマスシーズンを前にホテルを建設中のままカジノが一般公開されました。

 

img_7584

 

オカダマニラは日系企業が立ち上げた大規模な施設であり、今回建設が完了するとマニラ最大のホテルになる予定です。部屋数は約1,200とのことで、国際的な規模のイベントも十分開催可能とのこと。マニラの観光の底上げが期待されています。

 

img_7595

筆者は12月21日に開催されたカジノ施設の一部内覧に参加してきました。まだカジノ自体のプレーもできず、一部天井は工事中でしたが、それでも数え切れないほどのフィリピンの方々が現地を訪れて新しい施設の誕生を楽しんでいました。

クリスマス間近のオープンとなったため、内装の一部はクリスマス仕様になっており、マニラでなかなか感じることのできない「外国らしいクリスマスの雰囲気」をスポットだけではあるものの感じることができました。今後オカダマニラはミス・ユニバースの受け入れなど大規模なイベントを続々と控えているそうなので、今回のクリスマスだけではなく来年以降もマニラの注目スポットになりそうです!

(倉田拓人/Taku)

The following two tabs change content below.
Takuto Kurata

Takuto Kurata

Manila Branch Manager at PTN Travel Corp,
W.W.J PROJECTを考えた人。2010年、フィリピン・セブで国際協力活動を行う「NGO FEST」を設立。現在は日本3支部体制に広がる。2012年には国際協力のプラットフォーム「UYIC」を設立。2013年8月よりフィリピンの旅行会社に転職しセブ島へ移住、その後マニラ支店設立・同士店長、現在は社会貢献事業を民間で行うためイスタンブールに移住。個人でブログ「20代の海外就職論!」を執筆中。