突然だが、ガーナに来てから嫌いになった言葉がある。

それが「モチベーション」である。

 

モチベーションとは、人が行動を起こすときの原因、すなわち動機を意味する。(コトバンクより)

ということであるが、ガーナにおいてこの定義はさらに限定される。

結論から言うと、ガーナにおいてモチベーションとはお金、もしくはジュースやお菓子、石鹸のことなのである。

SPONSORED LINK

一時期、ご近所さんで発足した組合の活動として、ゴミ拾いを提案したことがある。

月に一回、朝早くに集まってゴミを拾おうという、単純かつ明快な活動であった。

その中で集めたプラスチックを回収して、リサイクル会社に販売、お金になった分は組織に還元するという話もした。

資金繰りに困っていた組織なので、必ずやそれがモチベーションになると私は信じていた。

しかし、案の定人が集まらない。

困った私は、組合のリーダーと重役を集め会議を開いた。

リーダーは重々しく口を開く。

「それはみんなにモチベーションを用意できていないからだ」

ほうほう、大変興味深い意見だ。これはなかなか良いミーティングになるに違いない。

んでどうすればいいと思うの?

「簡単だよ。君が職場から予算もらって、そのお金で参加者にジュースを配ればいいんだ」

まじか、、、

私は絶望しながら

「ただでさえ、うちの職場お金ないのにそんな簡単に予算取れないよ」

と最後の足掻きをすると

「じゃあ君が個人的に出費すればいいじゃないか」

もうそこから、私が彼らと議論をする“モチベーション”が綺麗さっぱりなくなってしまった。

 

また別の場面。プロジェクトの一環で郡内の学校をまわった日があった。

私の職場、郡役所のドライバーにあちこち行ってもらい、同僚と共に生徒へ環境教育を行った。

帰ってきてから、同僚が言う。

「あのドライバーにモチベーションとしてお金をあげなきゃ」

私は「なんでー?彼は郡役所から給料もらっているんでしょ?いらないよー!」と言ったが

「でもそれがガーナの文化なんだ」

なんじゃそりゃー!どうりで、仕事を頼んでもなかなかドライバーが動いてくれないと思った訳だ。

 

このモチベーション問題、なかなか根深い。

例えば何かワークショップやイベントを開催する際は、必ず用意しなくてはならない。

そうじゃないと「誰もこない」らしい。

会議ではプログラムの13番目にこの「モチベーション」が配られるため、「アイテムサーティーン(13)」とも呼ばれる。

「リフレッシュメント」という言い方もする。

水とジュースとビスケット、1人につき5セディ(150円)といっても、数百人招待するイベントだとバカにならない出費である。

ただでさえお金がなくて苦心して集めたのに、そこにお金をとられるのはなかなか癪だが仕方ない。

公務員は給料とは別に、ワークショップや会議に参加することで手当てがもらえる。

これも「モチベーション」の一種だ。

 

この悪しき習慣を始めたのは、国際NGOだという話を聞いたことがある。

ミーティングに来てもらうために、もので釣る作戦を始めたのだという。

真偽は分からないが、一度ものをモチベーションにしてしまうと悪い連鎖になるばかりだと心底思う。

IMG_5280

昨年10月に開催したプロジェクトキックスタートイベント

IMG_5289

そこでもやっぱり、”モチベーション”を準備

 

JICAが監修した「現場の声からひもとく国際協力の心理学」というマニュアルがある。

この中で、モチベーションをあげるためには「自律性欲求」「コンピテンス欲求」「関係性欲求」という基本的3欲求を支えることが大切であるということが書かれている。

 

自律性欲求は「やらされていると感じたくない」欲求、コンピテンス欲求は「何かをやり遂げたなどの手ごたえを感じたい」欲求、関係性欲求は「他者との良好なつながりを望む」欲求である。

詳しくは以下のURLから。国際協力に限らず、あらゆる場面で役に立つと思うので参考まで。

(URL: 現場の声からひもとく国際協力の心理学 )

ガーナの人々と付き合っていて、一番強く感じるのは関係性欲求であるが)、それをどう刺激すればいいのか悩んでいるところである。

何かいい案があったら是非教えていただきたい。

 

 

 

といろいろとマイナス面を書いてしまったが、これはほんの一面にすぎない。

今私は郡役所でプラスチック回収事業の立ち上げに取り組んでいる。

環境を綺麗にする+雇用を生み出すことという、2つの目標を達成するための仕組み作りをしている。

今年に入ってから6人に働いてもらっているのだが、払えるお金が少ないにも関わらず、お願いしていない日も自主的に仕事をしてくれたりする。

私たちの活動が意図するところをくみ取り、それを誇りに思って働いてくれていることが伝わってくる。

きちんと彼らの労働に見合う対価を支払えるようにならなくては、と日々奔走している。

dav

 

恐らくどこにいても人を動かすのは難しいことであり、このモチベーション問題にぶち当たるのであると思うが、残りの任期も試行錯誤してみようと思う。

The following two tabs change content below.
Akane Kobayashi

Akane Kobayashi

大学を卒業後、2015年9月末から、27年度2次隊として西アフリカのガーナ共和国に赴任。職種は何でも屋さんのコミュニティ開発。専門性がないことを専門にしたい。幸せを感じるのは、会いたい人に会って行きたい場所に行くこと。ビールも日本酒も大好き。