インドネシアでは駐在員の人が家族を連れてきてこっちで生活することもく、そんな人たちは専属の運転手を雇う人たちも多いんです。
でも運転手によっては遅刻欠勤が多かったり、「お金貸して」とせがんでくる人たちも多いらしく、良い運転手を見つけるのも一苦労。

今回はそんな良い運転手を見つける方法をご紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

運転手の雇い主募集

先日、僕が夕飯の材料や夜のお弁当半額セールでいつもお世話になってる邦人向けスーパーのパパイヤにて買い物をしているとみんなの掲示板がにこんな張り紙が。

インドネシア

 

そう、既に日本人の元で働いたことのある運転手さんの転職先を探してあげてるんですね。

日本人が現地の良い運転手を探すのは苦労するもの。今の雇い主の方もそれをよくわかってるんでしょう。帰任のタイミングでいろいろとアピールをしながら次の雇い主に引き継ぐことが多いようです。

素行の良い運転手さんであればこうして日本人からのお墨付きの推薦状がもらえるわけですね。

別件ですが、左下にあるのは免許証なんです(Aは自動車普通免許の意味)。こんな個人情報を堂々と載せている辺り、まだまだインドネシアは個人情報の概念が緩いなと。笑
あ、決してこれを書いた方を批判しているのではないですからね!インドネシアではこれが一般的なんです。なんならニュースとかでもKTP(個人の住基カードのようなもの)をモザイク等なしで大々的にさらしてますから。笑

 

いい運転手探しは大変

さて、話が大きく逸れましたが、もし長期の赴任になったら、こういう形で日本人からの信頼の高い運転手を選ぶといいと思います。
最初にも書いた通り、運転手の中には素行が悪くてしょっちゅう金を借りにきたり、寝坊や遅刻は当たり前、道は知らないし事故を起こすという人もいるそうですから…。

ちなみにこの張り紙チェックでお手伝いさんを雇ったり、アパートメントを選んだりすることも可能です。最近は『子猫譲ります』とかもありましたよ。恐るべし日本人のローカルな張り紙効果。
パパイヤには張り紙コーナーがどの店舗にもあるので、ついつい毎回チェックしてしまいます。
ちなみにインドネシアの日本人コミュニティはアジア圏で見ても結構密な方だそうで、そういう意味では同じ東南アジアでもインドネシアに来た方はラッキーですね!笑

ちなみに運転手を雇うもう一つの方法として、カーリースの会社から派遣してもらうこともできます。知り合いの方がその方法で会社用、休日用を雇っているとのこと。

まあどっちにしても単身の人ならインドネシア語ちょこ~~っとだけ勉強してUberやGrab Car、Gojekの車版を使えば正直オフの日までは必要ないんじゃないかと思ってます。

(Grab CarやGojekってなに?という方はコチラ→過去の記事

そうはいっても駐在の方の奥さんとかはそうもいかない人も多いですからね。あとお子さんの学校の行き帰りとかは知らない運転手だと怖いでしょうし。
そういう意味ではこうした信頼のある運転手を雇っておく需要もまだまだあるんじゃないかと思います。

皆さんもインドネシアに長期赴任になった際にはご一考あれ!

 

インドネシアでの転職なら
就職以外の文化にも詳しいIJTerminalにお任せください!

Sampai jumpa! サンパイジュンパ!(ではまた!)
Takuya Kato

 

PT.IJ Terminal (株式会社アイジェイターミナル)
ウェブサイト : http://www.ijterminal.com
Eメール : katou@ijterminal.com
電話: (+62)21-7591-6120
※ご質問の際には『W.W.Jを見た』とご明記ください。

 

【関連記事】

【インドネシア】魔術を信じる人はまだまだ多い

【インドネシア】レバラン休暇とその諸注意

バリだけじゃない知られざるインドネシアの観光スポットをご紹介

インドネシアで日本食が恋しくなった時の対処法

インドネシアが誇る世界一の日本文化祭り ”ENNICHISAI” が予想以上にすごかった!

多様性の中のインドネシアX’mas ~イスラム教はどう過ごす?~

【まとめ記事】実際に行ってみた!世界のクリスマス大特集!

インドネシアに行くなら必読! “親日の始まり” と “8月17日” との関係 

クリスマスは夏祭り? ~インドネシアでの日本人生活~

 

The following two tabs change content below.
Takuya
1988年横浜生まれ。現在インドネシア、ジャカルタ在住。 『日本の技術力で新興国の雇用とスキルを底上げしたい』という思いから、インドネシアでの起業を目標に渡航し、IJ Terminalを設立。 Facebookの申請はいつでもどうぞ! https://www.facebook.com/takuya.kato.1988