cathedral-352534

エストニアのe-Residencyでヨーロッパ企業をリモート管理

    今回はオランダを離れ、北欧のエストニアについての記事をお届けします。 Skype誕生の地として知られるエストニア。実はSkypeのような先進的企業が誕生する背景には、生活のデジタル化にいち早く対応した政府の動きがありました。 1991年にソ連からの独立を果たしたエストニアは、自国が人口140万人弱の小国であることを自覚し、デジタルインフラの整備を進めていきました。 そして、2014年末にはじまったe-Residencyサービスは、世界初の試みで、エストニア国民以外にもエストニアの公共・民間サービスを提供するというもの。2015年には、そのサービス内容が拡充され、今ではオンライン税申告や、公的書類のデジタル署名、そしてエストニア籍の会社設立がオンライン上で完結できるようになりました。